ホーム > 大学案内 > 本学の取組 > ファカルティ・デベロップメント

ファカルティ・デベロップメント

 本学では,短期大学時代から各部局においてFD活動を行ってきましたが,FDの義務化に向け平成19年度から副学長を室長とするFD・SD企画室を設け,平成20年度から全学的なFD講演会を毎年おおむね年3回実施しています。

 各部局におけるFD活動としては,学生による授業評価アンケートや教員相互の授業参観等を実施していて,その結果を教員にフィードバックする等授業改善に役立ています。

 また,FD・SD企画室が中心となり作成した「筑波技術大学 授業改善ハンドブック(平成26年10月)」を全教職員に配布し,開学以来蓄積してきた障害者のための新しい教育方法の開発等の本学独自の知見を継承・革新・共有することを念頭に,新採用教員に対する研修等を実施し,教員の教育能力のいっそうの向上を日常的に図っています。

 さらに,学外との連携として,東日本地域の大学等が連携するFDネットワーク“つばさ”に加盟し,FD協議会等に室員を出席させるとともに,他大学のFD研修会等に積極的に参加させ,本学のFDのあり方を常に点検しています。