ホーム > 学部・大学院 > 保健科学部 > 教育方針 > 情報システム学科の三つのポリシー

情報システム学科の三つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

情報システム学科で開設された教養教育系科目および専門教育系科目を履修して所定の単位を修得し,以下の知識,能力を身に付けたものに対して学士の学位を授与します。

    • 情報システム分野に関係する基礎的な知識や技能
    • 情報システム・経営情報分野が対象とする課題解決において必要とされる調査・理解・対応力
    • 組織活動で必要となる論理的思考力,想像力,コミュニケーション・チームワーク力,プレゼンテーション力

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

情報システム学科では,コンピュータ・ネットワーク等の情報技術を専門とする科目と企業経営戦略,財務・会計処理等の経営情報処理を専門とする科目の大きな2つの柱を設け,あらゆる職域において活躍できる人材の育成を目指したカリキュラムを設定します。そのため,以下の方針に沿って教育課程を編成します。

    • あらゆる職域を切り拓くための基盤的基礎知識の習得するため,専門基礎科目,専門教養,言語・情報教育科目を提供します。
    • 情報システム・経営情報に関する専門的な技術・知識の習得するための専門情報システム教育科目を提供します。
    • 障害を克服・理解するための技術を修得するため,障害関係教育科目および障害補償技術関連専門科目を提供します。
    • 論理的思考力,課題解決力,想像力,コミュニケーション能力,プレゼンテーション能力,チームワーク能力を身につけるため,プレゼンテーション,特別実習,卒業研究等の科目を提供します。

これらの教育内容と学習成果の評価は,GPA制度に沿って,各科目の内容特性に応じた評価方法により厳格に実施します。また,授業評価を通じて教育内容・方法について点検し,必要な見直しを行います。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

情報システム学科では,未知の領域に挑戦する意志・総合的な洞察力・思考力をもった幅広い教養を身につけ,障害を克服してあらゆる職域において活躍できる人材の育成を目標としています。そのため,これに応えることができる強い意欲を持ち,情報システムや経営情報学等に興味を持つ人材を求めます。
入学生の選抜は,国語,数学,英語等の基礎学力および高い学習意欲とコミュニケーション力を有する人材を重視します。