ホーム > 学部・大学院 > 大学院 技術科学研究科

大学院 技術科学研究科

設置の目的

筑波技術大学大学院 技術科学研究科は、聴覚・視覚障害者のための大学院として、障害がありながらも産業技術や医療技術に関するより高度で専門的な知識・技術、応用能力、研究能力を備え、企業や医療現場などの要請に積極的に応え貢献できる専門技術者・研究者・指導者を養成するとともに、地域社会や職場において聴覚・視覚障害者のリーダーとして活躍できる人材を育成します。平成26年4月より「情報アクセシビリティ専攻」が加わりました。当専攻では障害の有無に関わらず、障害者支援や情報保障に関する教育や研究を行う専門家の養成をします。

技術科学研究科内の構成

技術科学研究科内の構成は以下のようになっています。

「技術科学研究科の構成」
専攻入学定員コース修了時の学位
産業技術学専攻 4人 情報科学コース 修士(工学)
システム工学コース 修士(工学)
総合デザイン学コース 修士(デザイン学)
保健科学専攻 3人 鍼灸学コース 修士(鍼灸学)
理学療法学コース 修士(理学療法学)
情報システム学コース 修士(工学)
情報アクセシビリティ専攻 5人 障害者支援(聴覚障害)コース 修士(情報保障学)
障害者支援(視覚障害)コース 修士(情報保障学)
手話教育コース 修士(情報保障学)