ホーム > ニュース > 2015年度のニュース > 部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッションを実施

部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッションを実施

会場の様子3月10日 木曜日、春日キャンパス講堂において、学術・社会貢献推進委員会事業として「平成27年度部局を越えたテーマ別教育研究推進のためのディスカッション」を開催しました。この会は、教員各位の教育研究活動の高度化ならびに新たな教育活動の創出を目的とし、各部局の専門分野の方に話題提供を頂きディスカッションの場を提供するものです。平成25年度に始まり3回目の実施となる今回は、本学の中期目標・中期計画にも含まれている全学共通のトピックの一つである「聴覚・視覚障害学生のための安全管理と環境整備」をテーマとしました。本学の5名の教職員をパネリストとして、次の話題提供がありました。

  1. 「キャンパス整備の指針について~ユニバーサルデザインと安全・安心デザインの視点から~」山脇博紀(産業技術学部総合デザイン学科・准教授)
  2. 「聴覚障害学生のための安全管理と環境整備~音と光の警報設備に関する調査から~」伊藤三千代(産業技術学部総合デザイン学科・准教授)
  3. 「聴覚・視覚障害学生のための安全管理と環境整備~春日キャンパス体育館~」天野和彦(障害者高等教育研究支援センター・准教授)
  4. 「聴覚・視覚障害学生のための安全管理と環境整備」関田 巌(施設環境防災委員長/保健科学部情報システム学科・教授)
  5. 「みんなのみらいづくり-キャンパスマスタープラン2015-・既に実施した事項」板谷 聡(財務課・専門員)

その後、パネリストの5名の教職員と約30名の参加者との間でディスカッションが行われました。短時間ではありましたが、学長を交えた活発な議論が行われ、本学の安全管理と環境整備について情報や課題の共有がなされました。本ディスカッションの機会をきっかけに、今後の部局を越えた共同研究や共同プロジェクトへの発展が期待されます。写真は、ディスカッションの様子です。

(学術・社会貢献推進委員会 若月 大輔、新井 達也、宮城 愛美/2016年3月23日)