スクリーンリーダーをお使いの方 筑波技術大学機関リポジトリ
 

筑波技術大学機関リポジトリ >
010 紀要・レポート >
0102 「筑波技術大学テクノレポート」 >
Vol.26 No.2 >

タイトル: 第14 回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム実施報告
別タイトル: ダイ14カイ ニホン チョウカクショウガイ ガクセイ コウトウ キョウイク シエン シンポジウム ジッシ ホウコク
Report on the Fourteenth Symposium of PEPNet-Japan
著者: 中島, 亜紀子
磯田, 恭子
萩原, 彩子
石野, 麻衣子
吉田, 未来
白澤, 麻弓
三好, 茂樹
河野, 純大
佐藤, 正幸
谷, 貴幸
井上, 正之
守屋, 誠太郎
キーワード: 高等教育
聴覚障害学生
障害学生支援
発行日: Mar-2019
出版者: 筑波技術大学学術・社会貢献推進委員会
誌名: 筑波技術大学テクノレポート
巻: 26
号: 2
開始ページ: 80
終了ページ: 85
抄録: 筑波技術大学に事務局を置く日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)は,聴覚障害学生支援に関わる情報発信と議論の場として,年1 回シンポジウムを開催してきた。第14 回を迎えた2018 年度は,障害者差別解消法が施行されてから3 年目となり,改めて聴覚障害学生への支援を見つめ直す機会とするべく,大会テーマとして「これからの聴覚障害学生支援 今『対話』を考える」を掲げて実施した。本学における教育実践報告を含め,「対話」を軸とした大小さまざまな企画を実施し,活発な情報交換と参加者間の交流および聴覚障害学生支援の将来像を見据えた議論を深める機会となった。
テキストバージョン: publisher
URI: http://hdl.handle.net/10460/1932
出現コレクション:Vol.26 No.2

全文を表示する:

ファイル 記述 サイズフォーマット
Tec26_2_14.txt20.41 kBText見る/開く
Tec26_2_14.pdf2.02 MBAdobe PDF見る/開く

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10460/1932

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください