ホーム > ニュース > 2020年度のニュース > 令和2年度合理的配慮研修会を開催

令和2年度合理的配慮研修会を開催

講演の様子(左)と質疑応答の様子(左)

令和2年12月2日 水曜日、オンラインにて、障害に対する合理的配慮推進委員会主催の令和2年度FD・SD研修会「差別解消法に基づく合理的配慮研修」を開催しました。NPO法人日本障害者協議会代表の藤井克徳様を講師にお招きし、「障害者権利条約と日本の障害分野~障害分野の現在と過去、権利条約の概要と特徴、教育現場で問われること~」と題してご講演頂きました。講演では、障害者をとりまく世界の事象や過去の忘れてはならない事件について、また、障害者権利条約の採択の瞬間や同条約の内容をわかりやすく解説して頂きました。質疑応答も活発に行われ、有益な2時間の講演となりました。なお、本研修会はオンラインにて行われ、本学教職員67名が参加しました。

写真は講演の様子(左)と、質疑応答の様子(右)です。

(障害に対する合理的配慮推進委員会/2020年12月8日)