ホーム > 大学案内 > 情報公開 > 教育情報 > 修学支援体制

修学支援体制

クラス担当教員等

筑波技術大学では、個別学生の学習支援のニーズの把握は、学部にあっては、クラス担当教員及びAA教員により担当した教員が行いきめ細かな指導や対応をしています。

さらに、障害者高等教育研究支援センターを中心に、個々の学生の障害の状況や能力を把握するための調査を行い、クラス担当教員等に連絡することにより、障害の状況を的確に把握し指導に活かせるよう努めています。

大学院においては、マンツーマン体制で研究指導等を行っている。そのため、学生個々の状況や能力を十分に把握することができます。

オフィスアワー

すべての教員は、オフィスアワーを定め、学生と話し合う時間を設け、授業内容に関する質問や生活全般にわたる相談及び指導などの幅広い対応を行っています。特に、学習面や心理面の問題を抱えている学生とは細かく面談を行い解決に努めています。