ホーム > 筑波技術大学基金 > 税制上の優遇措置

税制上の優遇措置

 筑波技術大学基金へのご寄附については、以下のとおり税法上の優遇措置があります。ご入金を確認させていただいた後、本学から寄附金領収書をお送りしますので、所轄税務署へ確定申告するまでの間大切に保管してください。住民税の寄附金控除のみを受ける場合は、市区町村に申告することになります。なお、詳細及び申告の手続き等については、所轄の税務署(所得税)又はお住まいの市区町村(住民税)へお問い合わせください。 

1. 個人からのご寄附

  〔所得控除〕

総所得金額等の40%を限度とする寄附金額について、2千円を除いた額が所得額から控除されます。(所得税法第78条第2項第2号により「寄附金控除」の対象となります。)

  〔個人住民税の軽減〕

お住まいの都道府県・市区町村が、条例で本学を寄附金税額控除の対象として指定している場合、総所得金額等の30%を上限とする寄附金額について、下記のとおり翌年の個人住民税額から控除されます。

   ・都道府県が指定した寄附金 [寄附金額-2千円]×4%に相当する額

   ・市区町村が指定した寄附金 [寄附金額-2千円]×6%に相当する額

    ※都道府県・市区町村の双方が指定している場合は10%となります。

2. 法人からのご寄附

寄附金の全額が損金算入できます。

法人税法37条第3項第2号により損金算入となります。