天久保キャンパス

サークル活動(課外活動)

バスケットボールの写真 茶道の写真

課外活動は、豊かで幅広い人間性を育成するうえで、有意義な活動です。現在、全学生で組織する学生会活動やサークル活動などがあります。

学園祭

学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子 学園祭の様子

毎年秋に開催されている学園祭では、授業やサークル活動の成果発表などが行われます。また、サークルや有志などによる模擬店などもあり、沢山の人で賑わいます。

 

学生寄宿舎

寄宿舎全景

学生寄宿舎は、キャンパス構内に3~4階建ての学生寄宿舎が5棟あり、ほとんどの学生はこの寄宿舎に入居しています。
共同浴室とシャワー室は別の建物(男子学生は共用棟、女子学生は女子専用棟)にあります。

共同生活のためのユニット制

補食室風景

学生寄宿舎は、5~6室の個室がまとまって共同生活の単位である「ユニット」を構成しています。ユニットには、簡単な自炊ができるダイニングキッチン(補食室)、洗面・洗濯室、トイレの共同設備があります。補食室には、ロッカー、電磁調理器、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機と乾燥機が設置してあ ります。
平成21年秋完成の女子専用棟には、居室内に調理設備があります。各階にトイレ・洗面、洗たく室および棟内に女子専用浴室が設けられています。

居室の設備:概要

居室の寸法図

居室はすべて1人部屋で、合わせて190室あります。居室には机、椅子、目覚まし時計、ヒーターが設置されています。 学内LANへの接続端子があり、居室からインターネットを利用することができます。FAXを利用する場合には、個人でNTTに申込をする必要があります。

居室の設備:カーテン・ベランダについて

居室の写真

居室からベランダに出ることができるガラス戸があります。そこのカーテンレールは、居室によって長さが160cm~170cmになります。
カーテンレールは基本的に1本の仕様ですから、カーテン寸法は高さ180cm、幅160cm~170cmの片開きタイプを推奨いたします。
また、居室の場所により物干し竿は、竿かけの間隔が異なり長さに幅があり166cm~242cmとなります。
カーテン、物干し竿を購入する場合には、必ず入居する部屋の状況を確認ください。

  ※ベランダは避難経路となっていますので、物を置くことはできません。

寄宿舎生活上必要な費用等について

寄宿舎生活に必要な基本的費用は、寄宿料と共益費と居室の電気代で約20,000円/月です。その他、居室の電気使用料と食費などが別途必要です。

  • 基本的費用は、1ヵ月あたり20,000円です。
    • 寄宿料(部屋代)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5,000円又は6,500円/月
    • 居室の電気代・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・約3,000円/月
    • 共益費(共通部分の電気,水道,ガス料金他)・・・・・12,000円又は11,000円/月 
  • 個室の電気は最大 20A まで使えます。
  • 各ユニットにあるキッチンの調理器具を使い簡単な料理を作ることができます。
  • 大学食堂では,昼食を平日のみ営業しています。
  • コンビニ(ATM設置)やファーストフード店や弁当屋も至近距離にあります。
  • 自転車を利用すれば、スーパーマーケットで食材が買えます。

    ※大学周辺には学生向けアパートも数多く、アパートに入居して通学している学生もいます。

駐車場

  • 寄宿舎に駐車場はありません。
  • 自動車を利用する場合は、キャンパス外に駐車場を確保する必要があります。

 

天久保キャンパスの周辺環境(学園都市の生活)

センタービル周辺風景

本学が立地するつくば市は、主要な45の国立研究機関と約220の民間研究機関が集う国内有数の学術研究都市です。つくば国際会議場に代表される各種学術イベント設備も充実し、国内外の学会や講習会・セミナー等が各所で開催されています。更に、近隣には筑波大学筑波学院大学と いった他大学があり、授業や課外活動を通してそれらの大学に在籍する学生と交流することも盛んです。悩みを共有し、楽しみを分け合う仲間を学内外にみつけることで、精神的な成長と勉学における刺激を得ることができます。また、学園都市内には各所に緑豊かな公園、スポーツ施設が点在し、心身ともに健康な実りある学生生活を送ることができます。

そして秋葉原~つくば間を最短45分で結ぶ「つくばエクスプレス」の始発駅である「つくば駅」は、本学キャンパスから南へ約2kmに位置しており、周辺には学生生活に潤いを与える百貨店・デパート・ショッピングモール・音楽ホール・多目的ホールなどがあります。

本学からつくば駅周辺へのアクセスは、関東鉄道バスやつくば市が運営するコミュニティバス「つくバス」を利用する他に、ペデストリアン(遊歩道)沿 いに歩いたり自転車に乗ったりしての移動でも可能です。学園都市は、車道と隔離されたペデストリアンが南北に一直線に伸びているため、自動車と分離された 安全な歩行者の移動が可能となっています。