ホーム > ニュース > 春日キャンパスにもボルダリングウォールを設置

春日キャンパスにもボルダリングウォールを設置

設置されたボルダリングウォール(斜めから) 設置されたボルダリングウォール(正面から)

この度、NPO法人モンキーマジック様のご厚意により、春日キャンパス体育館・トレーニングルーム内にボルダリングの仮設ウォールの設置が実現しました。

同法人は「見えない壁だって、越えられる」をコンセプトに、フリークライミングやパラクライミング(障害者クライミング)の普及活動を通じて、視覚障害者をはじめ、人々の可能性を大きく広げることを目的として活動している団体です。法人代表の小林幸一郎氏はパラクライミング(視覚障害の部)のパイオニアであり、現在、パラクライミング世界選手権を4連覇中のレジェンドです。また、本学保健科学部健康・スポーツ科目の集中授業(シーズンスポーツA)で、視覚障害学生にクライミングのご指導をいただいています。

今回の仮設ウォール設置により、本学で両キャンパスともにボルダリングを楽しむことができるようになりました。対面授業再開後には学生のみなさんの積極的な活用が期待されます。

写真は、設置されたボルダリングウォールです。

(障害者高等教育研究支援センター 天野 和彦/2020年12月15日)