教員一覧

保健学科 鍼灸学専攻

教授
鮎澤 聡
石崎 直人
加藤 一夫
津嘉山 洋
殿山 希
野口 栄太郎
藤井 亮輔
准教授
佐々木 健
白岩 伸子
講師
近藤 宏
福島 正也
助教
笹岡 知子

保健学科 理学療法学専攻

教授
石塚 和重
薄葉 眞理子
木下 裕光
酒井 俊
准教授
井口 正樹
三浦 美佐
助教
中村 直子
松井 康

情報システム学科

教授
岡本 健
大西 淳児
坂尻 正次
嶋村 幸仁
関田 巖
巽 久行
准教授
河原 正治
小林 真
講師
福永 克己
堀江 則之
助教
鶴見 昌代

附属東西医学統合医療センター

教授
平山 暁
准教授
櫻庭 陽
講師
佐久間 亨
助教
杉田 洋介
成島 朋美

保健科学部

教授
竹下 浩


保健学科鍼灸学専攻の各教員個別情報

鮎澤 聡 (あゆざわ・さとし)

氏名
鮎澤 聡 (あゆざわ・さとし)/AYUZAWA,Satoshi
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
生年月
1961年7月生
担当授業科目
臨床医学総論、小児科学、人間発達学、臨床医学特論、神経内科学、健康と保健科学、フレッシュマンセミナー、総合演習、総括講義、臨床実習1、臨床医学特論A
現在の専門分野
統合医学、医学哲学、視覚障害教育、脳神経外科学、臨床神経電気生理学
現在の主要研究
生体の機能と機能的治療、視覚障害におけるアクティブラーニング支援
学歴
1986年筑波大学医学専門学群卒業、1994年筑波大学大学院博士課程医学研究科卒業
学位
博士(医学)(1998年、筑波大学)
学位論文題名
生物学的コミュニケーションの理論とその臨床応用に関する研究
職歴
2001年龍ケ崎済生会病院脳神経外科部長、2005年筑波大学大学院人間総合科学研究科講師、2012年筑波技術大学保健科学部准教授、2018年筑波技術大学保健科学部教授、2012年筑波大学附属病院臨床教授(病院)
所属学会等
日本脳神経外科学会、日本定位・機能神経外科学会、日本てんかん外科学会、日本ニューロモデュレーション学会、日本臨床神経生理学会、人体科学会、全日本鍼灸学会、日本伝統鍼灸学会、日本弱視教育研究会、他
著書・学術論文
◆Ishiyama S, Shibata Y, Ayuzawa S, et.al. Clinical effect of C2 peripheral nerve field stimulation using electroacupuncture for primary headache. Neuromodulation(2018)◆Ohnishi J, Ayuzawa S, et.al. Distinct transcriptional and metabolic profiles associated with empathy in Buddhist priests: a pilot study. Hum Genomics(2017)◆代替医療と身体的実践の知. 身体の知(編・著). ビイング・ネット・プレス(2015)◆痙縮の神経外科治療. BRAIN and NERVE(2014)◆偏光顕微鏡を用いた生体の秩序性の光学的観察.人体科学(2013)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆視覚障害教育における情報障害支援のための学習ツールの開発とタブレット端末の活用. 平成30-33年度科学研究費補助金(基盤C・代表)◆頸部装着型機器による嚥下機能評価と食事介助支援装置の実用化. 平成24-26年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業・分担)◆「笑い」によるストレスレスキュー効果の検証. 平成23-25年度科学研究費補助金(基盤B・分担)◆偏光を用いた脳神経機能・組織の術中顕微鏡下イメージングの開発. 平成21-23年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽・代表)
社会貢献活動
その他活動等
◆人体科学会会長◆日本脳神経外科学会専門医・学術評議員◆日本臨床神経生理学会認定医(脳波部門)◆日本ニューロモデュレーション学会評議員


このページのトップへ戻る

石崎 直人(いしざき・なおと)

氏名
石崎 直人(いしざき・なおと)/ISHIZAKI, Naoto
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
生年月
1965年
担当授業科目
東洋医学概論1,東洋医学概論2,東洋医学概論演習,はりきゅう理論,臨床実習1,臨床実習2,臨床カンファレンス1,臨床カンファレンス2,総合演習,総括講義,専門英語,健康と保健科学,保健科学特別研究1,保健科学特別研究2,総合臨床鍼灸学・演習1A,総合臨床鍼灸学・演習2A,総合臨床鍼灸学・演習1G, 総合臨床鍼灸学・演習2G
現在の専門分野
鍼灸学(主として内科系領域),調査研究学
現在の主要研究
鍼灸手技療法利用者の特徴と受療動態に関する調査,視覚障害者のための鍼灸学関連教材の開発
学歴
1987年 明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)卒業,1991年 明治鍼灸教員養成施設鍼灸教員養成科卒業
学位
博士(鍼灸学)(2006年,明治国際医療大学)
学位論文題名
Electroacupuncture at the Zhongwan (CV12) Acupoint Accelerates Glucose Consumption during an Intravenous Glucose Tolerance Test and Hyperinsulinemic Euglycemic Clamp in Sprague-Dawley Rats
職歴
1991年4月-2000年3月 明治鍼灸大学 助手, 2000年4月-2004年3月 明治鍼灸大学 講師, 2004年4月-2009年3月 明治鍼灸大学 准教授, 2008年4月-2013年12月 大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完医学講座 特任研究員, 2009年4月-2017年3月 明治国際医療大学 教授, 2017年4月-2019年3月 筑波技術大学 保健科学部保健学科 鍼灸学専攻 准教授,筑波技術大学 大学院技術科学研究科 准教授, 2019年4月― 筑波技術大学 保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻 教授, 筑波技術大学大学院技術学研究科 教授(現在に至る)
所属学会等
公社)全日本鍼灸学会,日本東洋医学会,日本自律神経学会,日本糖尿病学会
著書・学術論文
◆Ishizaki N, Fukuda F, Yano T. Selection of healthcare services and satisfaction with acupuncture and moxibustion for musculoskeletal problems in Japan: Sub-analysis data from the Nation-wide Cross-Sectional Survey Research. Japanese Acupuncture and Moxibustion. 2018;14(1):8-14. ◆石崎直人.東洋医学を学ぶ視覚障害者ための 用語検索教材の開発と実用性の検証.全日本鍼灸学会雑誌. 2018;68(4):274-282.◆Suzuki M, Muro S, Fukui M, Ishizaki N, Sato S, Shiota T, Endo K, Suzuki T, Mitsuma T, Mishima M, Hirai T. Effects of acupuncture on nutritional state of patients with stable chronic obstructivepulmonary disease (COPD): re-analysis of COPD acupuncture trial, a randomized controlled trial. BMC Complement Altern Med. 2018 Oct 24;18(1):287. doi: 10.1186/s12906-018-2341-3.◆加藤竜司,鈴木雅雄,福田文彦,加藤麦,伊藤和之,石崎直人.鍼灸院通院患者の受療状況と満足度に関する横断研究.全日本鍼灸学会雑誌.2017;67(4):297-306,◆田口 敬太, 石崎 直人, 蘆原 恵子, 伊藤 和憲, 福田文彦, 下村伊一郎, 林 紀行, 前田和久, 伊藤 壽記.糖尿病性末梢神経障害による両下肢感覚異常に対する鍼治療の効果.糖尿病.2017; 60(7):489-497.
受賞等
2007年 明治東洋医学院研究奨励賞
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2005年度~2006年度科学研究費補助金(基盤C,代表)糖尿病発症前段階における非薬物的アプローチとしての 経穴刺激の有用性 ◆2019年度-2021年度科学研究費補助金(基盤C,代表)我が国における鍼灸治療利用の実態と利用者の意識及び満足度に関する全国調査
社会貢献活動
その他活動等
◆(公社)全日本鍼灸学会理事 ◆世界鍼灸学会連合会(WFAS)理事 ◆(公社)全日本鍼灸学会認定委員会試験委員


このページのトップへ戻る

加藤 一夫 (かとう・かづお)

氏名
加藤 一夫 (かとう・かづお)/KATOH, Kazuo
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
担当授業科目
解剖学、解剖学実習1、解剖学実習2、生物学概論、解剖学特論(機能解剖学;大学院)
現在の専門分野
解剖学、細胞生物学
現在の主要研究
細胞生物学 「細胞基質間接着構造を介した情報伝達システムの解明」
学歴
横浜国立大学教育学部卒業、横浜国立大学大学院生命科学科修士課程修了、群馬大学大学院博士課程生理学系解剖学修了
学位
教育学修士(横浜国立大学)、医学博士(群馬大学)
職歴
群馬大学医学部第二解剖学教室 助手、(財)大阪バイオサイエンス研究所 神経科学部門研究員、国立循環器病センター研究所 循環器形態部 研究員、 自治医科大学医学部解剖学講座 准教授、自治医科大学大学院医学研究科 准教授(兼任),自治医科大学看護学部准教授(兼任)、筑波技術大学保健科学部 教授
所属学会等
日本解剖学会、日本細胞生物学会、The American Society for Cell Biology, Regular member, USA. National Society for Histotechnology, Elected member, USA.
著書・学術論文
◆Activation of Rho-kinase and focal adhesion kinase regulates the organization of stress fibers and focal adhesions in the central part of fibroblasts. Katoh K. PeerJ. 2017 Nov 15;5:e4063. doi: 10.7717/peerj.4063. eCollection 2017. ◆Microwave-Assisted Tissue Preparation for Rapid Fixation, Decalcification, Antigen Retrieval, Cryosectioning, and Immunostaining. Katoh K. Int J Cell Biol. 2016;2016:7076910. Epub 2016 Oct 20. Review. ◆Regulation of Cultured Fibroblast Cell Polarity on Adhesive Micropatterns. J. Clin. Lab. Investig. Updates 3 (2), 24-30, 2015 ◆Katoh K, Noda Y. Distribution of cytoskeletal components in endothelial cells in the guinea pig renal artery. Internatonal Journal of Cell biology, 2012;2012:439349.◆Katoh K, Kano Y, Noda Y. : Rho-associated kinase-dependent contraction of stress fibres and the organization of focal adhesions. J R Soc Interface. 6;8(56):305-311, 2011.
受賞等
◆2009年 自治医科大学医学部最優秀教員賞
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2004-2009年 私立学校共済事業団、大学院整備重点化経費「各種細胞中に見られるアクチンーミオシン収縮系と、 細胞基質間接着構造の形態変化、外界との情報伝達機構の解明」 (分担)
社会貢献活動
その他活動等
◆The Journal of Histotechnology (National Society for Histotechnology, USA, Editorial board member ) ◆The Cardiology (Medwell Journals, Editor)◆The Journal of the Royal Society Interface (Royal Society Publishing, Official reviewer) ◆Cell Biology International (Elsevier; International Federation for Cell Biology, Official Reviewer)◆(社)日本体育協会公認 スクーバダイビング公認指導員 ◆(財)国際文化カレッジ フォトマスターエキスパート (栃木県担当試験監督員委嘱)


このページのトップへ戻る

津嘉山 洋 (つかやま・ひろし)

氏名
津嘉山 洋 (つかやま・ひろし)/TSUKAYAMA, Hiroshi
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授および 大学院 技術科学研究科教授
担当授業科目
臨床実習入門2、臨床カンファレンス1、鍼灸安全学 、保健科学特別研究1、臨床カンファレンス2 、総括講義、総合演習、保健科学特別研究2 、専門英語、総合臨床実習2
現在の主要研究
Sham acupunctureの妥当性、癌の統合医療、鍼臨床のGovernance
学位
修士(学術)
学位論文題名
鍼の異質性
所属学会等
日本腰痛学会、日本予防医学リスクマネジメント学会
著書・学術論文
◆Yamashita H,?Tsukayama H et al.: Adverse events related to acupuncture. JAMA. 1998; 280(18):1563-4.?◆Yamashita H,?Tsukayama H et al.: Popularity of complementary and alternative medicine in Japan: a telephone survey. Complement Ther Med. 2002 Jun;10(2):84-93. ◆Yamashita H,?Tsukayama H.Safety of acupuncture. Incident reporting and feedback may reduce risks. BMJ. 2002 Jan 19;324(7330):170-1. ◆Tsukayama H et.al.: Factors that influence the applicability of sham needle in acupuncture trials. Clin J Pain. 2006 May; 22(4): 346-9. ◆津嘉山 洋、他: 補完代替医療における市場の混乱と利益相反 臨床評価 2005; 32: 491-503, 2005. ◆Furlan AD, Tsukayama H et.al: Acupuncture and dry-needling for low back pain. Spine 2005; 30: 944-63, 2005. ◆Tsukayama H et.al: Randomised controlled trial comparing electro-acupuncture with transcutaneous electrical nerve stimulation for low back pain. Acupuncture in Medicine 20: 175-180, 2002. ◆津嘉山洋、他: 鍼の臨床試験 臨床評価 30: 43-51,2002.
社会貢献活動
その他活動等
◆全日本鍼灸学会国際部員、日本東洋医学会用語委員会


このページのトップへ戻る

殿山 希 (どのやま・のぞみ)

氏名
殿山 希 (どのやま・のぞみ)/DONOYAMA, Nozomi
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
担当授業科目
【大学科目】健康と保健科学、東洋医学臨床論1、東洋医学臨床演習1、臨床実習1、臨床実習2、臨床カンファレンス1、臨床カンファレンス2、保健科学特別研究1、保健科学特別研究2、総括講義.【大学院科目】保健科学セミナー、手技療法学特論、鍼灸学特論、臨床鍼灸手技療法学特論B、臨床鍼灸手技療法学演習B、総合臨床鍼灸学・演習1B(難治疾患系臨床)、総合臨床鍼灸学・演習2B(難治疾患系臨床)、総合臨床鍼灸学・演習1G(包括的鍼灸手技臨床)、総合臨床鍼灸学・演習2G(包括的鍼灸手技臨床)、鍼灸学特別研究1、鍼灸学特別研究2.
現在の専門分野
手技療法(あん摩・マッサージ)学、鍼灸学
現在の主要研究
(1)肥満、がんケア、発達障害に対する手技療法(あん摩・マッサージ)の臨床効果の研究、(2)手技療法(あん摩・マッサージ)の快適性についての研究、(3)視覚に障害のある人に対するあん摩マッサージ鍼灸教育
学歴
2004年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科 修了、2009年3月 筑波大学大学院一貫制博士課程人間総合科学研究科 修了
学位
修士(体育学)(2004年、筑波大学)、博士(ヒューマン・ケア科学)(2009年、筑波大学)
学位論文題名
視覚に障害のある人のメンタルヘルスと心理的支援に関する研究-心理社会的教育プログラムの作成と効果の検討-
職歴
北海道高等盲学校教諭(1991.4~2001.3)、筑波技術短期大学文部科学教官助手(2001.4~2005.9)、筑波技術大学助手(2005.10~2007.3)、同大学助教(2007.4~2012.9)、同大学准教授(2012.10~2018.3)、同大学教授(2018.4~現在に至る)。
所属学会等
日本温泉気候物理医学会、日本東洋医学会、全日本鍼灸学会、日本サイコオンコロジー学会、日本精神保健社会学会、日本高齢者ケアリング学研究会
著書・学術論文
◆Donoyama N et al. Adiponectin Increase in Mildly Obese Women After Massage Treatment. J Altern Complement Med. 2018;24(7):741-742. ◆Donoyama N et al. Effects of Anma therapy (Japanese massage) on health-related quality of life in gynecologic cancer survivors: a randomized controlled trial. PLoS One. 2018 May 3;13(5):e0196638. ◆Donoyama N et al. Physical effects of Anma therapy (Japanese massage) for gynecologic cancer survivors: a randomized controlled trial. Gynecol Oncol. 2016;142: 531-538. ◆Donoyama N et al. Effectiveness of Anma massage therapy in alleviating physical symptoms in outpatients with Parkinson's disease: a before-after study. Complementary Therapies in Clinical Practice. 2014;20:251-261. ◆Donoyama N et al. Effects of Anma massage therapy (Japanese massage) for gynecological cancer survivors: study protocol for a randomized controlled trial. Trials. 2013 Jul 24;14:233.
受賞等
◆筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科長賞(2009年3月25日) ◆第16回ヘルスカウンセリング学会エクセレント賞(2009年9月21日) ◆日本高齢者ケアリング学研究会 BEST REVIEWER賞(2014年9月1日)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2018年度日本対がん協会「RFLプロジェクト未来」研究助成「がんサバイバー、各ステージのがん患者、医療従事者、介護家族向けマッサージプログラムの作成とエビデンスの構築:Hospital-based massage therapy for cancer careの確立を目指して」.研究代表者. ◆平成22~26年度科学研究費補助金基盤C No.22531058「按摩マッサージ療法のエビデンスに基づいた職域の開拓:緩和ケアチームへの参入」研究代表者. ◆平成17~19年度科学研究費補助金萌芽研究No.17653125「視覚障害者教育における按摩(あんま)療法のエビデンス構築と理療科教育への応用」研究代表者.
社会貢献活動
その他活動等
◆2018.4~ 鍼灸学系大学協議会代議員 ◆2016.11.23 第22回日本精神保健社会学会学術大会実行委員長 ◆2013.12~ 日本精神保健社会学会理事 ◆2010.10~ 日本高齢者ケアリング学研究会理事


このページのトップへ戻る

野口 栄太郎 (のぐち・えいたろう)

氏名
野口 栄太郎 (のぐち・えいたろう)/NOGUCHI, Eitaro
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
生年月
1954年5月生
担当授業科目
経験医術、臨床実習入門、臨床鍼灸学演習、臨床評価学I、同演習、臨床実習I-II、鍼灸研究法入門、保健科学特別研究【大学院】保健科学セミナー、手技療法学特論、鍼灸手技療法研究技術論、臨床鍼灸手技療法学特論B、同演習、総合臨床鍼灸学・演習、鍼灸学特別研究
現在の専門分野
鍼灸科学、手技療法学、実験鍼灸学、自律神経生理学
現在の主要研究
鍼灸・手技療法に対する実験医学的研究
学歴
1978年:明治大学卒業、1981年:東京衛生学園卒業、1992年:埼玉医科大学大学院医学研究科専攻生修了
学位
1991年:医学博士(埼玉医科大学)
学位論文題名
ラット胃酸分泌に対する鍼刺激の効果
職歴
1983年(財)東洋医学技術教育振興財団 研究員、1989年;関西鍼灸短期大学 講師、1993年同助教授、1995年;筑波技術短期大学鍼灸学科 助教授、2005年:筑波技術大学保健科学部保健学科(鍼灸学専攻) 教授 2010年:筑波技術大学大学院技術科学研究科 教授
所属学会等
日本生理学会、日本自律神経学会評議員、日本温泉気候物理医学会、日本東洋医学会、全日本鍼灸学会監事、現代医療鍼灸臨床研究会世話人
著書・学術論文
◆マッサージとスポーツマッサージの沿革:スポーツマッサージ,文光堂,2006年 ◆体性-自律神経反射の生理学(共訳)2007年, ◆Biobehavioral Self-Regulation.-Easten and Western Prespectives:"Kan Mushi" syndorom.1995年
学術論文 ◆Acupuncture regulates gut motility and secretion via nerve reflexes., Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical 156 (2010) ◆Neural mechanism of localized changes in skeletal muscle blood flow caused by moxibustion-like thermal stimulation., J Physiol Sci (2009) of anesthetized rats ◆The effects of Ultrasound Stimulation on Muscle Blood Flow in the Hindlimb and Related Neural Mechanisum in Anesthtized Rats. J.T.Sci. (2004) ◆灸刺激による麻酔ラット骨格筋血流の局所性変化. 自律神経, (2004) ◆Electoro-Acupuncture Stimulation Effects on Duodenal Motility in Anesthetized Rats, JJP(2003) ◆The effect of electro-acupuncture stimulation on the muscle blood flow of the hindlimb In anesthetized rats, JANS(1999) ◆Increases In gastric acidity in response toelectroacupuncture stimulation of the hindlimb of anesthetized rats, JJP (1996)
受賞等
◆2000年 全日本鍼灸学会高木賞(基礎部門)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆平成22年度 厚生労働科学研究費事業「統合医療を推進するための日本伝統医学の標準化」 研究協力者
社会貢献活動
その他活動等
◆日本自律神経学会評議員(現在)、全日本鍼灸学会常任理事(2006-2010年)、 全日本鍼灸学会監事(現在)、 全日本鍼灸学会会編集委員(現在)、鍼灸医療推進研究会研究部委員(現在)


このページのトップへ戻る

藤井 亮輔 (ふじい・りょうすけ)

氏名
藤井 亮輔 (ふじい・りょうすけ)/HUJII, Ryousuke
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・教授
生年月
1954年10月生
担当授業科目
【学部】あん摩応用実習1、指圧基礎実習、社会鍼灸手技学、運動療法実習、学外施設実習、臨床実習1、臨床カンファレンス1、臨床実習2、臨床カンファレンス2、総合臨床実習1 【大学院】保健科学セミナー、臨床鍼灸手技療法学特論B、臨床鍼灸手技療法学演習B、総合臨床鍼灸学・演習1F、総合臨床鍼灸学・演習2F、総合臨床鍼灸学・演習2G、鍼灸学特別研究1、鍼灸学特別研究2
現在の専門分野
社会鍼灸手技学、臨床鍼灸手技学
現在の主要研究
①鍼灸按摩師の就業実態に関する社会学的研究、②韓国と台湾における理療教育史に関する研究
学歴
1982年 筑波大学理療科教員養成施設卒業、1997年 放送大学教養学部卒業、2011年 東京医科歯科大学医学部医学科専攻生修了、2013年 明治国際医療大学大学院鍼灸学研究科研究生修了
学位
博士(鍼灸学) 明治国際医療大学
学位論文題名
鍼灸療法の受療率に関する調査研究-鍼灸の単独療法と按摩・マッサージ・指圧を含む複合療法(三療)との比較
職歴
(1975~1980年)中伊豆リハビリテーションセンターPT科、(1982~1985年)沖縄県立沖縄盲学校理療科教諭、(1985~2002年)筑波大学附属盲学校理療科教諭、2002~2005年;筑波技術短期大学視覚部鍼灸学科助教授、(2005~2015)筑波技術大学保健科学部准教授、2016~現在)筑波技術大学保健科学部教授
所属学会等
全日本鍼灸学会、日本東洋医学系物理療法学会
著書・学術論文
◆あん摩マッサージ指圧の受療状況と当該施術所の実態に関する調査研究.厚生労働行政推進調査事業費補助金成果報告書(共著、2017年) ◆理療教育学序説―はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師教育学の構築―.日本鍼灸手技療法教育研究会編.ジアース教育新社(共著、2015年) ◆地域理療と理療経営第3版,東京ヘレンケラー協会(共著、2013年)◆我が国の障害者福祉とヘレンケラー,教育出版(2002年) ◆「カイロ・療術問題の歴史」、毎日新聞社(1997年)
受賞等
◆全日本鍼灸学会高木賞奨励賞受賞(2012年)◆モンゴル国社会福祉省優秀賞(2015年)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2016~2017年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(厚生労働科学特別研究事業、代表)・あん摩マッサージ指圧の受療状況と当該施術所の実態に関する調査研究 ◆2014~2017年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C、代表)韓国の理療教育史に関する調査研究◆2009~2011年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C、代表)鍼灸マッサージ療法に対する受療行動と金銭負担等の意識に関する調査 ◆2006~2008年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C、代表)鍼灸領域における就業者数と市場規模に関する調査 ◆2003・2004年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究C、代表) あん摩師国家試験に適応が困難な視覚障害者の実態と自立保障の在り方に関する調査研究
社会貢献活動
その他活動等
◆文部科学省学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等の協力者会議(特別支援学校(保健理療・理療)委員(主査) ◆社会福祉法人日本盲人福祉委員会評議員◆社会福祉法人国際視覚障害者援護協会評議員◆日本東洋医学系物理療法学会理事◆一般財団法人一枝のゆめ財団理事


このページのトップへ戻る

佐々木 健 (ささき・けん)

氏名
佐々木 健 (ささき・けん)/SASAKI, Ken
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・准教授
生年月
1958年9月生
担当授業科目
手技基礎実習、総合臨床実習、介護・福祉鍼灸手技学
現在の専門分野
鍼灸手技学、視覚障害リハビリテーション
現在の主要研究
視覚障害リハビリテーション、ターミナルケア
学歴
1984年3月 筑波大学理療科教員養成施設卒業
職歴
宮城県立盲学校教諭15年、筑波技術短期大学講師(鍼灸学科)7年、筑波技術大学助教授2年
所属学会等
日本ロービジョン学会、視覚障害リハビリテーション研究会、日本サイコオンコロジー学会、全日本鍼灸学会、つくばバリアフリー研究会
著書・学術論文
◆佐々木健:視覚障害者の居住の環境をめぐる現状と課題, 居住支援ガイドブック, 作業療法ジャーナル39(7), 597-605, 2005
社会貢献活動
その他活動等
◆佐々木健:日本按摩,大学間交流講演会,北京連合大学,2005.12◆佐々木健,殿山希:世界盲人連合・アジア太平洋地域協議会(WBU-AP)マッサージセミナーボランティア養成講座,2006◆佐々木健,北村まさみ、小林幸一郎:視覚障害フリークライミング講習会,2006.8◆佐々木健,北村まさみ:視覚障害シミュレーション”タッチ&ヒアリングワールド”,第14回わたしの企画応援します!スポーツ・遊びでバリアフリー,カスミグループ,2006.11


このページのトップへ戻る

白岩 伸子 (しらいわ・のぶこ)

氏名
白岩 伸子 (しらいわ・のぶこ)/SHIRAIWA, Nobuko
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・准教授
生年月
1962年11月生
担当授業科目
病理学、神経内科学
現在の専門分野
神経内科学
現在の主要研究
高齢者てんかん、リウマチ性多発筋痛症等老年期疾患の臨床的検討
学歴
1987年筑波大学医学専門学群卒業、1995年筑波大学大学院博士課程医学研究科卒業
学位
博士(医学)(1995年、筑波大学)
学位論文題名
細胞死を制御する遺伝子に関する研究-bcl-2関連遺伝子bcl-xおよび変異ミトコンドリアDNAについての解析-
職歴
牛久愛和総合病院神経内科医員(1995~1998)、Research Fellow in Dept.of Neurobiology and Anatomy,Wake Forest University(1998~2000)、筑波記念病院神経内科部長(2000~2015)、筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻准教授(2015~現在)
所属学会等
日本神経学会、日本神経病理学会、日本内科学会
著書・学術論文
◆高齢てんかん患者の現状.老年医学(2015)◆急性散在性脳脊髄炎に末梢神経障害を合併し、大量免疫グロブリン療法とステロイドパルスの併用療法が有効だった1例 臨床神経(2007)◆Caspase Activity is involved in, but is dispensable for early motoneuron death in the chick embryo cervical spinal cord. Molecular and Cellular Neuroscience(2001)◆ミトコンドリア脳筋症.検査値のみかた(2000)◆An additional form of rat Bcl-x,Bcl-xβ,generated by an unspliced RNA, promotes apotosis in promyeloid cells.The Journal ofBiological Chemistry.(1996)
社会貢献活動
その他活動等
◆日本神経学会認定専門医・指導医◆日本内科学会認定医 ◆茨城県難病指定医 ◆茨城県神経難病ネットワーク専門部会委員 ◆茨城県臨床研修指導医


このページのトップへ戻る

近藤 宏 (こんどう・ひろし)

氏名
近藤 宏 (こんどう・ひろし)/KONDO, Hiroshi
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・講師
生年月
1973年2月生
担当授業科目
鍼灸基礎実習Ⅱ、臨床実習I、臨床実習II、プレ臨床実習、総合臨床実習、スポーツ鍼灸実践論、運動療法実習、保健科学特別研究鍼灸学特論(大学院)
現在の専門分野
鍼灸手技療法学、スポーツ医学
現在の主要研究
①スポーツ分野における鍼灸治療、②鍼灸マッサージ師の就労状況に関する社会学的研究
学歴
1992年中京大学卒、1996年中和鍼灸専門学校卒、2002年筑波大学理療科教員養成施設臨床専攻生修了 、2011年放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了(修士)、2015年筑波大学大学院人間総合科学研究科3年制博士課程スポーツ医学専攻修了
学位
博士(スポーツ医学)  2015年 筑波大学大学院
学位論文題名
「腰痛を有するスポーツ選手への低周波鍼通電が筋活動に及ぼす影響」
職歴
平成14-19年 埼玉県立盲学校 助教諭、平成19年 帝京平成大学 助教、平成19年~ 筑波技術大学 助教
所属学会等
日本体力医学会、臨床スポーツ医学会、日本東洋医学系物理療法学会、全日本鍼灸学会
著書・学術論文
◆Kondo H, Ogawa S, Nishimura H, Ono A. Massage therapy for home care patients using the health insurance system in Japan. Complement Ther Med. 2018;36:142-6. ◆Kondo H, Ogawa S, Survey of Patients Receiving the Home medical care massage on Health Insurance System: a pilot study. NTUT Education of Disabilities.2015;13:1-4. ◆Kondo H, Moriyama T, Usui N, Miyakawa S. Effects of Electro-acupuncture stimulation on the left-right asymmetry of lumbar erector spinae muscle EMG activity in subjects with lower back pain. JAM.2014;1:1-7. ◆Kondo H, Miyamoto T, Miyakawa S. Electro-acupuncture significantly delayed multifidus muscle reaction time in athletes with lower back pain. JAM.2014:1; 8-13. ◆Kondo H, Fujii R. A survey of visually impaired Anma-Massage-Shiatsu practitioners in Japanese hospitals. NTUT Education of Disabilities.2014;12:24-7.
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費補助金基盤C平成27年~29年度「視覚障害者スポーツ競技における選手支援システム構築のための研究」
社会貢献活動
その他活動等
◆(公社)全日本鍼灸学会 スポーツ鍼灸委員会委員2014年~、編集委員会委員2016年?◆(公社)埼玉県鍼灸マッサージ師会理事2012年~◆(公社)全日本鍼灸マッサージ師会学術局委員2012年~ ◆(一社)日本東洋医学系物理療法学会理事2012年~◆日本理療科教員連盟組織部部員2018年?


このページのトップへ戻る

笹岡 知子 (ささおか・ともこ)

氏名
笹岡 知子 (ささおか・ともこ)/SASAOKA, Tomoko
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・助教
生年月
1970年5月生
担当授業科目
臨床実習I,II、臨床実習入門、臨床カンファレンス、基礎実習入門、臨床生理学実習
現在の専門分野
鍼灸医学
現在の主要研究
視覚障害者の灸技術に関する研究、鍼灸に対する認知と需要の疫学的調査研究、女性の健康に関する研究
学歴
明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学) 大学院鍼灸学研究科 博士課程後期課程修了(1998年3月)
学位
博士(鍼灸学) 1998年取得 明治鍼灸大学(現 明治国際医療大学)
学位論文題名
リポポリサッカライド刺激によるマクロファージからのサイトカイン産生に対するカルシトニン遺伝子関連ペプチドの抑制
職歴
1998年~2008年 明治鍼灸大学 2000年~2005年 京都大学 医療技術短期大学部 助産専攻(非常勤講師) 2009年~ 筑波技術大学
所属学会等
全日本鍼灸学会、日本東洋医学学会
著書・学術論文
◆疾患別治療大百科シリーズ7 産婦人科疾患、医道の日本社、2002、◆鍼灸 禁忌マニュアル、医歯薬出版株式会社、2004 他
社会貢献活動
その他活動等
日本東洋医学系物理療法学会理事(2010~)


このページのトップへ戻る

福島 正也 (ふくしま・まさや)

氏名
福島 正也 (ふくしま・まさや)/FUKUSHIMA, Masaya
所属・職位
保健科学部 保健学科 鍼灸学専攻・講師
担当授業科目
鍼灸基礎実習1・2、臨床実習1・2、臨床カンファレンス1・2、プレ臨床実習1、総合演習、総括講義、総合臨床鍼灸学1G、総合臨床鍼灸学2G、鍼灸学特別研究1・2
現在の専門分野
理療(鍼灸手技療法)教育学,臨床鍼灸学
現在の主要研究
理療(鍼灸手技療法)教育に関する研究,鍼灸臨床に関する研究
学歴
2004年3月 筑波大学 理療科教員養成施設 卒業、2010年3月 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 スポーツ健康システム・マネジメント専攻ヘルスプロモーションコース 修了、2010年3月 筑波大学 理療科教員養成施設 臨床専攻生 修了、2015年3月 昭和大学大学院 医学研究科 生理学講座 生体制御学部門 修了
学位
博士(医学)(2015年,昭和大学)
学位論文題名
円皮鍼はラット社会的孤立ストレスモデルにおけるオレキシンA分泌促進を抑制する(THE PRESS TACK NEEDLE DOWNREGULATES THE SECRETION OF OREXIN IN RATS SUBJECTED TO CHRONIC SOCIAL ISOLATION STRESS)
職歴
富山県立盲学校 教諭(2004~2007年度)、お茶の水はりきゅう専門学校 非常勤講師(2009~2010年度)、筑波大学 理療科教員養成施設 非常勤講師(2011~2013年度)、神奈川衛生学園専門学校 非常勤講師(2012~2013年度)、大川学園医療福祉専門学校 非常勤講師(2011~2013年度、2017年度~)、筑波技術大学保健科学部保健学科附属東西医学統合医療センター 助教(2014~2017年度)、筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻 助教(2018年4月~11月)、筑波技術大学保健科学部保健学科鍼灸学専攻 講師(2018年12月~)
所属学会等
日本東洋医学系物理療法学会、全日本鍼灸学会
著書・学術論文
◆福島 正也,近藤 宏,佐々木 健,緒方 昭広,藤井 亮輔. 筑波技術大学東西医学統合医療センターにおける卒後鍼灸臨床研修制度 ―施術実績に基づく制度評価の試み―. 理療教育研究. 2018;40(1):25-31. ◆福島 正也, 櫻庭 陽, 松下 昌之助, 形井 秀一. 筑波技術大学東西医学統合医療センターの国際交流 – The World Federation of Acupuncture - Moxibustion Societies (WFAS) Tokyo/Tsukuba 2016での活動報告 –. 全日本鍼灸学会雑誌. 2017;67(4):361-367. ◆Masaya Fukushima, Hinata Sakuraba, Nobuko Shiraiwa, Shonosuke Matsushita. Electroacupuncture Therapy for Auricular Paresthesia. Medical Acupuncture. 2017;29(5): 331-334. ◆Masaya Fukushima, Koichi Watanabe. The effect of electroacupuncture stimulation on shoulder flexibility in the elderly. Japanese Acupuncture and Moxibustion. 2016;Vol.12(1):19-23. ◆福島 正也, 成島 朋美, 周防 佐知江, 緒方 昭広. 統合医療システムの中でのあん摩マッサージ指圧療法の有用性と課題 ― 筑波技術大学東西医学統合医療センター あん摩・マッサージ・指圧外来統計からの考察 ―. 日本東洋医学系物理療法学会誌. 2016;41(2):65-72.
受賞等
◆昭和大学学士会 学術奨励賞(2016年 11月) ◆日本鍼灸師会 優秀学生表彰優秀学生表彰(2002年3月)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費助成事業(若手研究).視覚障がいのある学生と医療者に配慮された臨床評価支援アプリ(UD-MAP)の開発.代表.2019-2021年度.◆公益社団法人 全国病院理学療法学会 研究補助金.眼精疲労性の症候群に対するマッサージ療法の有効性に関する研究.分担. 2017年度.◆厚生労働科学特別研究 厚生労働政策推進調査事業費補助金事業.あん摩マッサージ指圧等を提供する施術所の実態に関する調査研究.分担.2016年度.◆厚生労働省「統合医療」に係る情報発信等推進事業 委託研究.あん摩・マッサージ・指圧関連文献の調査.分担.2014年度.◆日本理療科教員連盟奨励研究費助成事業.視覚障害者の施灸技術に関する研究.代表.2008.
社会貢献活動
その他活動等
◆日本東洋医学系物理療法学会 理事◆日本東洋医学系物理療法学会 財務部長◆全日本鍼灸学会 編集部員◆全日本鍼灸学会関東支部 学術部員◆国民のための鍼灸医療推進機構 鍼灸師卒後臨床研修 認定指導員


このページのトップへ戻る



保健学科理学療法学専攻の各教員個別情報

石塚 和重 (いしづか・かずしげ)

氏名
石塚 和重 (いしづか・かずしげ)/ISHIZUKA, Kazushige
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・教授
生年月
1954年8月生
担当授業科目
運動学、運動学実習、運動療法学
現在の専門分野
運動学・小児理学療法
現在の主要研究
痙性の理学療法、脳性麻痺の科学的トレーニング、障害者スポーツに関する研究
学歴
昭和54年3月 静岡大学卒業、 平成17年3月 放送大学大学院修了
学位
学術修士
学位論文題名
脳性麻痺の科学的トレーニングについて
職歴
浜松リハビリテーションセンター、静岡医療科学専門学校理学療法学科長、聖隷クリストファー大学社会福祉学部助教授
所属学会等
日本理学療法士学会、日本体力医学会
著書・学術論文
◆標準理学療法「運動療法学総論」
受賞等
◆日本障害者スポーツ功労賞◆茨城県理学療法士会功績賞
社会貢献活動
その他活動等
◆日本上田法治療国際インストラクター◆日本上田法治療研究会理事◆日本身体障害者陸上競技連盟クラス分け委員◆茨城県理学療法士会理事


このページのトップへ戻る

薄葉 眞理子 (うすば・まりこ)

氏名
薄葉 眞理子 (うすば・まりこ)/USUBA, Mariko
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・教授
担当授業科目
修学基礎A・B、リハビリテーション入門、健康と保健科学、物理療法、物理療法実習、臨床実習1~4、総合理学療法演習1~3、理学療法評価法1、理学療法評価法1実習、障害者生活環境論1、徒手的理学療法、理学療法研究法、保健科学特別研究、物理療法学特論・演習、理学療法学特別研究Ⅰ、理学療法学特別研究Ⅱ
現在の専門分野
理学療法、物理療法
現在の主要研究
視覚障害と理学療法教育
学歴
米国ミネソタ大学医学部理学療法学専攻卒業
学位
スポーツ医学博士(平成18年、筑波大学)
学位論文題名
Alteration in joint range of motion and mechanical properties of joint contracture by repeated stretching and heat modalities.
職歴
米国内病院(昭和58~60)、東京都新宿区立あゆみの家(昭和61~63)、都立医療技術短期大学理学療法学科(昭和63~平成3)、筑波技術短期大学(平成3~17)、筑波技術大学(平成17~現在)
所属学会等
日本理学療法士協会、日本物理療法学会、日本運動器疼痛学会、視覚障害リハビリテーション協会
著書・学術論文
◆赤外線療法 物理療法学テキスト シンプル理学療法学シリーズ 改訂第2版2013年 p.113-1230 南光堂 ◆Experimental Joint Contracture Correction with Low Torque-Long Duration Repeated Stretching Clinical Orthopaedics and Related Research Number 456, pp.70-78,2007 ◆Development of ankle dorsiflexion/plantarflexion exercise device with passive mechanical joint. Proceedings of the 10th IEEE International Conference on Rehabilitation Robotics. 292-297,2007 ◆Effect of Heat in Increasing the Range of Knee Motion After the Development of a Joint Contracture. Arch Phys Med Rehabil 87, No.2, 247-253, 2006. ◆伝統的マッサージ アドバンス版図解理学療法技術ガイド 第1版 2005年 p.687-708文光堂
受賞等
◆茨城県理学療法士会功績賞(2007) ◆筑波大学スポーツ医学専攻優秀論文賞(2005)
社会貢献活動
その他活動等
◆産業技術総合研究所客員研究員 ◆スペシャルオリンピクス日本 SOIクリニカルディレクター


このページのトップへ戻る

木下 裕光 (きのした・ひろあき)

氏名
木下 裕光 (きのした・ひろあき)/KINOSHITA, Hiroaki
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・教授
担当授業科目
整形外科学、整形外科学演習、リハビリテーション医学、スポーツ医学など
現在の専門分野
整形外科、スポーツ医学
現在の主要研究
障害者スポーツの安全確保と競技力向上支援
学位
博士(医学)(平成19年 筑波大学)
学位論文題名
成長期スポーツ傷害の予防システムに関する研究
所属学会等
日本整形外科学会、日本整形外科スポーツ医学会、日本臨床スポーツ医学会、中部日本整形外科災害外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本体力医学会会員、全日本鍼灸学会、日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医、厚生労働省義肢装具等適合判定医師、日本障害者スポーツ学会公認障害者スポーツ医
著書・学術論文
◆木下裕光,史野根生:【整形外科領域における内視鏡診療マニュアル】膝の骨・軟骨損傷(障害)の鏡視下診断と手術: Orthopaedics 10(13) 別冊: 1-7, 1997.◆木下裕光、宮川俊平、向井直樹、河野一郎:筋弾性計を用いた膝進展機構障害の予防指標開発の試み(第1報):日本臨床スポーツ医学会誌 12(2): 278-81, 2004.◆木下裕光、宮川俊平:【スポーツの疲労と予防策】筋のタイトネスとストレッチ:体育の科学 56(9): 710-713, 2006.◆Kinoshita, H., Miyakawa, S., Mukai, N., Kono, I.: Measurement of tissue hardness for evaluating flexibility of the knee extensor mechanism. Football Science 4: 15-20, 2006.◆木下裕光、宮川俊平、向井直樹、河野一郎:成長期男子サッカー選手における膝伸展機構の筋硬度の検討:日本整形外科スポーツ医学会誌 25(4): 399-402, 2006.◆視覚障害者サッカーにおけるスポーツ傷害発生(1年間の前向き調査).日本障害者スポーツ学会誌 21: 25-28,2012
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆平成24~26年度厚生労働省科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業) 分担研究者
社会貢献活動
その他活動等
◆日本ブラインドサッカー協会医事部長◆(公財)日本体育協会公認指導者養成講習会講師◆ (一社)大阪府サッカー協会スポーツ医学委員◆(一社)日本整形外科スポーツ医学会代議員


このページのトップへ戻る

酒井 俊 (さかい・さとし)

氏名
酒井 俊 (さかい・さとし)/SAKAI, Satoshi
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・教授
担当授業科目
内部障害理学療法学・内科学演習・医学概論・老年医学・臨床医学特論D(循環器内科学)
現在の専門分野
循環器内科学・心臓リハビリテーション・肺循環
現在の主要研究
心不全・肺高血圧症における骨格筋・心筋の質的変化の解明と治療への応用
学位
博士(医学) 1996年、筑波大学
学位論文題名
Endogenous endothelin-1 participates in the maintenance of cardiac function in rats with congestive heart failure.
職歴
1996-1999 筑波大学臨床医学系助手、2000-2001日本学術振興会特別研究員、2001-2011 筑波大学人間総合科学研究科講師、2011-2019筑波大学医学医療系講師、2019-現在 筑波技術大学保健科学部保健学科教授
所属学会等
日本内科学会・日本循環器学会・日本心臓病学会、日本肺高血圧・肺循環学会、米国心臓学会、欧州心臓学会、他
著書・学術論文
◆Kimura T, Tajiri K, Sato A, Sakai S, et al. Tenascin-C accelerates adverse ventricular remodeling after myocardial infarction by modulating macrophage polarization. Cardiovasc Res.115, 614-624, 2019.◆Sakai S, et al. Antagonists to endothelin receptor type B promote apoptosis in human pulmonary arterial smooth muscle cells. Life Sci. 159, 116-120, 2016.◆Sakai S, et al. Involvement of peptidyl-prolyl isomerase Pin1 in the inhibitory effect of fluvastatin on endothelin-1-induced cardiomyocyte hypertrophy. Life Sci. 102, 98-104, 2014.◆Sakai S, et al. Long-term endothelin receptor antagonist administration improves alterations in expression of various cardiac genes in failing myocardium of rats with heart failure. Circulation. 101, 2849-2853, 2000.◆Sakai S, et al. Inhibition of myocardial endothelin pathway improves long-term survival in heart failure. Nature. 384, 353-355, 1996.
受賞等
◆1995 第4回国際エンドセリン会議 Young Investigator’s Award◆1996 第38回国際血管病学会Young Investigator’s Award ◆1999 第47回日本心臓病学会Young Investigator’s Award ◆2009 第4回「高血圧と冠動脈疾患研究会」優秀奨励賞
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2016-2018 基盤研究(B)(代表)「肺高血圧進展におけるプロリン異性化酵素Pin1の役割解明と新規治療法の開発」◆2015-2016 挑戦的萌芽研究(代表)「肺高血圧症におけるポリアミン系活性化の意義解明と新規治療法の開発」◆2013-2015基盤研究(B)(代表)「マイクロRNAの発現変動を切り口とした肺動脈性肺高血圧症の理解と新治療法の探索」◆2010-2012 基盤研究(C)(代表)「新規肥満モデルが血圧上昇をきたすメカニズムの解明と高血圧の予防・治療への応用」◆2017-2019基盤研究(C)(分担)「歯根膜由来骨格筋細胞を用いた心筋梗塞に対する新規細胞治療法の開発」
社会貢献活動
その他活動等
◆日本心不全学会(評議員)◆国際心臓研究学会日本支部(評議員)◆日本薬理学会(評議員)◆OSCE(客観的臨床能力試験) 審査官 ◆茨城県難病指定医


このページのトップへ戻る

松下 昌之助 (まつした・しょうのすけ)

氏名
松下 昌之助 (まつした・しょうのすけ)/MATSUSHITA, Shonosuke
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・教授
担当授業科目
医学概論、内部障害理学療法学、内科学演習、老年医学、臨床医学特論(循環器内科学)
現在の専門分野
循環器内科学
現在の主要研究
放射光による血管医学研究
学歴
筑波大学 医学専門学群卒業
学位
博士(医学)(1993年、筑波大学)
学位論文題名
「Signal-averaged ECGの開心術への応用」
職歴
東京都立墨東病院外科(1981-1983)、米国オハイオ州クリーブランドクリニック人工臓器研究所(1983-1985)、筑波大学附属病院循環器外科(1985-1989)、東取手病院(1993-2002)、筑波大学臨床医学系循環器外科(2002-2011)、筑波技術大学保健科学部保健学科理学療法学専攻(2011-現在)
所属学会等
日本外科学会、日本循環器学会、日本胸部外科学会、日本不整脈心電学会、日本人工臓器学会、日本肺高血圧・肺循環学会、The American Physiological Society
著書・学術論文
◆Sakamoto H, Matsushita S, et al. A new technique of in vivo synchrotron radiation coronary microangiography in the rat. Acta Radiol 56(9):1105-1107, 2015. ◆Ito H, Matsushita S, et al. Focusing on delayed clearance for identifying small-sized metastatic lung tumors using synchrotron radiation angiography with a highly sensitive receiver. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 62:553-559, 2014. ◆Ito H, Matsushita S, et al. Analysis of pulmonary peripheral perfusion by synchrotron radiation micro-angiography with high sensitive receiver in pulmonary emphysema rat model. Journal of Synchrotron Radiation 20: 376-382, 2013. ◆Konishi T, Matsushita S, et al. Reducing the dose of contrast medium in angiography by use of a highly sensitive receiver and synchrotron radiation system. Am J Roentgenol 197:W1-W6, 2011. ◆Matsushita S, et al. The minimum coronary artery diameter in which coronary spasm can be identified by synchrotron radiation coronary angiography. Eur J Radiol 68S: S84-S88, 2008
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆基盤B、平成15~17年度、「放射光による冠動脈微小循環ならびに新生血管の可視化の研究」、(分担)◆基盤C、平成20~22年度、「血管造影で使用する造影剤はどこまで減らせるか」、(代表)◆基盤C、平成23~25 年度、「放射光血管造影を用いた転移性肺腫瘍の早期診断の可能性」、(分担)◆挑戦的萌芽研究、平成25~26年度、「鍼を用いた心臓副交感神経の賦活化とその糖尿病、心不全への応用」、(代表)◆基盤C、平成27 ~29 年度、「放射光肺動脈造影による微小肺腫瘍の自動検出」、(代表)
社会貢献活動
その他活動等
◆日本不整脈心電学会評議員◆日本人工臓器学会評議員◆日本循環器学会専門医◆日本外科学会認定登録医◆日本肺高血圧・肺循環学会評議員


このページのトップへ戻る

井口 正樹 (いぐち・まさき)

氏名
井口 正樹 (いぐち・まさき)/IGUCHI, Masaki
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・准教授
生年月
1973年2月生
担当授業科目
理学療法入門、医学英語、異文化コミュニケーション、神経筋疾患理学療法学、同実習、整形外科疾患理学療法学、同実習、運動制御特論・演習
現在の専門分野
理学療法学
現在の主要研究
運動制御に関する研究
学歴
1995年 筑波技術短期大学(現 筑波技術大学)卒業、2001年 米国ベネディクティン大学卒業 、2009年 米国アイオワ大学大学院博士課程修了
学位
博士(身体リハビリテーション科学、2009年、米国アイオワ大学)
学位論文題名
WHOLE BODY HEAT STRESS: INFLUENCE ON CARDIOVASCULAR RESPONSES, HUMORAL FACTORS, AND MUSCLE FATIGUE IN HUMANS
職歴
国保成東病院(現 さんむ医療センター)(1995~1999)、栗山中央病院(2001~2002)、勝田病院(2009~2012)、筑波技術大学講師(2012~2018)、筑波技術大学准教授(2018~現在)
所属学会等
日本理学療法士協会、国際電気生理学運動学学会
著書・学術論文
◆The degree of postural automaticity influences the prime movement and the anticipatory postural adjustments during standing in healthy young individuals. Hum Mov Sci. 2018 Aug;60:131-138. ◆Comparative effects of auditory electromyographic biofeedback for participants who are blind and sighted. Percept Mot Skills. 2018 Aug;125(4):732-748. ◆Reduced health-related quality of life among Japanese college students with visual impairment. Biopsychosoc Med. 2015 Aug 29;9:18. ◆Heat stress and cardiovascular, hormonal, and heat shock proteins in humans. J Athl Train. 2012;47(2):184-90. ◆Dynamic-position-sense impairment's independence of perceived knee function in women with ACL reconstruction. J Sport Rehabil. 2012;21(1):44-53.
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト:◆科学研究費助成事業(基盤研究C).視覚障害者の運動機能の特徴とバイオフィードバックを用いたトレーニングに関する研究.代表.2018.4~2021.3. ◆科学研究費助成事業(基盤研究C).片麻痺患者に対する聴覚バイオフィードバックによる運動制御に関する研究.代表.2014.4~2018.3./dd>
社会貢献活動
その他活動等
◆米国アイオワ大学医学部理学療法・リハビリテーション科学学科 研究員(adjunct assistant faculty, 2009~現在)


このページのトップへ戻る

三浦 美佐 (みうら・みさ)

氏名
三浦 美佐 (みうら・みさ)/MIURA, Misa
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・准教授
担当授業科目
内部障害学特論・演習、内部障害理学療法学実習、運動療法基礎、運動療法基礎実習、理学療法評価法1、理学療法評価法1実習、障害者生活環境論2、修学基礎A・B、理学療法研究法、健康と保健科学、臨床実習I~IV、総合理学療法演習I~III、理学療法学特別研究I、理学療法学特別研究II
現在の専門分野
内部障害理学療法学分野
現在の主要研究
内部障害者に対する科学的な理学療法アプローチの確立
学歴
2010年3月東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程修了
学位
博士(医学)(2010年 東北大学)
学位論文題名
虚弱高齢者に対する 腹部表面電気刺激が腹筋群および 身体機能に与える影響
職歴
宮城県内病院(H9-H11)、仙台市障害者福祉センター(H12-15)、理学療法士養成専門学校 (H15-22)、宮城県内介護老人保健施設(H22-H23)、東北大学(H23-25) 、筑波技術大学(H25-現在)
所属学会等
日本理学療法士協会、日本リハビリテーション医学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本腎臓リハビリテーション学会、日本透析医学会、日本酸化ストレス学会、日本運動療法学会、理学療法科学会
著書・学術論文
◆重複障害のリハビリテーション. 三輪書店(東京都文京区).2015 ◆包括的呼吸リハビリテーション.診断と治療社(東京都千代田区).2013 ◆Effects of electrical stimulation on muscle power and biochemical markers during hemodialysis in elderly patients: a pilot randomized clinical trial. Renal Replacement Therapy 4(1),2018 ◆Training with an Electric Exercise Bike versus a Conventional Exercise Bike during Hemodialysis for Patients with End-stage Renal Disease: A Randomized Clinical Trial. Progress in Rehabilitation Medicine,2017 ◆Music Attenuated a Decrease in Parasympathetic Nervous System Activity after Exercise. PLoS One. 3;11(2). 2016
受賞等
2018年度日本リハビリテーション医学会 国際誌最優秀賞、2016年度理学療法士会 学術賞
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆高齢慢性腎不全患者への運動による廃用予防の研究 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)代表 研究期間: 2015年4月 - 2018年3月 ◆透析導入防止・腎臓機能障害進行防止をめざした腎臓リハビリテーション物理療法の確立 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(分担) 研究期間: 2015年4月 - 2018年3月 ◆腎臓リハビリテーションによる酸化ストレスコントロール 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(分担) 研究期間: 2015年4月 - 2018年3月 ◆慢性腎不全患者に対する運動が腎性貧血因子に与える影響の検討 日本腎臓財団: 腎不全病態研究助成 研究期間: 2016年8月 - 2017年3月 代表者: 三浦 美佐 ◆腎機能障害患者への電気刺激及び運動療法の有効性の確立 日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)代表 研究期間: 2012年4月 - 2015年3月 代表者: 三浦 美佐 ◆電気刺激による筋力維持・廃用防止と膀胱機能改善効果の確立:リハ物理療法の新展開 日本学術振興会: 科学技術研究費(分担) 研究期間: 2012年4月 - 2014年3月
社会貢献活動
その他活動等
◆専門理学療法士(内部障害)◆心臓リハビリテーション指導士◆腎臓リハビリテーション指導士◆日本腎臓リハビリテーション学会 幹事 ◆東北大学大学院医学系研究科 障害科学専攻機能医科学講座内部障害学分野 非常勤講師◆第7回-第8回日本腎臓リハビリテーション学会 プログラム委員◆介護支援専門員


このページのトップへ戻る

中村 直子 (なかむら・なおこ)

氏名
中村 直子 (なかむら・なおこ)/NAKAMURA, Naoko
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・助教
担当授業科目
基礎運動学1・2、基礎運動学実習、臨床運動学、運動学概論、体表解剖学及び触察法、疼痛学
現在の専門分野
理学療法学、基礎運動学
現在の主要研究
視覚障害者の頚部負担について
学歴
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻修了
学位
体育学修士(平成21年度 筑波大学)
学位論文題名
タイプ別脳性マヒ者における筋の特性:筋力・筋断面積・動作速度による分析
職歴
浜松リハビリテーションセンター(H6-10)、村上医院(H11)、松田医院(H12-13)、根室市役所(H13-14)、常葉リハビリテーション病院(H17-19)、常葉学園医療専門学校(H18-19)
所属学会等
日本理学療法士協会、日本体育学会、日本ロービジョン学会、視覚障害リハビリテーション協会
著書・学術論文
◆「坐位・膝立ち位・立位における脳性麻痺児の重心図について.療育Vol.38,1997 ◆「坐位・膝立ち位・立位における脳性麻痺児の重心図と姿勢間の相互関係について(健常者)」理学療法学Vol.23,1996 ◆タイプ別脳性マヒ者における筋と動作の関係性:筋力・筋断面積・動作速度によ
る分析,上田法治療ジャーナルvol21,No1,pp.3-12,2010
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆平成20~22年度科学研究費補助金(若手研究(B)) ◆平成24~26年度科学研究費補助金(若手研究(B))


このページのトップへ戻る

松井 康 (まつい・やすし)

氏名
松井 康 (まつい・やすし)/MATSUI, Yasushi
所属・職位
保健科学部 保健学科 理学療法学専攻・助教
生年月
1986年7月生
担当授業科目
総合理学療法演習1・2・3、基礎運動学実習、疼痛学、理学療法評価法2、理学療法評価法2実習、物理療法実習、日常生活活動実習 など
現在の専門分野
スポーツ医学、障害者スポーツ
現在の主要研究
障害者スポーツ選手の身体機能に関する研究、アミノ酸摂取が身体に及ぼす影響、筋疲労に関する研究
学歴
2009年 北海道大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業、2011年 筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻修了、2019年 筑波大学大学院人間総合科学研究科3年制博士課程スポーツ医学専攻修了
学位
博士(スポーツ医学)(平成31年 筑波大学)
学位論文題名
アミノ酸摂取が運動時の筋損傷に及ぼす影響 ータウリンとロイシンに注目してーー
職歴
筑波技術大学 保健科学部(2011年-現在)
所属学会等
日本理学療法士協会、日本臨床スポーツ医学会、日本体力医学会、日本物理療法学会、日本ストレングス&コンディショニング協会
著書・学術論文
◆公益財団法人日本サッカー協会医学委員会編.コーチとプレーヤーのためのサッカー医学テキスト 第2版.金原出版. 2019;分担執筆、「視覚障がい者サッカー」を担当. ◆Matsui Y, Takayanagi S, Ohira T, Watanabe M, Murano H, Furuhata Y, Miyakawa S: Effect of a leucine-enriched essential amino acids mixture on muscle recovery. Journal of Physical Therapy Science. 2019; 31(1): 95-101. ◆松井康, 木下裕光, 福永克己, 佐久間亨: ブラインドサッカーにおけるPKの得点率とボール速度との関係.日本障害者スポーツ学会誌.2017; 25: 40-42. ◆松井康, 今井智子, 永井智, 小林直行, 渡邊昌宏, 近藤宏, 宮川俊平: 運動前のタウリン摂取が筋疲労に及ぼす影響.理学療法科学.2016;31(3):389-393. ◆松井康, 木下裕光, 石塚和重, 福永克己, 増成暁彦, 増成暁彦, 香田泰子, 飛松好子: ブラインドサッカー日本代表選手の下肢筋力に関する研究-晴眼サッカー選手との比較-.日本障害者スポーツ学会誌.2016;24:31-35. ◆松井康, 渡邊昌宏, 木下裕光, 石塚和重, 福永克己, 香田泰子, 増成暁彦, 増成暁彦, 飛松好子: ブラインドサッカー日本代表選手の心肺持久力に関する研究-晴眼者との比較-.日本障害者スポーツ学会誌.2016;24:52-56. ◆松井康, 石塚和重, 大圖仁美, 渡邊昌宏, 大越教夫: 視覚障害を持つ学生への効果的な理学療法士国家試験対策.理学療法科学.2014; 29(3) : 335-339.
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆レーベル遺伝性視神経症の持久力について -ミトコンドリアDNAの変異に着目して-. 2018-2020年度科学研究費補助金(若手研究・代表)
社会貢献活動
その他活動等
◆日本ブラインドサッカー協会 医事部(2012-) ◆ブラインドサッカー日本代表メディカルスタッフ帯同(IBSAブラインドサッカー世界選手権2014、IBSAブラインドサッカーアジア選手権2015(リオパラ予選)・アジア選手権2017、IBSAブラインドサッカーワールドグランプリ2018・同2019など) ◆日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー現場実習受け入れ(2016-)


このページのトップへ戻る


情報システム学科の各教員個別情報

岡本 健 (おかもと・たけし)

氏名
岡本 健 (おかもと・たけし) /OKAMOTO, Takeshi
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
担当授業科目
Cプログラミング・同演習、情報基礎2・同演習、情報理論、ソフトウェア工学、情報セキュリティ・同演習、情報セキュリティ特論
現在の専門分野
暗号・情報セキュリティ
現在の主要研究
福祉情報工学
学歴
北陸先端科学技術大学院大学博士課程修了
学位
博士(情報科学)
学位論文題名
Design and analysis of practical digital signature schemes
職歴
東京電機大学助手(2002~2003)、筑波大学講師(2003~2008)、 筑波技術大学准教授(2008~2018)、 筑波技術大学教授(2018~現在に至る)
所属学会等
情報処理学会、電子情報通信学会
著書・学術論文
◆An Accessible CAPTCHA system for People with Visual Disability, Generation of Human/Computer Distinguish Test with Documents on the Net, International Conference on Human-Computer Interaction (HCI2014), 2014. ◆Strongly unforgeable ID-based signatures without random oracles, the International Journal of Applied Cryptography (IJACT), 2010. ◆Sender Authenticated Key Agreements Without Random Oracles, IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E92-A, No.8, pp.1787-1794, 2009. ◆1-out-of-n Oblivious Signatures, Information Security Practice and Experience Conference (ISPEC), Springer LNCS 4991, pp.45-55, 2008. ◆リスク工学シリーズ - リスク工学の基礎, コロナ社, 共著, 2008.
受賞等
◆2007年度 情報処理学会 論文賞 ◆2000年度 情報処理学会 山下記念研究賞
社会貢献活動
その他活動等
◆情報処理学会 論文誌特集号幹事(2013年9月号, 2014年9月号) ◆電子情報通信学会 英文論文誌 暗号と情報セキュリティ小特集号 編集幹事(2010年1月号, 2011年1月号) ◆情報処理学会 論文誌ジャーナル編集委員(2008年度~2011年度) ◆General Co-chair, International Conference on Pairing-based Cryptography, Springer LNCS(Pairing 2007, Pairing 2008) ◆CRYPTREC IDベース暗号を中心としたペアリング技術賞委員会委員(2008年度)


このページのトップへ戻る

大西 淳児 (おおにし・じゅんじ)

氏名
大西 淳児 (おおにし・じゅんじ)/ONISHI, Junji
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
担当授業科目
Webアクセシビリティ、Webプログラミング,ネットワークプログラミング1,ネットワークプログラミング2,システム設計論,システム設計論演習、コンピュータグラフィックス、コンピュータグラフィックス演習,情報システム特別研究,情報システム特別実習 (大学院)障害補償ソフトウェア工学特論,情報工学・感覚工学特論,システム設計特論,システム設計特論演習,情報システム特別研究1、情報システム特別研究2
現在の専門分野
福祉情報工学,特別支援教育,画像処理,信号処理,データハイディング,情報セキュリティ
現在の主要研究
インクルージョン教育時代を踏まえた視覚障害者のための教育支援ツール等の開発研究
学歴
慶応義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻後期博士課程修了
学位
博士(工学)(2000年,慶應義塾大学 甲第1804号)
学位論文題名
ウェーブレット変換を利用したディジタル画像への電子透かし法に関する研究
職歴
1991-2003 防衛庁航空自衛隊、2003-2004 株式会社TECHSTAN、2004-2005 日本薬科大学、2005-現在 筑波技術大学
所属学会等
電子情報通信学会,IEEE,電気学会,ライフサポート学会
著書・学術論文
◆ニューアルゴリズムによる画像処理システム事例解説・トリケップス・第6章担当.◆An Interactive Musical Scale Presentation System via Tactile Sense Through Haptic Actuator. Kazuki Nakada,Junji Onishi,Masatsugu Sakajiri, 2018 IEEE International Symposium on Haptic, Audio and Visual Environments and Games, HAVE 2018, Dalian, China, September 20-21, 2018 1-4 2018年◆Virtual Museum for People with Low Vision: Comparison of the Experience on Flat and Head-Mounted Displays., Takahiro Miura,Gentaro Ando,Junji Onishi,Masaki Matsuo,Masatsugu Sakajiri,Tsukasa Ono, Computers Helping People with Special Needs - 16th International Conference, ICCHP 2018, Linz, Austria, July 11-13, 2018, Proceedings, Part II 246-249 2018年◆AcouSTTic: A Training Application of Acoustic Sense on Sound Table Tennis (STT)., Takahiro Miura,Masaya Fujito,Masaki Matsuo,Masatsugu Sakajiri,Junji Onishi,Tsukasa Ono, Computers Helping People with Special Needs - 16th International Conference, ICCHP 2018, Linz, Austria, July 11-13, 2018, Proceedings, Part II 3-11 2018年◆Takahiro Miura, Shimpei Soga, Masaki Matsuo, Masatsugu Sakajiri, Junji Onishi, Tsukasa Ono. GoalBaural: A Training Application for Goalball-related Aural Sense. Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference, pages 20:1-20:5, New York, NY, USA, 2018. ACM◆Tadahiro Sakai, Takuya H, a, Masatsugu Sakajiri, Toshihiro Shimizu, Nobuyuki Hiruma, Junji Onishi. Development of Tactile-Proprioceptive Display and Effect Evaluation. JACIII, 21(1): 87-99, 2017◆Masaki Matsuo, Takahiro Miura, Masatsugu Sakajiri, Junji Onishi, Tsukasa Ono. Experience Report of a Blind Gamer to Develop and Improve the Accessible Action RPG ShadowRine for Visually Impaired Gamers. Journal on Technology & Persons with Disabilities, 5(22): 171-191, 2017.◆Masaki Matsuo, Takahiro Miura, Masatsugu Sakajiri, Junji Onishi, Tsukasa Ono. Inclusive Side-Scrolling Action Game Securing Accessibility for Visually Impaired People. Human-Computer Interaction - {INTERACT} 2017 - 16th {IFIP} {TC} 13 International Conference, Mumbai, India, September 25-29, 2017, Proceedings, Part {IV}, pages 410-414, 2017.◆視覚障害者のアクセシビリティに配慮したアクションRPG:全盲者向け開発環境とゲーム本体の開発, 松尾政輝, 坂尻正次, 三浦貴大, 大西淳児, 小野束, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌 21(2) 303‐312-312
受賞等
2018年12月:電子情報通信学会平成30年度ヒューマンコミュニケーション賞、2019年3月:第28回ライフサポート学会フロンティア講演会奨励賞(卒研指導学生)、2018年3月:第27回ライフサポート学会フロンティア講演会奨励賞(卒研指導学生)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費補助金・基盤研究(B)「視覚障害学生教育のための直接かつ直感的情報アクセス基盤の構築」(代表,研究期間:2018年4月1日~2022年3月31日) ◆科学研究費補助金・基盤研究(B)「視盲ろう者の歌唱支援のための触覚フィードバック音声ピッチ制御システムの教育への応用」(分担,研究期間:2018年4月1日~2023年3月31日) ◆科学研究費補助金・挑戦的研究(萌芽)「視覚障害者のスポーツ競技支援のための音響学的研究と訓練用アプリケーションの開発」(分担,研究期間:2018年6月29日~2021年3月31日) ◆科学研究費補助金・基盤研究(C)「次世代インタフェースを踏まえた視覚障害者の直感的直接情報アクセスに関する基礎研究」(代表,研究期間:2015年4月1日~2018年3月31日) ◆科学研究費補助金・基盤研究(B)「視覚障害者の能動的タッチスクリーン機器活用のための開発ー教育ー評価サイクル確立」(分担,研究期間:2014年4月1日~2017年3月31日) ◆科学研究費補助金・基盤研究(C)「視覚障害者教育のための言語化困難な映像情報提示・教育・学習方法に関する基礎研究 」(代表,研究期間:2012年4月1日~2015年3月31日) ◆科学研究費補助金・基盤研究(C)「視覚障害者のための空間情報テキスト表現化と学習支援教材開発の基礎的研究」(代表,研究期間:2009年度~2011年度) ◆NHK放送技術研究所との研究協力プロジェクト「2次元情報の触覚提示技術の開発と評価の研究」 ◆株式会社インテックとの研究協力プロジェクト「視覚障害者向け商品認識システムの研究開発」 ◆株式会社プログレステクノロジーズとの研究協力「デジタル・ディバイド解消に向けた技術等研究開発」外部指導者
社会貢献活動
その他活動等
◆電子情報通信学会論文誌査読委員 2005年〜現在 ◆電気学会・知覚情報研究会・波動の横断的センシングシステム協同研究委員会幹事 2018年4月〜現在 ◆ライフサポート学会評議員 2017年4月〜現在 ◆IEEE SMC2014 Program Committee ◆マイクロソフト支援技術パートナーズ プログラム (MATPP) メンバー ◆シーズ発掘試験査読評価委員(JSTサテライト茨城)2007年4月1日〜2009年3月31日 ◆次期障害者雇用支援システム構築及び保守業務一式の調達に係わる企画提案書評価委員会委員 2017年10月20日〜2018年3月31日


このページのトップへ戻る

坂尻 正次 (さかじり・まさつぐ)

氏名
坂尻 正次 (さかじり・まさつぐ)/SAKAJIRI, Masatsugu
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
生年月
1967年生
担当授業科目
情報基礎1・同演習、情報基礎2・同演習、ネットワークコミュニケーション、オフィス情報処理入門、データ処理1・同演習、Webアクセシビリティ、障害補償技術論、障害補償技術特論、情報工学・感覚工学特論
現在の専門分野
福祉工学、障害補償工学
現在の主要研究
盲ろう者・聴覚障害者のための触覚フィードバックによる音声ピッチ制御
学歴
北海道大学大学院工学研究科生体工学専攻 修士課程 修了、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻 博士課程 修了
学位
工学修士(1993年3月、北海道大学)、博士(工学)(2010年9月、東京大学)
学位論文題名
博士論文 「盲ろう者のための触覚によるコミュニケーション支援技術の開発とその評価」
職歴
1993年4月~1996年3月 (株)日本製鋼所室蘭研究所・研究員 1997年4月~2005年3月 (独)高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業総合センター・研究員 2005年4月~2005年9月 筑波技術短期大学視覚部情報処理学科・助教授 2005年10月~2015年3月 筑波技術大学保健科学部情報システム学科・准教授 2015年4月~現在 筑波技術大学保健科学部情報システム学科・教授
所属学会等
ライフサポート学会、電子情報通信学会、情報処理学会、日本生活支援工学会、視覚障害リハビリテーション協会、日本リハビリテーション工学協会、全国盲ろう教育研究会など
著書・学術論文
◆Sakajiri M, Miyoshi S, Onishi J, Ono T, Ifukube T. Tactile pitch feedback system for deafblind or hearing impaired persons -Singing accuracy of hearing persons under conditions of added noise-. Proceedings of the 2014 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence in Robotic Rehabilitation and Assistive Technologies, 2014:31-35.◆Sakajiri M, Miyoshi S, Nakamura K, Fukushima S, Ifukube T. Accuracy of voice pitch control in singing using tactile voice pitch feedback display. 2013 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics. 2013:4201-4206.◆Sakajiri M, Miyoshi S, Nakamura K, Fukushima S, Ifukube T. Effect of voice pitch control training using a two-dimensional tactile feedback display system. 2012 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics. 2012: 2937-2941.◆Sakajiri M, Miyoshi S, Nakamura K, Fukushima S, Ifukube T. Voice Pitch Control Ability of Hearing Persons With or Without Tactile Feedback Using a Two-Dimensional Tactile Display System. 2011 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics. 2011:1069-1073.◆坂尻正次,三好茂樹,中邑賢龍,福島智,伊福部達.触覚フィードバックを用いた音声ピッチ制御方式による盲ろう者の歌唱訓練.ライフサポート誌.2010:22(4): 3-10.
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆基盤研究(C),平成27~29年度, 盲ろう者の歌唱支援のための触覚フィードバック音声ピッチ制御システムの実用化研究.代表◆基盤研究(B),平成26~28年度,視覚障害者の能動的タッチスクリーン機器活用のための開発-教育-評価サイクル確立,代表者:小野束・名誉教授,分担◆基盤研究(B),平成26~30年度,感覚・コミュニケーションを支援するウェアラブル触覚インタフェースの実用化研究,代表者:伊福部達・東大名誉教授,分担◆基盤研究(C),平成24~26年度,盲ろう者の歌唱支援のための触覚フィードバックによる音声ピッチ制御の訓練効果と機序.代表◆基盤研究(C),平成21~23年度,盲ろう者・聴覚障害者の歌唱支援のための触覚フィードバックによる音声ピッチ制御.代表◆基盤研究(C),平成18~20年度,盲ろう者のコミュニケーション支援のための触覚刺激による韻律情報呈示方式の研究.代表
受賞等
◆電子情報通信学会HCGシンポジウム2012年度学生インタラクティブ奨励賞(2012年12月)
社会貢献活動
その他活動等
◆ライフサポート学会・視聴覚障害者バリアフリー技術研究会・委員長◆ライフサポート学会・評議員◆日本生活支援工学会・評議員◆電子情報通信学会・論文査読委員◆筑波技術大学パソコンボランティアサークル・顧問


このページのトップへ戻る

嶋村 幸仁 (しまむら・ゆきひと)

氏名
嶋村 幸仁 (しまむら・ゆきひと)/SHIMAMURA,Yukihito
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
生年月
1967年生
担当授業科目
(大学院)技術経営戦略特論、情報システム学特別研究、起業論・演習、(学部)経営学総論、経営戦略論1,2、マーケティング論1,2、情報と社会環境、情報システム特別研究、鍼灸あん摩マッサージ指圧院起業論、キャリア開発など
現在の専門分野
経営戦略、MOT、リスクマネジメント
現在の主要研究
経営戦略、企業成長戦略、環境経営、MOT、リスク管理
学歴
東京情報大学大学院経営情報学研究科博士後期課程修了
学位
博士(経営情報学)(2006年、東京情報大学)
学位論文題名
企業における環境危機対応モデルに関する研究
職歴
神奈川県庁(1988年~2012年)、筑波技術大学(2012年~現在)
所属学会等
日本品質管理学会、日本経営システム学会、安全工学会など
著書・学術論文
◆環境経営入門【第2版】(日科技連出版社、2013年)、◆売れる技術経営82の視点(JIPMソリューション、2009年)、◆技術経営(MOT)における成長プロセスと新製品開発に関する研究(日本経営システム学会誌.2018)、◆ A Study on Risk Cost in Environmental AccountingA Study on Risk Cost in Environmental Accounting(ANQ2018)、A study on examination of Corporate Environmental Risk Management(ANQ2016)、◆リスク概念と視覚障害者のハザード要因に関する研究(安全工学会、2014年)◆A Study on RoHS Regulations Using the Environmental Crisis Management Model(ICBI2014)、◆開発チェーンとそのシステム化に関する考察 ~新製品のための素材及び製造法決定プロセスについて~(日本ロジスティクスシステム学会誌、2012年)など
受賞等
◆神奈川県職員功績賞(「技術経営(MOT)セミナー企画実施」神奈川県商工労働部長表彰、2005年)、◆神奈川県職員功績賞(「ものづくり技術支援強化3年・3倍増活動達成」神奈川県知事表彰、2006年)、◆神奈川県事務改善提案表彰(「ものづくりQL2(クオリティレベル2倍)活動達成」神奈川県知事表彰、2007年)、◆神奈川県職員功績賞(「創業期・製品化支援モデル事業実施」神奈川県商工労働部長表彰、2007年)、◆神奈川県職員功績賞(「戦略的商品開発支援事業実施」神奈川県商工労働部長表彰、2009年)など
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆石油安全基盤整備事業(国プロ)「石油産業におけるヒヤリハット事故の解析に関する研究」、◆地方の元気再生事業(国プロ)「小田原木製品新分野開拓研究調査」、◆三菱財団社会福祉事業研究助成金「視覚障害者目的地誘導システムに関する実証研究」など
社会貢献活動
その他活動等
◆経済産業大臣登録 中小企業診断士、◆一般社団法人エコステージ協会評価委員など


このページのトップへ戻る

関田 巖 (せきた・いわお)

氏名
関田 巖 (せきた・いわお)/SEKITA, Iwao
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
担当授業科目
情報科学概論、移動支援工学演習、技術英語1、多変量解析、コンピュータグラフィックス・同演習、マルチメディア・同演習、総合情報システム特別講義、情報構造論特論、情報システム学特別研究1
現在の専門分野
パターン認識、視覚障がい者歩行支援(ガイドヘルプ)、聴覚障がい者情報保障(パソコン要約筆記)
現在の主要研究
視覚障害学生の学習時のバリア低減化に関する研究、ガイドヘルプ技術向上に関する研究、パソコン要約筆記技術向上に関する研究
学歴
筑波大学大学院博士課程工学研究科
学位
工学博士(1988、筑波大学)
学位論文題名
AASによる反復近似法とその手書き文字認識への応用
職歴
電子技術総合研究所(現 産業技術総合研究所)18年、2006年4月より現職
所属学会等
電子情報通信学会、IEEE
著書・学術論文
◆村上琢磨、関田巖:目の不自由な方を誘導するガイドヘルプの基本(第2版)、文光堂 (2009) ◆大津展之、栗田多喜夫、関田巖:パターン認識-理論と応用-、朝倉書店(1996) ◆Iwao SEKITA, Takio KURITA, Nobuyuki OTSU: Complex autoregressive model for shape recognition, IEEE Trans. Pattern Anal. & Machine Intell., Vol.14, No.4, pp.489-496 (1992)
受賞等
◆若手のためのPRU&CVワークショップ ベストポスター賞 (1994)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆巽久行、宮川正弘、関田巖、村井保之、高木昇:公共サインを目印とした弱視の歩行訓練映像シミュレータの開発、科学研究補助金(2009年度~2010年度) ◆関田巖:視野狭窄障害者によるソフトウェア開発を効率化するための技術開発、シーズ発掘試験(2006年度)
社会貢献活動
その他活動等
◆パソコン要約筆記を行う「NPO法人PCY298(ピーシーワイつくば)」(http://www.pcy298.com)代表 ◆ガイドヘルパーを養成する「NPO法人視覚障がい者支援しろがめ」(http://shirogame.com)副代表


このページのトップへ戻る

巽 久行 (たつみ・ひさゆき)

氏名
巽 久行 (たつみ・ひさゆき)/TATSUMI, Hisayuki
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・教授
担当授業科目
技術英語2,Java入門・同演習,ゲームAI,アルゴリズム論1・2,データベース1・2/以上学部、情報論理特論,知能システム特論/以上大学院
現在の専門分野
情報システム
現在の主要研究
視覚障害補償技術、多値論理、感性情報学、ソフトコンピューティング
学歴
明治大学大学院工学研究科博士後期課程修了
学位
工学博士(1985年3月、明治大学)
学位論文題名
論理関数の数え上げに関する研究
職歴
神奈川工科大学(1986年4月~2002年3月)、筑波技術大学(2002年4月~現在に至る)
所属学会等
電子情報通信学会、情報処理学会、日本知能情報ファジィ学会、人工知能学会、ヒューマンインタフェース学会、IEEE
著書・学術論文
◆“Semirigid Systems of Three Equivalence Relations”, Delhomme C., Miyakawa M., Pouzet M., Rosenberg I. G., Tatsumi H.; Journal of Multiple-Valued Logic and Soft Computing, Vol.28, No.4-5, pp.511-535, May 2017. ◆“Low Vision Aid through Laser Retina Imaging --- Toward Building Eyesight-Aid ---”, Murai Y., Suzuki M., Sugawara M., Tatsumi H., Miyakawa M.; IEEE Proc. 2016 Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics, DOI 10.1109/SMC.2016.1093, pp.361-366, Oct. 2016. ◆“Touch Tracking Analysis for Graphics Image Acquisition by the Visually Impaired --- Toward Understanding Graphical Image Creation by Touch-Sensing ---”, Murai Y., Tatsumi H., Sekita I., Miyakawa M.; IEEE Proc. 2016 Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics, DOI 10.1109/SMC.2016.1094, pp.367-372, Oct. 2016. ◆“Synchronization and Sharing Information of Tactile Map with Online Map, --- An Online Navigation Tool for the Visually Impaired ---”, Tatsumi H., Murai Y., Sekita I., Miyakawa M.; IEEE Proc. 2015 Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics, DOI 10.1109/SMC.2015.412, pp.2354-2359, Oct. 2015. ◆“Cane Walk in the Virtual Reality Space using Virtual Haptic Sensing, --- Toward Developing Haptic VR Technologies for the Visually Impaired ---”, Tatsumi H., Murai Y., Sekita I., Tokumasu S., Miyakawa M.; IEEE Proc. 2015 Int. Conf. on Systems, Man and Cybernetics, DOI 10.1109/SMC.2015.413, pp.2360-2365, Oct. 2015.
受賞等
◆情報処理学会,平成15年度・論文賞(2004年5月) ◆多値論理研究会,表彰(2000年7月, 2012年1月)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆日本学術振興会・科学研究費補助金(基盤研究A),触知の向上による視覚障碍者のオブジェクト認識意識の拡充(研究代表者,2018年4月~2012年3月) ◆日本学術振興会・科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),筆位置を音色で確認できる視覚障碍者用音響ペンの提案(研究代表者,2016年4月~2018年3月) ◆日本学術振興会・科学研究費補助金(基盤研究B),仮想現実への汎用触知インタフェースの開発(研究代表者,2013年4月~2016年3月) ◆日本学術振興会・科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究),触地図とオンライン地図との情報共有化手法の提案(研究代表者,2013年4月~2015年3月) ◆日本学術振興会・科学研究費補助金(基盤研究B),公共サインを目印とした弱視の歩行訓練映像シミュレータの開発(研究代表者,2009年4月~2012年3月)
社会貢献活動
その他活動等
◆多値論理研究会委員・同オブザーバー


このページのトップへ戻る

河原 正治 (かわはら・まさじ)

氏名
河原 正治 (かわはら・まさじ)/KAWAHARA Masaji
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・准教授
生年月
1962年4月生
担当授業科目
インターネット技術入門、サーバOS入門、ネットワークシステム管理技術1および2、ネットワーク応用システム設計・管理1および2、コンピュータネットワーク特論、インターネット技術応用特論
現在の専門分野
電子計算機工学
現在の主要研究
ソフトウェア超流通
学歴
1990.3 筑波大学大学院理工学研究科修了
学位
博士(理学)(2003、お茶の水女子大学)
学位論文題名
電子的著作権管理技術とその応用に関する研究
職歴
富士通4年、筑波大学助手(電子情報工学系)1年、筑波技術大学(1992.4~現在)
所属学会等
情報処理学会、電子情報通信学会,ACM
著書・学術論文
◆超流通における使用記録の回収とプライバシー保護(情報処理学会論文誌,2000) ◆Superdistribution : An Electronic Infrastructure for the Economyof the Future (情報処理学会論文誌, 1997)
受賞等
◆2002年7月 情報処理学会 山下記念研究賞
社会貢献活動
その他活動等
◆日本電子工業振興協会 ソフトウェア超流通技術専門委員, 幹事(1991.4~1999.3) ◆情報処理学会 学会誌編集委員(アプリケーション分野)(1998.4~2002.3) ◆報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会 幹事(2000.4~2004.3) ◆第2回情報科学技術フォーラム(FIT2002) プログラム委員(2002.9~2003.3) ◆日本規格協会 コンテンツ流通市場形成に関する標準化調査研究委員会委員(2003.4~2006.3)


このページのトップへ戻る

小林 真 (こばやし・まこと)

氏名
小林 真 (こばやし・まこと)/KOBAYASHI, Makoto
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・准教授
生年月
1971年3月生
担当授業科目
情報基礎1、同演習、システムプログラミング、同演習、プレゼンテーション、ディジタル信号解析入門、音声化インタフェース論1、同2、感性情報処理、メカトロニクス、情報システム特別研究、障害補償機器特論、情報工学・感覚工学特論
現在の専門分野
福祉工学
現在の主要研究
障害者スポーツ支援機器やコミュニケーション支援機器の開発
学歴
筑波大学大学院博士課程工学研究科中途退学
学位
博士(工学)(2002年 筑波大学)
学位論文題名
音響的手法による視覚障害者用行動支援システムの研究
職歴
筑波技術短期大学情報処理学科助手(1996.10~2002.12) 同講師(2003.1~2005.9) 東京家政学院つくば女子大学非常勤講師(2000.4~2005.3) カールスルーエ大学客員研究員(2004.12~2005.9) 筑波技術大学情報システム学科助教授(2005.10~2007.3) 同准教授(2007.4~現在に至る)
所属学会等
電子情報通信学会、ヒューマンインタフェース学会、バイオメカニズム学会
著書・学術論文
◆A Basic Inspection of Wall-Climbing Support System for the Visually Challenged,Comp uters Helping People with Special Needs, Springer(2010) ◆Voice Browser for Groupware systems: VoBG,Computers Helping People with Special Needs, Springer(2008) ◆Multimedi a Communication System for the Blind, Intelligent Paradigms for Assistive and Preventive Healthcare, Studies in Computational Intelligence 19, Springer(2006) ◆Internet Chat System for the Deaf-Blind Using Doubled Braille Display -DB4DB, Computers Helping People with Special Needs, Springer(2006) ◆Communication System for the Blind Using Tactile Displays and Ultrasonic Pens -MIMIZU- ,Computers Helping People with Special Needs, Springer(2004)
受賞等
◆2003年10月優秀プレゼンテー ション賞 ヒューマンインタフェース学会「触覚ディスプレイを用いた視覚障害者用エンターテインメントシステム」 ◆2003年3月学術奨励賞 ヒューマンインタフェース学会「視覚障害者のためのマルチメディア漢字学習システム」 ◆2001年10月優秀プレゼンテー ション賞 ヒューマンインタフェース学会「ペン入力装置を備えた触覚ディスプレイによる盲教育」
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費補助金若手(B)2008年度~2010年度「ウォールクライミングを視覚障害者が自立して楽しむための情報伝達システム」◆新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム平成19年度~22年度「視・聴覚障害学生の専門性を高める学習支援」◆科学研究費補助金若手(B)2005年度~2006年度「視覚障害ベースの盲聾者用コミュニケーションシステム」◆科学研究費補助金基盤(C)2003年度~2004年度「触覚ディスプレイを用いた視覚障害者用エンターテイメントシステム」◆科学研究費補助金基盤(C)2001年度~2002年度「3次元音響と触覚ディスプレイを利用した視覚障害者用マルチメディア端末」
社会貢献活動
その他活動等
◆平成22年度厚生労働省・障害者自立支援機器等開発促進事業評価検討会構成員 ◆平成22年度ヒューマンインタフェース学会事業委員会委員・専門研究会委員 ◆平成21年度人間工学JIS X8341-6原案作成委員会委員 ◆平成21~23年度JST支援事業「『科学へジャンプ』視覚障害者全国ネットワークの構築」検討委員会委員


このページのトップへ戻る

福永 克己 (ふくなが・よしき)

氏名
福永 克己 (ふくなが・よしき)/FUKUNAGA Yoshiki
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・講師
生年月
1973年1月生
担当授業科目
情報基礎1、情報基礎演習1、情報基礎2、情報基礎演習2、情報システム概論1、情報システム概論2、総合情報システム特別研究、視覚情報処理特論(大学院)、情報工学・感覚工学特論(大学院)
現在の専門分野
視覚情報処理学、障害者スポーツ、スポーツ音響
現在の主要研究
ブラインドサッカー競技での聴覚活用に関する基礎的検討
学歴
1996年3月 大阪大学 工学部 情報システム工学科 卒業、1998年3月 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程 修了、2001年3月 同 博士後期課程 研究指導認定退学
学位
博士(工学)(2001年、奈良先端科学技術大学院大学)
学位論文題名
面の傾き知覚決定機構に関する研究
職歴
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) (2001.4~2001.6)、 (独)産業技術総合研究所(2001.7~2003.3, 2006.4~2007.6)、(独)製品評価技術基盤機構(2002.11~2006.3)、筑波技術大学(2007.7~現在)
所属学会等
日本視覚学会、日本障害者スポーツ学会、日本音響学会
著書・学術論文
◆視覚障害者スポーツ選手における安全確保と競技向上に関する実態調査 日本障害者スポーツ学会誌(2015) ◆ブラインドサッカー選手の競技支援に関する研究 日本障害者スポーツ学会誌(2017) ◆ブラインドサッカーにおけるPKの得点率とボール速度との関係. 日本障害者スポーツ学会誌(2017) ◆視覚障害を有する大学生の視覚障者スポーツ参加状況及び意識に関する調査 日本障害者スポーツ学会誌(2019)
受賞等
◆ブラインドサッカー日本代表GK (2009)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆2018年度〜2020年度 科学研究費補助金(萌芽・分担)視覚障害者のスポーツ競技支援のための音響学的研究と訓練用アプリケーションの開発. ◆2018年度〜2021年度 科学研究費補助金(基盤C・分担)視覚障害教育における情報障害支援のための学習ツールの開発とタブレット端末の活用. ◆2012年度~2014年度 厚生労働省科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業) 障害者のスポーツにおける障害と種目特性に関連した競技力向上等に関わる研究 ◆2009年度~2010年度 科学研究費補助金(基盤B・分担) 公共空間において場所及び方向を示す音案内の新しいデザイン方法
社会貢献活動
その他活動等
◆ブラインドサッカー日本代表コーチ(2010~現在) ◆全国障害者技能競技大会(アビリンピック) パソコン操作競技専門委員(2017〜現在) ◆なないろサッカーフェスティバル実行委員(2017〜現在) ◆東京都オリンピック・パラリンピック教育推進支援事業教育プログラム講師(2018〜現在) ◆国際スポーツボランティア育成プログラム講師 ◆筑波大学非常勤講師(2019〜現在)


このページのトップへ戻る


堀江 則之 (ほりえ・のりゆき)

氏名
堀江 則之 (ほりえ・のりゆき)/HORIE,Noriyuki
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・講師
生年月
1979年8月生
担当授業科目
学部)経営情報概論1・同2、流通システム論1・同2、生産システム論1・同2、総合情報システム特別研究、(大学院)ビジネスデータ分析特論
現在の専門分野
経営情報学
現在の主要研究
商品に対する消費者の価値評価、ビジネスモデル
学歴
東京情報大学大学院経営情報学研究科博士後期課程退学
学位
博士(総合情報学)(2013年 東京情報大学)
学位論文題名
環境配慮商品に対する消費者の意識に関する研究 ―支払意思額推定モデルの比較―
職歴
國學院大學栃木短期大学商学科専任講師(2007.4~2012.3)、同日本文化学科専任講師(2012.4~2013.3)、同准教授(2013.4~2015.7)、筑波技術大学情報システム学科講師(2015.8~現在に至る)
所属学会等
日本経営システム学会、日本品質管理学会、商品開発・管理学会、情報処理学会、日本マネジメント学会
著書・学術論文
◆Comparative Study on the Estimation Models for the Willingness-to-Pay of the Attribute (ANQ Congress 2015)◆環境経営入門【第2版】(日科技連出版社、2013年)◆グリーン購入ネットワーク登録商品に対する消費者の理解と意識について(日本経営システム学会誌、2006年)◆A Study on Consumer's Conceptual Image for an Environmentally Conscious Product(EcoDesign 2005)◆A Study on Consumer's Attitude to the Registered Products of Green Purchasing Network(ICQ 2005)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆平成24年度 和光大学研究プロジェクト、町田市・川崎市における地域企業の挑戦-新事業分野への取り組みと雇用創出へ向けて-
社会貢献活動
その他活動等
◆栃木市情報化計画に関する懇談会座長(2014~2015年)


このページのトップへ戻る

鶴見 昌代 (つるみ・まさよ)

氏名
鶴見 昌代(つるみ・まさよ)/TSURUMI, Masayo
所属・職位
保健科学部 情報システム学科・助教
担当授業科目
情報基礎1&同演習1,情報基礎2&同演習2,総合情報システム特別実習,意思決定特論(大学院)
現在の専門分野
ゲーム理論,意思決定論,音声インタフェース,プログラミング教育
現在の主要研究
音声インタフェースの高機能化に即した視覚障害者向けプログラミング教育および意思決定論
学歴
大阪大学人間科学部卒業,大阪大学大学院工学研究科博士前期課程修了,大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了
学位
修士(工学)(大阪大学),博士(工学)(大阪大学)
学位論文題名
Solution Concepts in Cooperative Fuzzy Games and Minimum Spanning Tree Games
職歴
日本学術振興会特別研究員PD,東京理科大学理工学部助手,大阪大学大学院基礎工学研究科助手,大阪大学コミュニケーションデザインセンター助手(兼任),大阪大学大学院基礎工学研究科助教,大阪大学コミュニケーションデザインセンター助教(兼任),筑波大学システム情報系URA,筑波大学システム情報系非常勤研究員,統計数理研究所共同研究員,筑波技術大学保健科学部助教(現在に至る)
所属学会等
日本オペレーションズ・リサーチ学会,システム制御情報学会,ライフサポート学会
著書・学術論文
◆Masayo Tsurumi, A Generalized Deegan-Packel Index and its Application, 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, pp.3107-3112 (2018)◆Masayo Tsurumi, Takuma Sato, Masahiro Inuiguchi, An axiomatic characterization of the Banzhaf function for cooperative fuzzy games, Proceedings of Czech-Japan Seminar on Data Analysis & Decision Making under Uncertainty, pp.6-13 (2012)◆Masahiro Inuiguchi, Masayo Tsurumi, Measures Based on Upper Approximations of Rough Sets for Analysis of Attribute Importance and Interaction, International Journal of Innovative Computing, Information & Control, Vol. 2, No. 1, pp.1-12 (2006)◆Masayo Tsurumi, Tetsuzo Tanino, Masahiro Inuiguchi, Nonsymmetric Values in Cooperative Games and Their Application, Proceedings of The Second International Conference on Nonlinear Analysis and Convex Analysis, pp. 507-516 (2003) ◆Masayo Tsurumi, Tetsuzo Tanino, Masahiro Inuiguchi, A Shapley Function on a Class of Cooperative Fuzzy Games, European Journal of Operational Research, Vol.129, No.3, pp.596-618 (2001)
受賞等
◆システム制御情報学会 学会賞奨励賞(2002年)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費補助金 基盤研究(C)(2019年度~2022年度)「音声インタフェースの高機能化に即した視覚障害者向けプログラミング教育基盤の再構築」(代表)◆電気通信普及財団研究調査助成(2019年度)◆科学研究費補助金 若手研究(B)(2012年度~2014年度)「協力ゲームの解の拡張とその応用―より合理的な意思決定支援のために―」(代表)◆科学研究費補助金 若手研究(B)(2007年度~2008年度)「協力ゲームにおける定式化と解の拡張に関する研究」(代表)◆科学研究費補助金 若手研究(B)(2004年度~2006年度)「協力ゲームおよびその解の一般化と応用に関する研究」(代表)◆科学研究費補助金 特別研究員奨励費(2000年度~2001年度)「協力ファジィゲームと最適化問題から生じる協力ゲームにおける解概念」(代表)
社会貢献活動
その他活動等
◆Organizing Committee Chair -- The 15th Czech-Japan Seminar on Data Analysis and Decision Making under Uncertainty (CJS2012)(2012年)◆システム情報学会電子情報委員◆日本オペレーションズ・リサーチ学会研究会幹事(2004年度~2006年度)◆京都数理解析研究所研究集会「決定理論と最適化アルゴリズム」研究副代表者(2004年)◆Conference Secretariat -- The Fifth International Conference on Multi-Objective Programming and Goal Programming : Theory & Applications(2002年)


このページのトップへ戻る

附属東西医学統合医療センターの各教員個別情報

平山 暁 (ひらやま・あき)

氏名
平山 暁 (ひらやま・あき)/HIRAYAMA, Aki
所属・職位
保健科学部附属東西医学統合医療センター・教授、保健管理センター長
生年月
1967年生
担当授業科目
内科学1,内科学2,臨床医学特論E
現在の専門分野
内科学,腎臓内科学,漢方医学,酸化ストレス医学
現在の主要研究
伝統的漢方病態の映像化,漢方薬の酸化ストレス平衡に及ぼす効果の研究,臨床的酸化ストレス評価法の研究,酸化ストレス制御治療の研究,電子スピン共鳴法の医学応用に関する研究
学歴
1991年 筑波大学医学専門学群卒
学位
博士(医学)筑波大学 1999年
学位論文題名
S-Nitrosothiols are Stored by Platelets and Released during Platelet-Neutrophil Interactions.
職歴
平成3年4月1日筑波大学附属病院 内科 研修医、平成5年4月1日筑波大学附属病院腎臓内科(派遣先:県西総合病院、上都賀総合病院、筑波学園病院)、平成8年4月1日 Institute of Urology & Nephrology, University College London. Visiting Research Fellow、平成9年10月1日つくばセントラル病院 内科部長、平成11年12月1日筑波大学臨床医学系講師 内科学(腎)、平成15年3月4日大学院博士課程研究指導補助教員(研究指導の補助並びに講義(及び実験)担当適格者):D合判定、平成15年4月1日筑波大学大学院人間総合科学研究科講師 病態制御医学専攻腎臓病態医学、平成19年11月16日筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター 特任教授 (内科学)、平成20年7月1日、筑波技術大学保健科学部附属東西医学統合医療センター 教授 (内科学) 現在に至る
所属学会等
日本内科学会(総合内科専門医)、日本腎臓学会(腎臓専門医、指導医、評議員)、日本透析医学会(透析専門医、指導医)、日本東洋医学会(漢方専門医),日本酸化ストレス学会(理事,評議員)、電子スピンサイエンス学会、日本NO学会、腎とフリーラジカル研究会(会長)、米国内科学会(Fellow)、米国腎臓学会、国際腎臓学会、国際フリーラジカル学会
著書・学術論文
◆Hirayama A, Oowada S, Ito H, Matsui H, Ueda A, Aoyagi K. Clinical significance of redox effects of Kampo formulae, a traditional Japanese herbal medicine: comprehensive estimation of multiple antioxidative activities. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 62 (1), 39-48 ,2018 ◆Tomita T, Hirayama A, Matsui H, Aoyagi K. Effect of keishibukuryogan, a Japanese traditional Kampo prescription, on improvement of microcirculation and oketsu and induction of endothelial nitric oxide: A live imaging study. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine vol. 2017, Article ID 3620130, 7 pages, 2017. doi:10.1155/2017/3620130 (共同筆頭著者,corresoponding author) ◆Hosoo H, Marushima A, Nagasaki Y, Hirayama A, Ito H, Puentes S, Mujagic A, Tsurushima H, Suzuki K, Matsui H, Matsumura Y. Neurovascular Unit Protection Using Nitroxide Radicals-containing Nanoparticles (RNP) for Cerebral Ischemia-reperfusion Injury in Mice. Stroke, pii: STROKEAHA.116.016356. doi: 10.1161/STROKEAHA.116.016356. 2017. ◆Hirayama A, Okamoto T, Kimura S, Nagano Y, Matsui H, Tomita T, Oowada S, Aoyagi K. Kangen-karyu raises surface body temperature through oxidative stress modification. Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition 58 (3): 167-173, 2016. doi.org/10.3164/jcbn.15-135 ◆Nagasaki Y, Yaguchi T, Matsumura T, Yoshitomi T, Ikeda Y, Ueda A, Hirayama A. Design and use of silica-containing redox nanoparticles, siRNPs, for high-performance peritoneal dialysis. Biomater. Sci., 2014,2, 522-529, 2014. DOI: 10.1039/C3BM60236B ◆Yoshitomi T, Hirayama A, Nagasaki Y. The ROS scavenging and renal protective effects of pH-responsive nitroxide radical-containing nanoparticles. Biomaterials. 32(31):8021-8, 2011. ◆原著学術論文81件(うち英文79件)、総説19件、著書52件
受賞等
◆日本酸化ストレス学会学術賞 日本酸化ストレス学会 2016.8 ◆第40回「漢方研究」イスクラ奨励賞「漢方薬のNO・活性酸素及びその連鎖反応への作用と血流改善効果」 2016.2 ◆Best abstract award, 16th Congress of the International Society for Peritoneal Dialysis (ISPD 2016) Development of silica-containing redox nano-particle for prevention of encapsulating peritoneal sclerosis and high performance peritoneal dialysis. 2016.2 ◆第27回日本フリーラジカル学会学術奨励賞 (The SFRR Japan Award for Young Scientists) 「高血圧性腎障害における腎レドックス変化と降圧剤による抗酸化効果 −降圧効果と抗酸化効果−」 2005.6 ◆平成17年度電子スピンサイエンス学会奨励賞 「進行性腎疾患研究におけるESR,特にin vivo ESRの応用研究」 2005.10 ◆第13回内科学会奨励賞 (Young Investigator's Award of the Japanese Society of Internal Medicine) 腎性貧血における過酸化脂質動態-エリスロポエチン必要量と血清・赤血球膜脂質過酸化物の関連- 日本内科学会 2000.4
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆平山 暁,植田 敦志,富田 勉.補腎剤の抗酸化機序の解明による,プロオキシダントを用いた酸化ストレス治療の開拓 平成30-32年度 日本学術振興会科学研究費助成事業基盤研究(C)(一般) ◆丸島愛樹,長崎幸夫,平山 暁,松村 明,松丸祐司,鶴嶋英夫,Sandra Puentes,鈴木謙介,滝川知司.脳卒中の予後改善を目的とした新たな治療法の開発研究 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業 平成29-30年度  ◆平山 暁,植田敦志,三浦美佐,上月正博.酸化ストレスコントロールを指向した腎臓リハビリテーション.日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(挑戦的萌芽研究)平成27-29年度 代表 ◆平山 暁.長崎幸夫.生体適合性を高め長期腹膜透析を可能とする機能性レドックスナノ粒子の開発 日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金(基盤研究(C)))平成24-26年度 ◆平山 暁 レドックスセンサー機能と腎保護効果を併せ持つナノ粒子抗酸化剤の開発 平成21-23年度 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(C)(一般)  ◆長崎幸夫,植田敦志,平山 暁,池田 豊,吉富 徹.腹膜透析液用レドックスナノ吸着剤の開発 平成23年度調査研究助成金 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 ◆稲葉洋平(災害医学研究部門・災害放射線医学分野),千田浩一,盛武敬(筑波大学),平山暁(筑波技術大学).血液中フリーラジカル定量による低線量被曝スクリーニング法の開発(新規)平成25年度東北大学災害科学国際研究所 特定プロジェクト研究【共同研究】B
社会貢献活動
その他活動等
◆自閉症スペクトラム障害の判定方法と判定用キット 平山 暁,松﨑 秀夫.特願2016-170479 平成28年9月1日 ◆Organic-inorganic hybrid complex of high-molecular-weight nitroxide compound and inorganic particle 高分子環状ニトロキシドラジカル化合物とシリカの有機—無機ハイブリッド複合体 長崎幸夫,池田 豊,吉冨 徹,矢口達也,山下真代,ホサイン モハメド アムラン,吉成友貴,植田敦志,平山 暁.(米国特許査定 US9,333,265 B2 2016.5.10 – 2033.2.6,中国特許査定 ZL201380017711.3 2016.8.24,日本国特許査定 特許第6083814号(P6083814) 2017.2.22) ◆高分子環状ニトロキシドラジカル化合物およびその使用 Polymerized cyclic nitroxide radical compound, and use thereof. Nagasaki Y, Yoshitomi T, Matsui H, Hirayama A, Mamiya T, Matsumura A, Suzuki K, Tsurushima H, Marushima A, Toh K, Miyamoto D.特願2008-120626及び2008-178150国際公開番WO/2009/133647,国際出願番号:PCT/JP2008/072467,国際公開日:2009.11.5,国際出願日:2008.12.4  US20110142787 A1, US 12/990,575 公開2011.6.16, 出願2008.12.4CA2723118A1, US8980241, WO2009133647A1 ◆国立大学法人保健管理施設協議会 障害学生修学支援に関する特別委員会委員 2010-


このページのトップへ戻る

櫻庭 陽 (さくらば・ひなた)

氏名
櫻庭 陽 (さくらば・ひなた)/SAKURABA, Hinata
所属・職位
保健科学部 附属東西医学統合医療センター・准教授
生年月
1974年4月生
担当授業科目
臨床実習1・2、臨床カンファレンス1・2、医療概論、鍼灸関係法規
現在の専門分野
臨床鍼灸学、運動・スポーツ科学
現在の主要研究
透析医療における鍼灸、M-Testに関する研究、運動およびスポーツと鍼灸に関する研究、鍼灸師の卒後教育
学歴
上越教育大学学校教育学部卒業(1997)、北海道鍼灸専門学校卒業(2000)、筑波大学大学院修士課程医科学研究科修了(2002)、三重大学大学院医学系研究科システム神経科学単位取得後満期退学(2009)
学位
修士(医科学)
学位論文題名
垂直眼球運動に関与する前庭神経上核ニューロンの特性
職歴
鈴鹿医療科学大学(2004.4-2009.9)
所属学会等
全日本鍼灸学会、日本温泉物理医学会、日本生理学会、日本自律神経学会、日本頭痛学会、日本体力医学会、日本透析医学会、日本統合医療学会、日本東洋医学会、日本臨床スポーツ医学会、ケアワークモデル研究会、臨床スポーツ鍼灸研究会
著書・学術論文
◆血液透析患者に対する鍼治療と効果について. 鍼灸OSAKA.◆Sports Acupuncture: The Meridian Test and Its Applications. (共著) Eastland Press.◆血液透析患者のQOL維持・向上を目指した鍼治療の導入とその効果に関する研究 -かゆみを対象とした鍼治療の実践-. 腎臓.◆経絡テストの有用性についてのアンケート調査. 全日本鍼灸学会誌. ◆スポーツ鍼灸ハンドブック(共著) 文光堂.
受賞等
◆第11回JACT-第7回JIM合同大会2007 JACT大会長賞(2007)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェク
◆平成27年セイリン株式会社受託研究費「新しい鍼灸の創出に関する研究」(代表者) ◆東洋療法研修試験財団平成27年度鍼灸等研究費「スポーツ分野における鍼灸マッサージに関するシステマティック・レビュー」(分担者) ◆平成23, 24年全日本鍼灸学会研究助成「透析患者のRestless legs syndromeに対する灸治療の有用性について」(代表者) ◆平成18年独立行政法人科学技術振興機構科学技術振興調整費「統合医療の科学的評価法開発と臨床指針作成」(分担者) ◆平成18年度(財)日本腎臓財団公募助成「血液透析患者のQOL維持・向上を目指した鍼治療の導入とその効果に関する研究」(代表者)
社会貢献活動
その他活動等
◆学校法人滋慶学園東京メディカル・スポーツ専門学校教育課程編成員(2015年~) ◆(公社)全日本鍼灸学会スポーツ鍼灸委員会委員(2014年~) ◆国民のための鍼灸医療推進機構(AcuPOPJ)鍼灸師卒後臨床研修認定指導員(2014年~) ◆ケアワークモデル研究会M-Testインストラクター(2013年~)


このページのトップへ戻る

佐久間 亨 (さくま・とおる)

氏名
佐久間 亨 (さくま・とおる)/SAKUMA, Toru
所属・職位
保健科学部 附属東西医学統合医療センター・講師
生年月
1981年1月生
担当授業科目
疼痛学、徒手的理学療法学、臨床運動学特論・演習
現在の専門分野
身体運動のバイオメカニクス的研究
現在の主要研究
障害者スポーツ、視覚障害と理学療法教育
学歴
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程体育学専攻修了
学位
博士(体育科学)(平成29年、筑波大学)
学位論文題名
高齢者における体幹傾斜歩行のバイオメカニクス的基礎研究:体幹の姿勢変化に対する下肢動作の変容に着目して
職歴
JAとりで総合医療センター(2003-2008)筑波技術大学 保健科学部(2009-現在)
所属学会等
日本理学療法士協会、日本体育学会、日本バイオメカニクス学会、日本ロービジョン学会、日本バイオメカニズム学会、日本障害者スポーツ学会
著書・学術論文
◆佐久間 亨,阿江通良:体幹の前後傾が歩行動作の力学的エネルギー利用の有効性に及ぼす影響.バイオメカニズム学会誌.36(1), 42-49, 2012.◆佐久間亨,木下裕光,石塚和重,福永克己,香田泰子,渡邊昌宏,飛松好子:ブラインドサッカー選手のインステップキックに関するキネマティクス的研究.日本障害者スポーツ学会誌.23, 35-41, 2015.◆佐久間亨,阿江通良,小林育斗:脊柱変形が歩行中の左右下肢間における力学的エネルギーの流れに及ぼす影響.理学療法学.42(7), 575-585, 2015.◆佐久間亨,阿江通良,小林育斗:高齢者における体幹姿勢が歩行動作の力学的エネルギー利用の有効性に及ぼす影響.バイオメカニクス研究.19(4), 192-200, 2015.◆佐久間亨,阿江通良,小林育斗:変形性脊椎症患者の歩行動作に及ぼすリュックサック型体幹装具の効果に関するバイオメカニクス的研究.バイオメカニズム学会誌.40(3), 205-211, 2016.
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆科学研究費助成事業(若手B)2016-2019年度「視覚障害者スポーツのための触覚フィードバックシステムの開発」(代表)◆科学研究費助成事業(若手B)2019-2022年度「視覚障害補償機能を備えた動作分析シミュレータの開発」(代表)

成島 朋美(なるしま・ともみ)

氏名
成島 朋美(なるしま・ともみ)/NARUSHIMA, Tomomi
所属・職位
保健科学部附属東西医学統合医療センター・助教
生年月
1981年4月生
担当授業科目
臨床実習1・2、臨床カンファレンス1・2
現在の専門分野
鍼灸手技療法学
現在の主要研究
鍼灸手技療法における臨床研究および卒後教育に関する研究
学歴
埼玉大学教養学部卒業(2004),日本鍼灸理療専門学校卒業(2009),放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了(2016)
学位
修士(学術)(2016年 放送大学)
学位論文題名
麻酔ラット体幹部灸刺激による胃運動抑制反応の神経性機序
職歴
筑波技術大学保健科学部(2010.2-2016.3),埼玉県立特別支援学校塙保己一学園高等部専攻科(2016.4-2018.3)
所属学会等
全日本鍼灸学会,日本自律神経学会
著書・学術論文
◆石塚和重,野口栄太郎,三宅輝久.平成24年度文部科学省特別教育研究経費(高度な専門職業人の養成や専門教育機能の充実)報告書 視覚に障害をもつ医療系学生のための教育高度化改善事業―視覚障害学生の医療レベル技術向上と就業支援の改善―.国立大学法人筑波技術大学保健科学部(つくば).2013.総60ページ(共著)成島朋美,津嘉山洋,佐々木健,殿山希,大越教夫:手技外来特別実習ⅡにおけるUSBによる施術記録に関する取り組み.(分担執筆)◆成島朋美,水出靖,野口栄太郎.腹部へのマッサージ様軽擦刺激が麻酔ラット胃内圧に与える影響とその神経性調節機構.自律神経.2014;51(1):41-47.◆成島朋美,野口栄太郎.インプラント手術後の感覚障害に対する鍼治療の1症例.現代鍼灸学会.2011;11:13-17. 
社会貢献活動・その他活動等
◆現代医療鍼灸臨床研究会 評議員


このページのトップへ戻る

杉田 洋介 (すぎた・ようすけ)

氏名
杉田 洋介 (すぎた・ようすけ)/SUGITA, Yosuke
所属・職位
保健科学部附属東西医学統合医療センター・助手
担当授業科目
なし
現在の専門分野
スポーツ医学
現在の主要研究
脂質代謝,エネルギー代謝
学歴
筑波大学大学院人間総合科学研究科
学位
修士(保健学)(平成27年,筑波大学大学院)
職歴
国立病院機構(2006-2014),筑波技術大学保健科学部(2015-現在)
所属学会等
日本理学療法士協会,日本体力医学会,日本心臓リハビリテーション学会
著書・学術論文
◆脳血管障害.メヂカルフレンド社,2008 ◆廃用症候群患者の歩行能力回復に影響する因子ならびにCut-off値の検討.理学療法科学.32(4),537-541,2017. ◆非肥満性2 型糖尿病患者における有酸素運動と経口血糖降下薬の併用が運動耐容能ならびに骨格筋エネルギー代謝におよぼす影響.理学療法-臨床・研究・教育.25(1),(印刷中),2018. ◆非肥満性2 型糖尿病患者における異なる強度の有酸素運動が骨格筋細胞内脂質量およびインスリン抵抗性におよぼす影響.理学療法-臨床・研究・教育.25(1),(印刷中),2018. ◆地域在住高齢者における超音波による大腿部骨格筋評価と転倒経験の関連性. ヘルスプロモーション理学療法研究.8(1),(印刷中),2018.
受賞等
◆第25回埼玉県理学療法学会奨励賞受賞.強度の異なる有酸素運動が骨格筋細胞内脂質量およびインスリン感受性に及ぼす影響.
社会貢献活動
その他活動等
心臓リハビリテーション指導士


このページのトップへ戻る

竹下 浩 (たけした・ひろし)

氏名
竹下 浩 (たけした・ひろし)/TAKESHITA, Hiroshi
所属・職位
学長付(保健科学部兼任) 教授
担当授業科目
障害者社会参加論
現在の専門分野
障害者就労支援、技能科学、イノベーション
現在の主要研究
障害者の就労スキル開発、技能熟達メカニズム、イノベーションの要因
学歴
Warwick Business School (UK) 修士課程修了、青山大学大学院国際マネジメント研究科博士後期課程修了、九州大学大学院人間環境学府行動システム専攻博士後期課程修了
学位
修士(MBA)(2005年、Warwick Business School)、博士(経営管理)(2010年、青山学院大学)、博士(心理学)(2016年、九州大学)
学位論文題名
修士論文” The China Direct Investment Advisory Service-A Challenge to Apply Consulting on SMEs in a Japanese Commercial Bank” 博士論文(経営管理)「新興国市場における外部知見の活用:中国日系企業の実証研究」 博士論文(心理学)「チームワークが革新能力形成に及ぼす影響」
職歴
みずほ銀行(1986年~2004年)、ベネッセコーポレーション(2004年~2014年)、職業能力開発総合大学校(2014年~2018年)、筑波技術大学(2018年~現在)
所属学会等
産業・組織心理学会、日本教育心理学会、経営行動科学学会、日本職業リハビリテーション学会、日本教育工学会など
著書・学術論文
◆就労移行支援員の心理的変容過程,産業・組織心理学研究, 33(1),in press, 2019 ◆「技能」を科学する:視覚障害者雇用促進に向けて, 筑波技術大学テクノレポート, 26(2), total 7 pages, 2019 ◆障害者雇用促進に応用教育心理学ができること:視覚障害学生教育における「タスク×スキル接近法」の提案,日本応用教育心理学会第33回研究大会発表論文集,32-33, 2018 ◆技能競技大会出場選手の技能向上メカニズム解明への探索的研究,技能科学研究,34 52-61, 2018 ◆技能五輪チームにおける短期的技能熟達プロセス日本教育心理学会 第60回総会発表論文集,296, 2018 ◆チーム学習活動:組織的成果への影響と動機づけ要因の検討, 産業・組織心理学研究, 30(2), pp.187-197, 2017. ◆The effects of teamwork on competency-building in Manufacturing-PBL (Project-based Learning) The European Proceedings of Social & Behavioural Sciences, pp.714-724, 2016. ◆ものづくり型PBLにおけるチームワーク形成過程, 教育心理学研究, 64(3), pp.423-436, 2016.
受賞等
◆台北市國際青年商工會「ビジネス日本語」(中国語講義)最優秀講師(1991年)◆第59回全国能率連盟第Ⅱ部(論文発表大会)発表論文佳作(2007年)
外部資金獲得状況あるいは従事しているプロジェクト
◆日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C),視覚障害者の就労能力獲得過程の解明,能力開発支援プログラムの開発と実践による検証(主, 2019-2022年度) ◆日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 発達障害者への対応を学ぶ問題解決型協調学習支援システム(分担, 2014-2016年度) ◆日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 高校生の就職決定後の自己評価(納得感等に影響を与える要因と離職意識に関する研究)(分担, 2017-2019年度) ◆小学館, 刑務所における職業訓練の効果測定(主,2018-2021年度)
社会貢献活動・その他活動等
◆M-GTA研究会世話人・定例研究会委員長 ◆大阪府・静岡県オーダーメイド研修「意欲と能力の向上研修」


このページのトップへ戻る