ホーム > 学部・大学院 > 大学院 技術科学研究科 > 保健科学専攻 > 保健科学専攻3つのポリシー

保健科学専攻3つのポリシー

保健科学専攻3つのポリシー

○ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

保健科学専攻では,専門領域に関する系統的な専門知識と技術を持ち,保健・医療・福祉や情報システム分野において中核的な役割を担いうる高度専門職業人を育成することを目指しています。そのため,以下の知識,能力を身につけた者に修士の学位を授与します。

  1. 客観的なデータに基づいた論理的思考力,分析力,判断力
  2. 分かりやすく表現できる記述力,プレゼンテーション能力,発信力,他者の意見を理解し,自らの意見を表明できる応答力
  3. 専門知識,技術を活用したイノベーション創出能力

【鍼灸学】
鍼灸学を基盤知識として,広い視野に立って鍼灸学の専門性を深めることができる実践的な取組をもとに保健・医療・福祉に貢献できる能力
【理学療法学】
理学療法学を基盤知識として,広い視野に立って理学療法学の専門性を深めることができる実践的な取組をもとに保健・医療・福祉に貢献できる能力
【情報システム学】
情報科学・電子工学を基盤技術として,情報システム分野の社会的ニーズに対応した実践的な取組をもとに解析・設計し,生活を豊かにするものづくりに貢献できる能力


○カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針について)

保健科学専攻では,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)において示した知識と技術を学修するため,鍼灸学コース,理学療法学コース,情報システム学コースの3つの領域を設け,以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。また,障害に配慮した教育方法・教育環境により,学生一人ひとりが必要な能力を身に付けるよう教育します。

  1. 研究テーマに基づいて指導担当教員を決定し,その指導のもと,研究に取り組む。
  2. 個々の障害の状況,コミュニケーション方法に配慮した指導のもと,技術的議論を充分に深められる力を養う。
  3. 研究を遂行するための基礎である文献調査,調査・実験計画,分析,プレゼンテーション方法などを学ぶ。
  4. 鍼灸学コース,理学療法学コース,情報システム学コースにおいて各々の専門領域の知見を深め,かつ学際領域科目,障害者支援研究関連科目,インターンシップなどによって幅広い知識・知見を身に付ける。
  5. 研究を遂行し,その成果を修士論文としてまとめる。また,学会発表等を通して社会に発信する力を養う。

学修成果の評価としては,授業科目ごとに定めたシラバスにおいて授業内容と方法,達成目標と評価方法を明確に提示するとともに,到達目標の達成度に基づいて厳格に行います。

○アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

広い視野で社会の発展に寄与でき,保健・医療・福祉構造の変化や情報技術の高度化に対応できる高度な専門技術者・研究者・指導者の育成を目標としています。そのため,上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  1. 保健科学を学ぶために必要な基礎学力と専門知識を有し,論理的思考力,分析力によって,学修,研究を遂行できる人
  2. 向上心及び知的好奇心を維持し,未知の課題や困難な問題に対して主体的に取組み,問題を自ら解決していく能力を高めようとする人
  3. 高度な専門技術者・研究者・指導者として,鍼灸学・理学療法学及び情報システム学の知識や技術を活用し,共生社会の発展に貢献しようとする意欲のある人

[入学者選抜方針]
保健科学専攻の入学者選抜は,一般入試と社会人入試により行います。

  • 一般入試

鍼灸学・理学療法学及び情報システム学に対する知識,新しい技術に挑戦する意欲,専門的な学力等を総合的に評価し,選抜します。

  • 社会人入試

社会人として得た実績や経験を基盤として,鍼灸学・理学療法学及び情報システム学に対する知識,新しい研究に挑戦する意欲,専門的な学力等を総合的に評価し,選抜します。

鍼灸学コース 3つのポリシー

○ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

鍼灸学コースでは専門領域に関する系統的な専門知識と技術を持ち,社会において中核的な役割を担いうる高度医療専門職業人を育成することを目指しています。そのため,以下の知識,能力を身につけた者に修士(鍼灸学)の学位を授与します。

  1. 鍼灸手技療法学分野において広い視野に立った実践応用能力
  2. 鍼灸手技療法学の専門性を深めることができる研究的能力
  3. 高度医療専門職業人としての理論的・実践的能力

○カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針について)

鍼灸学コースでは高度医療職業人を育成するため,幅広い知識や能力が身につく体系的かつ学際的教育内容を含む教育課程を用意しています。鍼灸学コースでは学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)において示した能力を身につけるため以下の方針に基づいて教育課程を編成しています。

  1. 広い視野に立って実践応用的な能力を身につけることを目標とし,共通科目として,障害補償に関する講義を準備し,障害に対する課題を把握し主体的に対応する能力を養うための教育課程を編成します。また,医療系コースでは解剖学特論,生理学特論などの人体の仕組みを学修するための教育課程を編成します。また,臨床医学特論の講義を準備し,整形外科学をはじめ広い領域で医学を学修します。
  2. 鍼灸学の専門性を深めることができる研究的能力を身につけることを目標とします。そのために,鍼灸学特論,手技療法学特論など専門性を深めることができる鍼灸手技療法学を身につけます。
  3. 高度医療専門職業人としての理論的・実践的能力を身につけるために,臨床鍼灸手技療法学特論・演習において,古典医学・現代医学を学修します。また,総合臨床鍼灸学において,運動器疾患や疼痛系疾患をはじめ難治疾患,自律機能系疾患についての知識を学修し,専門生を深めます。
  4. 修士論文の研究指導は,主指導教員との副指導教員との複数指導体制とし,自らの課題意識に即した研究を進め,専門性を高めます。

学修成果の評価としては,授業科目ごとに定めたシラバスにおいて授業内容と方法,達成目標と評価方法を明確に提示するとともに,到達目標の達成度に基づいて厳格に行います。

○アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

鍼灸学コースでは視覚障害者の社会的自立や参加に貢献するための専門的かつ系統的な知識,情報,技術を提供しながら,鍼灸学の中核的な役割を担いうる高度専門職業人として教育・研究者を育成することを目標としています。そのため,次のような人を求めています。

  1. 鍼灸学を学ぶために必要な基礎的な学力,専門知識を有し,向上心の高い人
  2. 知的好奇心を持って未知なる課題や困難な問題に積極的に取り組み,問題を解決する意欲を持っている人
  3. 専門的な知識や技術を持つ教育者・研究者・指導者として,社会に積極的に参加し,共生社会の実現とその発展に貢献しようとする人


[入学者選抜方針]
鍼灸学コースの入学者選抜は,一般入試と社会人入試により行います。

  • 一般入試

鍼灸学に対する知識,新しい研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。

  • 社会人入試

社会人として得た実績や経験を基盤として,鍼灸学に対する知識,研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。

理学療法学コース 3つのポリシー

○ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

理学療法学コースでは,専門領域に関する系統的な専門知識と技術を持ち,保健・医療・福祉において中核的な役割を担いうる高度医療専門職業人を育成することを目指しています。そのため,以下の知識,能力を身につけた者に修士(理学療法学)の学位を授与します。

  1. 客観的なデータに基づいた論理的思考力,分析力,判断力
  2. 分かりやすく表現できる記述力,プレゼンテーション能力,発信力,他者の意見を理解し,自らの意見を表明できる応答力
  3. 理学療法学を基盤知識として,広い視野に立って理学療法学の専門性を深めることができる実践的な取組をもとに保健・医療・福祉に貢献できる能力
  4. 専門知識,技術を活用したイノベーション創出能力

○カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針について)

理学療法学コースでは,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)において示した知識と技術を学修するため,以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。また,障害に配慮した教育方法・教育環境により,学生一人ひとりが必要な能力を身に付けるよう教育します。

  1. 専攻共通科目,専攻医療系コース共通科目,理学療法学コース指定選択科目,保健科学特別研究を配置し,理学療法学の専門領域の知見を深め,かつ学際領域科目,障害者支援研究関連科目,医療現場における臨床実践などによって幅広い知識・知見を身に付ける。
  2. 研究テーマに基づいて指導担当教員を決定し,その指導のもと,研究に取り組む。
  3. 個々の障害の状況,コミュニケーション方法に配慮した指導のもと,技術的議論を充分に深められる力を養う。
  4. 研究を遂行するための基礎である文献調査,調査・実験計画,分析,プレゼンテーション方法などを学ぶ。
  5. 研究を遂行し,その成果を修士論文としてまとめる。また,学会発表等を通して社会に発信する力を養う。

学修成果の評価としては,授業科目ごとに定めたシラバスにおいて授業内容と方法,達成目標と評価方法を明確に提示するとともに,到達目標の達成度に基づいて厳格に行います。

○アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

理学療法学コースでは,広い視野で社会の発展に寄与でき,保健・医療・福祉構造の変化や高度化に対応できる高度な専門技術者・研究者・指導者の育成を目標としています。そのため,上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  1. 理学療法学分野における必要な基礎学力と専門知識を有し,論理的思考力,分析力によって,学修,研究を遂行できる人
  2. 向上心及び知的好奇心を維持し,未知の課題や困難な問題に対して主体的に取組み,問題を自ら解決していく能力を高めようとする人
  3. 高度な専門技術者・研究者・指導者として,保健・医療・福祉の知識や技術を活用し,社会の持続的発展に貢献しようとする意欲のある人

[入学者選抜方針]
理学療法学コースの入学者選抜は,一般入試と社会人入試により行います。

  • 一般入試

理学療法学に対する知識,研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。

  • 社会人入試

社会人として得た実績や経験を基盤として,理学療法学に対する知識,研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。

情報システム学コース 3つのポリシー

○ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

情報システム学コースでは,専門領域に関する系統的な専門知識と技術を持ち,情報システム分野において中核的な役割を担いうる高度専門職業人を育成することを目指しています。そのため,以下の知識,能力を身につけた者に修士(工学)の学位を授与します。

  1. 客観的なデータに基づいた論理的思考力,分析力,判断力
  2. 分かりやすく表現できる記述力,プレゼンテーション能力,発信力,他者の意見を理解し,自らの意見を表明できる応答力
  3. 情報科学・電子工学を基盤技術として,情報システム分野の社会的ニーズに対応した実践的な取組をもとに解析・設計し,生活を豊かにするものづくりに貢献できる能力
  4. 専門知識,技術を活用したイノベーション創出能力

○カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針について)

情報システム学コースでは,学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)において示した知識と技術を学修するため,以下の方針に基づいてカリキュラムを編成しています。また,障害に配慮した教育方法・教育環境により,学生一人ひとりが必要な能力を身に付けるよう教育します。

  1. 専攻共通科目,情報システム学コース指定選択科目,保健科学特別研究を配置し,情報システム学の専門領域の知見を深め,かつ学際領域科目などによって幅広い知識・知見を身に付ける。
  2. 研究テーマに基づいて指導担当教員を決定し,その指導のもと,研究に取り組む。
  3. 個々の障害の状況,コミュニケーション方法に配慮した指導のもと,技術的議論を充分に深められる力を養う。
  4. 研究を遂行するための基礎である文献調査,調査・実験計画,分析,プレゼンテーション方法などを学ぶ。
  5. 研究を遂行し,その成果を修士論文としてまとめる。また,学会発表等を通して社会に発信する力を養う。

学修成果の評価としては,授業科目ごとに定めたシラバスにおいて授業内容と方法,達成目標と評価方法を明確に提示するとともに,到達目標の達成度に基づいて厳格に行います。

○アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

情報システム学コースでは,広い視野で社会の発展に寄与でき,社会構造の変化や情報技術の高度化に対応できる高度な専門技術者・研究者・指導者の育成を目標としています。そのため,上記目標を達成できるような資質や意欲を持った以下のような人材を求めています。

  1. 情報システム学分野における必要な基礎学力と専門知識を有し,論理的思考力,分析力によって,学修,研究を遂行できる人
  2. 向上心及び知的好奇心を維持し,未知の課題や困難な問題に対して主体的に取組み,問題を自ら解決していく能力を高めようとする人
  3. 高度な専門技術者・研究者・指導者として,情報システム学の知識や技術を活用し,社会の持続的発展に貢献しようとする意欲のある人

[入学者選抜方針]
情報システム学コースの入学者選抜は,一般入試と社会人入試により行います。

  • 一般入試

情報システム学に対する知識,研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。

  • 社会人入試

社会人として得た実績や経験を基盤として,情報システム学に対する知識,研究に挑戦する意欲,研究を遂行するための専門的な学力等を口頭試問,書類審査にて総合的に評価し,選抜します。