ホーム > ニュース > 2020年度のニュース > スウェーデンとオンライン国際交流会を実施しました

スウェーデンとオンライン国際交流会を実施しました

参加者全員が写っている交流会の様子と、Falkenberg先生の自己紹介のZoomの様子

2月8日 月曜日に、国際交流加速センター運営委員会の事業の一環として、オンラインでの国際交流会を開催しました。ゲストとしてスウェーデン在住のKjetil Falkenberg先生と交流を行いました。Falkenberg先生はスウェーデン王立工科大学で指導されている科学者で、音楽に関する技術をどのように応用すれば人生が豊かになるかといった研究をされており、筑波技術大学に滞在して研究をしたこともあります。今回の交流会では学生5名、教員3名が参加しました。

交流会はZoomにて行いました。初対面の人がほとんどだったので、パワーポイントを利用しての簡単な自己紹介をそれぞれ行い、その後は近況報告やコロナ禍での生活、スウェーデンの生活やFalkenberg先生の研究などについて語り合いました。コミュニケーションは主にチャット。参加学生は、Falkenberg先生の英語を読み、瞬時に自分で質問を考え、その質問を英語でタイプするといったリアルタイムで行う英語でのコミュニケーションを楽しんでいる様子でした。また、口話が得意な学生は、スピーキングで積極的にコミュニケーションを取っており、参加者それぞれに学びの多い交流会を開くことができました。

写真は参加者全員が写っている交流会の様子と、Falkenberg先生の自己紹介のZoomの様子です。

(国際交流加速センター運営委員 平賀 瑠美、藤井 拓哉/2021年3月9日)