ホーム > ニュース > 「平成29年度に実施した教育研究活動に関する成果報告会」を開催

「平成29年度に実施した教育研究活動に関する成果報告会」を開催

発表の様子

11月14日 水曜日、天久保キャンパス大学会館講堂において「平成29年度に実施した教育研究活動に関する成果報告会」を開催しました。この会は、本学において平成29年度中に実施された各種教育研究事業の成果及び進捗状況について報告し、学内外関係者の理解を深め、意見交換を行うもので、本学教育研究事業の今後の発展に寄与することを目的としています。今回は、本学の機能強化プロジェクト事業の中から選抜された4件の報告がありました。本学教職員や名誉教授など多数の参加があり、教育研究の活性化につながる有意義な発表・質疑・討論等がありました。 写真は、報告会の様子です。

なお、報告のあった4件の事業課題は以下の通りです。
・「教育アクセシビリティの向上を目指すリソース・シェアリング」 障害者高等教育研究支援センター 教授 須藤正彦
・「高大連携・接続の推進-聴覚・視覚障害者を対象とした特別支援学校との高大接続教育拠点の充実・強化-」 産業技術学部 教授 谷貴幸
・「視覚障害学生のための学修教材の整備」 障害者高等教育研究支援センター 教授 飯塚潤一
・「筑波技術大学における東京パラリンピックに向けたボッチャ普及活動とその成果」 保健科学部 教授 石塚和重

(学術・社会貢献推進委員会 黒木 速人/2018年11月21日)