ホーム > ニュース > 平成30年度天久保キャンパス新任教員研修会を実施

平成30年度天久保キャンパス新任教員研修会を実施

4月3日 火曜日、4日 水曜日の2日間にわたり、天久保キャンパスにて平成30年度の新任教員研修会が実施されました。研修内容は、「聴覚障害とは?」、「本学学生の指導について-学習指導を中心に-」、「情報保障と全国の大学における聴覚障害学生支援」、「聴覚障害学生のキャリア教育発達支援」をテーマとする講義と学生とのコミュニケーション体験でした。講義においては、障害者高等教育研究支援センターの教員が講師を担当しました。出席者からは、具体的な指導場面を想定した指導の仕方に関する質問も出され、支援研究部として今後の研修内容を考える機会にもなりました。またコミュニケーション体験では、最初、教員も学生も緊張していましたが、学生から「手話だけでなく、音声や口形も会話理解の手掛かりとしている。」という話がなされ、互いに多様な手段を用いているうちに徐々に会話が成立し、場が盛り上がって行きました。

出席した教員からは、「年に何度かこのような研修の場を設けて欲しい。」という声があり、定期的な研修会の開催も今後、検討する必要があると感じました。

写真は、講義とコミュニケーション体験の様子です。

講義とコミュニケーション体験の様子

(障害者高等教育研究支援センター障害者支援研究部(聴覚障害系) 長南 浩人/2018年4月12日)