ホーム > ニュース > 2016年度のニュース > 東西医学統合医療センター 平成28年度医療安全研修会を開催

東西医学統合医療センター 平成28年度医療安全研修会を開催

研修会の様子

1月25日 水曜日、東西医学統合医療センターでは、昨年度に引き続き平井理心(こころ)先生を講師にお迎えして、平成28年度の医療安全研修会を開催しました。平井先生は筑波大学附属病院病院総務部患者サービス課で医療メディエーターとして勤務され、医療現場で患者様と接するお仕事をされています。医療メディエーターは、病院と患者の間でトラブルが起こった場合、患者の相談窓口となったり医療者との仲介に入ったりしたりする仕事で、現在、その重要性が高まっています。講義は「患者トラブル対応 中級編」として昨年よりもステップアップした内容をお話ししていただきました。また、対話の重要性やその方法などについて、事例を交えながらご紹介いただきました。会場の春日キャンパス講堂には、当センターや保健管理センター、事務職にいたる42名のスタッフが参加し、熱心に聴講していました。今後も、安全な医療が提供できるように努めていきたいと思います。

写真は研修会の様子です。

(東西医学統合医療センター 櫻庭 陽/2017年1月31日)