ホーム > ニュース > 平成30年度筑波技術大学入学式を実施

平成30年度筑波技術大学入学式を実施

入学許可の様子

4月5日 木曜日、本学天久保キャンパス講堂において、平成30年度筑波技術大学入学式を挙行いたしました。 入学式では、学部64名(産業技術学部35名、保健科学部29名)及び大学院技術科学研究科13名(保健科学専攻6名、情報アクセシビリティ専攻7名)の入学が許可されました。

学長式辞の様子

学長式辞では、大越学長より、新入生が社会で活躍するための十分な「基礎力」を身につけるため、大学生活で実践してほしい4つのことをお話しいただきました。

・「アクティブ・ラーニング」を取り入れた授業に積極的に参加すること

・目標を目指して「やり抜く力」を発揮し、社会自立を実現すること

・留学を経験し、真の「グローバル人材」になること

・スポーツや課外活動に積極的に取り組んで「人間力」を高めること

式辞は、新入生全員が学部卒業・大学院修了する時には「筑波技術大学に入学して本当によかった」と思えるような、実り多い大学生活になることを祈念して締めくくられました。

学長式辞の後は、両学部入学生代表による入学宣誓です。二人とも大学での新生活に胸を膨らませている様子でした。

入学宣誓の様子

引き続き、来賓の一般財団法人全日本ろうあ連盟理事長の石野 富志三郎氏、元筑波技術短期大学長の西條 一止氏からそれぞれ祝辞がありました。

写真は、入学許可の様子(上段)、学長式辞の様子(中段)、入学宣誓(産業技術学部)の様子(下段左)、入学宣誓(保健科学部)の様子(下段右)です。

(企画課広報・情報化推進係/2018年4月19日)