ホーム > ニュース > 2016年度のニュース > 平成28年度障害学生支援大学長連絡会議を開催

平成28年度障害学生支援大学長連絡会議を開催

会議の様子

12月15 日 木曜日、オークラフロンティアホテルつくばにおいて本学を主幹大学として「平成28年度障害学生支援大学長連絡会議」を開催しました。

会議に先立ち、大越学長から、本会議の開催趣旨等を含めて開会あいさつがありました。 次いで、文部科学省高等教育局学生・留学生課の井上諭一課長から、「高等教育段階における障害のある学生支援について」と題し、障害のある学生を取り巻く現状と課題、そして今後の対応に関する基調講演が行われました。続いて、静岡県立大学国際関係学部の石川准教授から、「障害学生支援 ―パラダイムシフト」と題し、障害者権利条約や障害者基本法等の障害者支援に係る法令や情報アクセシビリティ政策の課題に関する基調講演が行われました。

引き続き行われた協議「障害学生支援大学長連絡会議のあり方について」においては、各出席大学から、障害者差別解消法の施行に伴う管理運営体制についての現状報告があり、今後の「障害学生支援大学長連絡会議」のあり方について活発な意見交換が行われました。

会議終了後は、同ホテルにおいて情報交換会が行われ、和やかな雰囲気の中で懇談が行われました。

左:大越学長 中央:井上課長 右;石川教授

同会議に出席された大学は、次のとおりです。北海道教育大学、札幌学院大学、宮城教育大学、東京学芸大学、上越教育大学、愛知教育大学、京都教育大学、同志社大学、大阪教育大学、兵庫教育大学、関西学院大学、奈良教育大学、鳴門教育大学、福岡教育大学、筑波技術大学

(総務課総務係/2017年1月6日)