ホーム > 社会貢献・地域連携 > 社会人学び直しプログラム > 建築設計におけるBIMの活用方法の最新動向

建築設計におけるBIMの活用方法の最新動向

多くの建設業では、2次元で建築設計が行われてきましたが、近年、生産性向上の手段の一つとしてBIMの導入を図る建設業が増加しています。BIMは単なる3次元モデリング作成ソフトではなく、面積の自動集計・工程・コストなど様々な情報をもたせることができ、様々なシミュレーションに活用できます。これにより、設計図面の不整合性が減少し、建築の生産性が飛躍的に向上すると期待されていますが、この一方、BIMを使いこなせる人材が不足しており、BIM関係のゼミナーで操作方法を学ぶ技術者が多いのが現状です。そこでBIMの実習を通した「建築設計におけるBIMの活用方法の最新動向」を開講します。