ホーム > ニュース > 鍼灸学専攻4年生、国家試験を終え次の目標へ前進

鍼灸学専攻4年生、国家試験を終え次の目標へ前進

写真は、卒業生のような新緑の若芽を多くつけた、大学構内の桜3月26日 木曜日に第28回はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師国家試験の合格発表がありました。令和元年度卒業生は全員合格には至りませんでしたが、はり師87.5%(全国平均73.6%)、きゅう師87.5%(全国平均74.3%)、あん摩マッサージ指圧師89.5%(全国平均84.7%)と健闘しました。多くの卒業生は新しい就職先や進学先での生活を始めています。今回合格にあと一歩届かなかった卒業生も次回合格の夢に向けて既に準備を始めており、彼らへの継続的なサポートを引き続き行っていきます。写真は、卒業生を思わせるような新緑の若芽を多くつけた、大学構内の桜です。


(保健科学部保健学科鍼灸学専攻/2020年4月15日)