ホーム > ニュース > 平成30年度海外研修事業報告会(欧州研修、フィリピン・セブ島語学研修)報告会を実施

平成30年度海外研修事業報告会(欧州研修、フィリピン・セブ島語学研修)報告会を実施

当日の様子

平成30年10月24日 水曜日、国際交流加速センター運営委員会事業の一環で実施された海外研修2件の報告会が開催されました。

報告されたのはクロアチアの視覚障害学生サマーキャンプICCへ参加した欧州研修と、フィリピン・セブ島での語学研修です。開催場所となった536室には、情報システム学科の1年生を中心に鍼灸学専攻の学生や教員など20名程度が集まりました。報告者であるICCに参加した情報システム学科2年の小笠原さんと片山さんは、印象に残った3Dプリンタのワークショップやタンデム自転車などのアクティビティなどについて詳しい内容を発表してくれました。語学研修に参加した同学科3年の杉崎さんと平野さんからは、研修中に苦労したことや現地で驚いたこと、そして後輩に向けてのメッセージなどを盛り込んだ発表がなされました。2件合わせて1時間という短い時間でしたが、質疑応答も活発に行われ、最後はセブ島の研修終了の際に歌わなかったことを後悔したという引率の関田先生と杉崎さんによる熱唱で締めくくられました。

写真は当日の様子です。左が小笠原さんと片山さん、右が杉崎さんと平野さんの報告の様子です。

(国際交流加速センター運営委員会委員 小林 真/2018年11月8日)