ホーム > ニュース > 2015年度のニュース > 米国国立聾工科大学との学生間交流を実施

米国国立聾工科大学との学生間交流を実施

1月13日 水曜日、本学の交流協定締結校の一つである米国国立聾工科大学(NTID)の一行が来学し、天久保キャンパスの見学や本学学生との交流を行い ました。教員3名、通訳者3名、学生20名からなる一行は、異文化交流の講義として日 本に一週間近く滞在する中で本学を訪れたものです。来学に先立ち、NTIDの 学生と本学の学生の間で、テレビ会議システムによる遠隔交流を行いまし た。これは、本学のアメリカ手話の講義の一部として実施されました。

大学説明の様子(右)、授業見学の様子(左)

一行は学長表敬訪問の後、本学の概要説明を受け、天久保キャンパスの見学 を行いました。本学の学生も参加した交流昼食会では、先にインターネット 越しに交流していた学生同士が、実際に顔を合わせての交流となりました。

書道体験(左)、茶道体験(右)

午後は、教室でNTIDの学生からの日本文化についての質問に本学学生が答え た後、場所を移してけん玉やコマ回しなどの伝統的な遊びや、習字や茶道な どの日本文化の体験を、本学の学生とともに楽しみました。

集合写真

写真は、上が大学説明の様子(右)、授業見学の様子(左)、中が書道体験(右)、茶道体験(左)、下が集合写真です。

(国際交流委員会委員長 西岡 知之/2016年3月23日)