ホーム > ニュース > 「『視覚障害教育の集約と発信』講演会2」を開催

「『視覚障害教育の集約と発信』講演会2」を開催

後援をされる三宅先生の様子

12月5日 水曜日、春日キャンパスにおいて、三宅 琢先生 (眼科医、株式会社Studio Gift Hands代表取締役)を招き、「ICT機器を用いたあたらしいビジョンケアと神戸アイセンター構想」と題してご講演いただきました。参加した春日キャンパスの教員から、視覚障害者向けの技術や教育に関する多くの質問があり、関心の高さがうかがえました。

本講演会は、「視覚障害学生の教育に関する学内外の知識・技能の横断的集約と発信」をテーマとして掲げ、支援センター視覚障害系教員有志一同で企画し、障害者高等教育研究支援センター教育研究等推進経費事業により実施しました。

写真は講演をされる三宅先生です。

(障害者高等教育研究支援センター 宮城 愛美/2018年12月20日)