ホーム > 学部・大学院 > 保健科学部 > 教育方針 > 理学療法学専攻の三つのポリシー

理学療法学専攻の三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

筑波技術大学の理念に沿って開設された教養教育系科目および専門教育系科目を履修して所定の単位を修得し,以下の知識,能力を身に付けたものに対して学士の学位を授与します。

  • 理学療法の基礎的な知識と技術を備えている。
  • 人間に深い関心を持って理解し,理学療法の実践の場において倫理的な対処ができる。
  • 幅広い教養と理解力・洞察力・表現力を兼ね備え,チームの中で協調性を持って連携を図ることができる。
  • 自らの障害を受容し,それを克服できる強い精神力と自己管理能力を備えている。
  • 日進月歩の医療に対応した情報収集力と読解力を兼ね備え,学問を探求する姿勢を持つ。
  • 理学療法における事象を論理的・批判的に考え,問題解決能力を発揮できる。
  • カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

    理学療法学専攻ディプロマ・ポリシーに基づき,以下のようなカリキュラム編成となっています。

  • 勉学意欲を持って段階的に学習できるように,基礎教育科目,専門基礎科目,専門科目を体系的に編成しています。また,初年次から自らのキャリア・デザインをスタートさせるための授業を行います。臨床実習で,理学療法士としての知識,態度,思考,技能の基本を修得します。
  • 基礎教育科目で幅広い教養と倫理観,コミュニケーション能力,情報収集力を身につけます。
  • 専門基礎科目で人体の構造や機能,病態を学びます。また,障害や福祉について理解を深めます。これにより障害の評価や治療,関連職種との連携を実践するための基礎を身につけます。
  • 専門科目で理学療法の臨床および研究活動に必要な知識,技術,問題解決能力を習得します。医療の進歩に対応して自ら向上に努め,生涯にわたり自己の成長を追求できる理学療法士を目指します。また,年次ごとに理学療法士に必要とされる知識を総合的に整理し,臨床に即した応用力を身につけ,国家試験に備えます。
  • アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

    理学療法学専攻では,視覚障害を有する学生が,障害を乗り越えながら,理学療法の知識と技術を獲得し,障害を持つものとして障害を有するひとをより理解し,医療を通じて社会に貢献しようという強い意志,そして医療人としての幅広い教養と人間性を備えた人材を育成することを目指します。そのため,本専攻では,次のような入学者を求めます。

  • 高等学校で履修する基礎知識を有し,理学療法に関連した知識・技術に興味を持ち,積極的に学習に取組む意欲のある人
  • 自分の意見を論理的に表現し,相手にわかりやすく伝えることができる人
  • 他人の立場に立って思いやることができ,人の痛みが理解できる人
  • 対象者や他の医療職との関わりにおいて求められる協調性やコミュニケーション能力の重要性を認識している人
  • 障害を克服しようとする意志,自立心,向上心をもつ人