ホーム > 研究・産学連携 > 注目の研究~Notable Research of NTUT~

注目の研究~Notable Research of NTUT~

ここでは、筑波技術大学ならではの注目すべき研究活動に焦点をあて、その研究トピックや人物像を紹介します。

vol.1:高精度時刻情報を保持可能な自律型IoTセンサ

産業技術学部の倉田成人教授の研究グループは、チップスケール原子時計を応用し、GPSやネットワークに依存せず、高精度な時刻情報を保持できる自律型IoTセンサの開発と適用を進めています。この技術が実用化されると、世界中どこでもセンサをばらまくだけで、正確な時刻情報を付加した計測データが得られるようになり、建築、都市、社会インフラの維持管理等を目的としたマルチモーダルな時系列ビッグデータ分析に活用できます.