ホーム > ニュース > 令和2年度新入生歓迎式典を挙行

令和2年度新入生歓迎式典を挙行

式辞を述べる歓迎式典の様子(左)、学生代表挨拶をする日高さん(中)と北畠さん(右)

令和3年4月7日 水曜日、本学天久保キャンパス講堂において、令和2年度新入生歓迎式典を挙行しました。この歓迎式典は、新型コロナウイルス感染症の影響により入学式が中止になり、キャンパスに登学できなかった令和2年度新入生が、令和3年度の授業開始にあたり登学することに合わせて挙行したものです。 歓迎式典では、石原学長から「一年越しに学生の皆さんと会うことができ、大変嬉しく思っています。本学は同じ障害がある人が集うコミュニティーでもあり、ここでできた仲間は一生の友となるでしょう。1年間のオンライン生活で、仲間と気兼ねなく話をできる時間がどれほど大切か実感したと思います。これからは、その時間を取り戻すくらい、仲間達と沢山話をしてほしい。そして、筑波技術大学の学生であることを誇りに思い、学業に精励してください。」などの式辞がありました。

その後、産業技術学部代表の日高直也さん、保健科学部代表の北畠一翔さんから学生代表挨拶がありました。 なお、新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、規模を縮小し、時間を短縮して実施するとともに、式典の様子をオンラインで配信しました。

写真は式辞を述べる歓迎式典の様子(左)、学生代表挨拶をする日高さん(中)と北畠さん(右)です。

(2021年4月15日/総務課総務係)