ホーム > ニュース > 国際手話講座(オンライン)を実施

国際手話講座(オンライン)を実施

令和3年10月から12月にかけて、国際交流加速センター運営委員会の事業の一環としてオンラインによる「国際手話講座」を開催しました。国際手話は、聴覚障害のある人の国際的な交流の場としても知られる国際会議「世界ろう者会議」や「デフリンピック」などにおいて、公用語としても使われています。国際交流や海外留学等に興味を持つ学部生・大学院生を対象としたもので、延べ78名の参加がありました。

長年国際的な社会貢献活動に関わっておられる後藤啓二先生を講師としてお迎えし、日常会話表現や世界におけるろう難聴者など様々なテーマについて、時々会話も交えながら、講座を進めていただきました。回の途中では、NHK「みんなの手話」などテレビ出演や国際手話通訳として活躍されている那須映里さんをゲスト講師としてお迎えし、世界におけるろう難聴の若者のためのリーダーシップ養成プログラム(フロントランナーズ)での活動の様子などについてお話しいただきました。

上下の写真は講座全体の様子です。

(国際交流加速センター運営委員会 小林 洋子・井上 正之/2022年1月11日)