ホーム > ニュース > 2015年度のニュース > 中学生の職場体験受け入れを実施

中学生の職場体験受け入れを実施

手話体験の様子12月10日 木曜日と12月11日 金曜日の二日間、天久保キャンパス聴覚障害系支援課にて中学生の職場体験の受け入れを実施しました。

県立つくば特別支援学校より、将来手話通訳士を目指しているという1名の生徒さんをお迎えしました。当日は障害者高等教育研究支援センターの小林洋子助教からも協力を得て、手話体験、手話通訳者の仕事、通訳を利用するにあたっての当事者の声、通訳体験、学内見学等を行いました。

もともと少し手話のわかる生徒さんでしたが、手話体験ではこれまで知らなかった手話を学んだり、手話通訳者の仕事についての講義でも非常に興味深そうに話を聞いてくれました。大変熱心に取り組んでおり、手話通訳という仕事への見方がより深まった様子が見受けられました。

また、学内見学では本学の産業情報学科と総合デザイン学科の授業をそれぞれ見学しました。特にデザインにももともと関心が深かったようで、卒業生による卒業研究の展示等は非常に楽しんでもらえたようです。

とても緊張しながらの職場体験になったようですが、帰り際には非常に素敵な笑顔で帰られたのが大変印象的でした。ぜひ、引き続き手話通訳士を目指して頑張っていただければと思います。

写真は、小林助教による手話体験の様子です。

(聴覚障害系支援課情報保障支援係/2015年12月17日)