ホーム > ニュース > バウマン記念モスクワ国立工科大学(ロシア)の教員・学生らが来訪

バウマン記念モスクワ国立工科大学(ロシア)の教員・学生らが来訪

12月12日から16日にかけて、本学の国際交流協定校である、バウマン記念モスクワ国立工科大学(BMSTU)から、M. Mozgovoyさん、M. Konstantinovさん、A. Volkovさん(教員)、そして、M. Prokhorovさん(学生)の4名が、本学を訪問されました。

本学滞在中は、天久保キャンパス、春日キャンパスで行われている講義の様子や設備などの見学、本学教員との教育・研究に関する意見交換を行いました。

最終日には、BMSTUの教育システム、同大学で使用している情報保障技術、そしてロシア文化等に関して、それぞれ、Mozgovoyさん、Konstantinovさん、そしてProkhorovさんから、本学学生および教職員を対象に講演をしていただきました。講演会では、講演者と参加者との間で、活発な意見交換が行われました。

写真は学長表敬を行った際の記念撮影と、Mozgovoyさんによる講演の様子です。

(国際交流加速センター 丹野 格/2019年12月27日)