ホーム > ニュース > 2020年度のニュース > 「第13回三大学連携・障がい者のためのスポーツイベント」が開催されました

「第13回三大学連携・障がい者のためのスポーツイベント」が開催されました

左からスポーツ教室に参加されている方々、小林幸一朗氏、スポーツイベントの様子

令和3年1月30日 土曜日に「第13回三大学連携・障がい者のためのスポーツイベント」が開催されました。今年度は新型コロナウイルス感染症対策として、全てオンラインによる企画となりました。

第1部では、「スポーツ教室」として、体操やレクリエーションなどを実施しました。リズムに合わせて体を動かしたり、クイズをしたり、頭の体操をしたりなど、参加者の方々と一緒に楽しむことができました。第2部では、ウェビナーによる講演会を実施しました。パラクライミング世界選手権4連覇・NPO法人モンキーマジックの小林幸一郎氏を講師にお招きし、「パラクライミングが広げる障害者の世界」というテーマでお話をしていただきました。パラクライミングがどのようなものなのか、また、クライミングの魅力などについて、小林氏のこれまでの経験やNPO法人モンキーマジック の活動などをご紹介いただきながら、貴重なお話を拝聴することができました。

オンラインでのイベント開催は初めての取り組みでしたが、多くの参加者にご参加いただくことができました(スポーツ教室:10名、講演会: 約60名)。また、参加者の満足度も非常に高く、障がいのある方もない方も、皆さんに楽しんでいただけたようです。ご参加いただいた皆様、指導や運営をお手伝いいただいた皆様、本当にありがとうございました。

写真は、左からスポーツ教室に参加されている方々、小林幸一朗氏、スポーツイベントの様子です。

*イベント参加者の方々へ: 講演会の映像(字幕付き)をYouTubeにて限定公開しております。参加申し込み時のメールアドレスにURLをお送りいたしましたが、届いていない方がおりましたら、下記までご連絡下さい。
筑波技術大学 三大学連携障がい者のためのスポーツイベント実行委員
向後佑香 (sportslatJa.tsukuba-tech.ac.jp ※[at]は@に変更してください。)

(障害者高等教育研究支援センター 向後 佑香/2021年3月22日)