ホーム > ニュース > 2016年度のニュース > 七夕講演会を開催

七夕講演会を開催

講演会の様子

8月7日 日曜日、天久保キャンパスにおいて、8回目となる筑波技大七夕講演会(字幕による情報保障付き)が開催されました。今年のテーマは、物理学界での近年最大のニュースである重力波とブラックホールに関する「宇宙の黒幕と時空のさざ波」でした。参加者26名の他、講演者3名、情報保障担当者4名の計33名で盛況でした。参加者の内、聴覚障害者4名(確認出来た方)、県外からも6名で、最遠は静岡県富士市からでした。リピータも7名あり、特色ある学術企画として広く関東圏に根付いて来たようです。情報保障付き学術講演会は非常に希少です。今後も毎年開催の予定ですので、ぜひご参加ください。

写真は講演会の様子です。

(障害者高等教育研究支援センター 新田 伸也/2016年8月18日)