ホーム > 社会貢献・地域連携 > 社会人学び直しプログラム

社会人学び直しプログラム

産業技術学部では、スキルアップ、キャリアアップを目指す「聴覚に障害のある社会人」の方を対象に教育の機会を提供し、自ら道を切り開く支援を行うことを主旨とする「社会人学び直しプログラム」を毎年開講しています。教員自らおこなう手話やプロジェクタ、直接指導等による視覚的実践的情報保障のある環境で、企業や社会において必要な知識や技術を学ぶ機会を提供いたします。

プログラム内容、実施期間等をみなさまのニーズに合わせてより柔軟に対応しておりますので、是非この機会を有効に活用して下さい。オンライン会議システム(Zoom等)を利用した、オンライン社会人学び直しプログラムも開講いたします。お問い合わせいただければ、みなさまのニーズに合わせた新しいプログラムも相談・検討しますので、ご興味のある方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。情報保障のある環境で学び直してみませんか。

※新型コロナ感染症拡大等の不測の事態により、内容に変更が生じる場合があります。その場合は、本学HPや教員よりお知らせいたしますので、ご確認をお願い申し上げます。

各プログラムについて

お問い合わせいただければ、みなさまのニーズに合わせた新しいプログラムも相談・検討します。下記は、今後実施予定のプログラムおよびこれまでのプログラム例の紹介です。標準のプログラムは3日間ですが、ニーズに合わせた短期プログラム(1日、2日など)も可能です。

基本的には、本学部の専門教育科目に準じた内容およびその応用分野となります。

【ゼロから始めるWebサーバ構築】<情報工学系>

【FPGA プログラミング技術を学ぶ】<電子工学系>

【電子回路の設計技術を学ぶ】<電子工学系>

【4力学(材料/熱/流体/振動)を基礎から学ぶ】<機械工学系>

【2D/3D CAD・RP 技術を学ぶ】<機械工学系>

【建築設計の基本および実践を学ぶ】<建築工学系・環境デザイン系>

【建築設計におけるBIMの活用方法の最新動向】<建築工学系・環境デザイン系>

【仕事に活かせるグラフィックデザイン学を学ぶ】<デザイン系>

【美術・工芸教員のための造形講座】<デザイン系>

社会人学び直しプログラムの対象者

以下の条件を満たしている方を対象としています。有職・無職は問いません。

1、両耳の聴力レベルがおおむね60 デシベル以上※又は補聴器等の使用によっても通常の話声を解することが不可能若しくは著しく困難である。※裸耳(補聴器を外した状態又は人工内耳のスイッチをオフにした状態)での聴力レベル
2、短期大学・高等専門学校卒業以上である。

その他

実施日程日及びプログラム内容については、調整の結果ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。
受講料は無料です。プログラムの修了者には「修了証」を交付します。
図書館は、閲覧のみで貸出は出来ません。(新型コロナ感染症拡大等の不測の事態により、休館となっている場合があります。)
宿泊施設の斡旋は行いませんので、適宜確保してください。
いただいた個人情報は、次の範囲内で利用するとともに適正な管理に努めます。(問い合わせから決定までの一連の業務・その他、本学の教育・研究等に必要な業務、及び統計・分析のための資料作成等の業務)