ホーム > ニュース > 文科省委託リカレント事業 視覚障害者雇用促進ワークショップを行いました!

文科省委託リカレント事業 視覚障害者雇用促進ワークショップを行いました!

”ワークショップの様子。説明資料と参加者数名が表示されたスクリーンショット”

12月19日、文科省委託事業「聴覚・視覚障害者のための共生社会実現に向けた『超』職業実践力育成事業」の"はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧"資格を活用する専門スキル向上プログラムで予定していた、視覚障害者雇用促進ワークショップを開催しました。

本事業は10月からスタートしていて、今までに医療センター見学実習や実技実習、オンデマンド配信授業などを行っています。本事業は就職や転職支援を支援する事業であり、このワークショップは視覚障害者の雇用促進を目的に実施しました。講師は、ヘルスキーパーや機能訓練指導員として勤めている方や開業されている方、さらに視覚障害者を雇用している方々など、全7名にお願いをしました。講話では、コロナ禍における仕事や就職の状況、セルフアドボカシーや何でも積極的に取り組む姿勢が重要であることなど、雇用者や被雇用者の立場から貴重な話を伺うことができました。本事業の参加者の就職や転職の参考になったと感じています。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2021年12月23日)