ホーム > 大学案内 > 情報公開 > 教育情報 > アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

産業技術学部

産業技術学部のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

産業技術学部は工学系とデザイン系の専門分野を持つ学部であり、次のような人を求めています。

  • 大学での学修に必要な基礎学力を有していると共に新しい分野に挑戦する意欲を持っている人
  • 工学的な事柄に興味を持ち、積極的に学修に取組む意欲を持っている人、またはデザインに関して基礎的な表現力や発想力、感性、創造性を備えた人
  • 技術者またはデザイナーになりたいという目的意識を持っている人
  • 将来に対する目標を持ち、社会に参画貢献しようとする意志を持っている人

産業情報学科情報科学専攻のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

情報科学専攻はソフトウェア技術やハードウェア技術などコンピュータに関連した分野を学ぶ教育課程であり、次のような人を求めています。

  • 大学での学習に必要な基礎学力を有していると共に新しい知識・技術に挑戦する意欲を持っている人
  • コンピュータに関連した知識・技術に興味を持ち,積極的に学習に取組む意欲を持っている人
  • 情報処理技術を通して、住み良いユニバーサル社会の実現に意欲を持っている人

産業情報学科システム工学専攻のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

産業情報学科システム工学専攻は、機械工学・建築工学に関する分野を学ぶ教育課程であり、次のような人を求めています。

  • 大学での学習に必要な基礎学力を有していると共に新しい知識・技術に挑戦する意欲を持っている人
  • 機械工学および建築工学に関連した知識・技術に興味を持ち、積極的に学習に取組む意欲を持っている人
  • 情報技術を活用した機械工学および建築工学を学び、技術者になりたいという目的意識を持っている人

総合デザイン学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

総合デザイン学科は、環境デザイン、製品デザイン、視覚伝達デザインに関する分野を学ぶ学科であり,次のような人を求めています。

  • 大学での学習に必要な基礎学力を有している人
  • デザイン学に関連した知識・技術に興味を持ち、積極的に学習に取組む意欲を持っている人
  • デザインやクリエイティブ活動を通じて社会に貢献しようという目的意識を持っている人

 

保健科学部

保健科学部のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針) 

鍼灸学、理学療法学、情報工学を学ぶための基礎的学力を有し、学部の理念が求める教育を実践するため、積極的に学び主体的に取り組む視覚障害のある人を受け入れています。自らの課題を追求し社会を切り拓く、意欲溢れる者の入学を求めます。

保健学科鍼灸学専攻のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針) 

鍼灸学専攻では、筑波技術大学の教育理念にある「社会に貢献」できる「先駆的な人材」を「世界的な視野」で育成するため、次のような人を求めます。

  • 「鍼灸」「あん摩マッサージ指圧」「医療」「健康」「人間」に関連した知識と技術に興味を持ち、積極的に学習に取り組む意欲のある人
  • 倫理観に基づいた公平・公正な判断の重要性を認識している人
  • 主体性を持って多様な人々と共に生きていく態度に共感できる人
  • 自分の課題について解決しようとする意志、自立心、向上心をもつ人

入学は「高等学校で履修した基礎知識」「論理的な思考力」「会話および文章の表現力」「学ぶ意欲」を、筆記あるいは面接の選抜試験を実施して判断します。

保健学科理学療法学専攻のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針) 

理学療法学専攻では、視覚障害を有する学生が、障害を乗り越えながら、理学療法の知識と技術を獲得し、障害を持つものとして障害を有するひとをより理解し、医療を通じて社会に貢献しようという強い意志、そして医療人としての幅広い教養と人間性を備えた人材を育成することを目指します。そのため、本専攻では、次のような入学者を求めます。

  • 高等学校で履修する基礎知識を有し、理学療法に関連した知識・技術に興味を持ち、積極的に学習に取組む意欲のある人
  • 自分の意見を論理的に表現し、相手にわかりやすく伝えることができる人
  • 他人の立場に立って思いやることができ、人の痛みが理解できる人
  • 対象者や他の医療職との関わりにおいて求められる協調性やコミュニケーション能力の重要性を認識している人
  • 障害を克服しようとする意志、自立心、向上心をもつ人

 情報システム学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針) 

情報システム学科では、未知の領域に挑戦する意志・総合的な洞察力・思考力をもった幅広い教養を身につけ、障害を克服してあらゆる職域において活躍できる人材の育成を目標としています。そのため、これに応えることができる強い意欲を持ち、情報システムや経営情報学等に興味を持つ人材を求めます。

入学生の選抜は、国語、数学、英語等の基礎学力および高い学習意欲とコミュニケーション力を有する人材を重視します。

大学院技術科学研究科

産業技術学専攻におけるアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

広い視野で社会の発展に寄与でき、産業構造の変化や技術の高度化に対応できる高度な専門技術者・研究者・指導者の育成を目標としています。
そのため、上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  • 産業技術学を学ぶために必要な基礎学力と専門知識を有し、論理的思考力、分析力によって、学修、研究を遂行できる人
  • 向上心及び知的好奇心を維持し、未知の課題や困難な問題に対して主体的に取組み、問題を自ら解決していく能力を高めようとする人
  • 高度な専門技術者・研究者・指導者として、産業技術学の知識や技術を活用し、社会の持続的発展に貢献しようとする意欲のある人

 保健科学専攻におけるアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)       

視覚障害者の社会的自立や参加に貢献するための専門的かつ系統的な知識、情報、技術を提供しながら、鍼灸学、理学療法学、情報システム学の中核的な役割を担いうる高度専門職業人として教育・研究者を育成することを目標としています。

  • 鍼灸学、理学療法学、情報システム学を学ぶために必要な基礎的な学力、専門知識を有し、向上心の高い人
  • 知的好奇心を持って未知なる課題や困難な問題に積極的に取り組み、問題を解決していく人
  • 高度で専門的な知識や技術を持つ教育者・研究者・指導者として、社会に積極的に参加し、共生社会の実現とその発展に貢献しようとする人

情報アクセシビリティ専攻におけるアドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)       

障害者支援の中核的な役割を担いうる高度専門職業人および情報保障に関する教育・研究者を育成することを目標としています。
そのため、上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  • 情報保障学を学ぶために必要な学力と障害に対する理解を有し、情報アクセシビリティを高めるために様々な工夫をし、知識を活用できる人
  • 知的好奇心を持って未知なる課題や困難な問題に積極的に取り組み、解決していく人
  • 高度で専門的な知識や技術を持つ支援者、教育・研究者として、社会に積極的に参加し、共生社会の実現とその発展に貢献しようとする人