ホーム > ニュース > 2016年度のニュース > 「就職と女性活躍セミナー」を開催

「就職と女性活躍セミナー」を開催

セミナーの様子 平成28年4月1日から「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」における事業主行動計画の策定等が施行されたことを受け、9月29日 木曜日、保健科学部就職委員会では初めてとなる「就職と女性活躍セミナー」を開催しました。セミナーの講師には、(株)タンタビーバ取締役の板谷和代先生をお迎えしました。板谷先生は元日本航空(株)ウィーン営業支店長、人材育成担当部長を経験した方です。参加者は学生13名、教職員11名の計24名でした。

当日は副題として「女性の元気が日本を元気にする時代」を掲げ、女性と男性は脳科学の面からでも違いがあり、女性の強みは「察する力・共感する力・臨機応変な点」であり、男性の強みは「大きな世界観・客観性・問題解決好き」といったことを学びました。これらを理解してお互いの良い面を探し、協力していくことが必要ということです。そのほか、「情報・サービスの21世紀の時代は、女性脳がフィットしている」「女性は0.06秒で記憶がよみがえる」「女性上司との接し方について」など、今後の就職活動や就職後の職場での付き合い方などにおいて、とても役立つセミナーとなりました。写真は、春日キャンパス講堂でのセミナーの様子です。

(情報システム学科 嶋村 幸仁/2016年10月12日)