ホーム > ニュース > 米国ロチェスター工科大学の学生が本学でインターンシップ

米国ロチェスター工科大学の学生が本学でインターンシップ

個人指導の様子と講義「アメリカ手話」での指導の様子

本学の障害者高等教育研究支援センター基礎教育研究部は、令和1年11月11日月曜日から12月20日金曜日までの6週間、本学と国際交流協定を結んでいる米国ロチェスター工科大学(国立聾工科大学の上部機関)から、ルイス・アップルゲートさん(きこえない学生)をインターン生として受け入れました。語学授業(アメリカ手話、英語)でアシスタント・直接指導の実習を行った他、海外短期研修に参加予定の本学学生への個別指導を担当しました。 また、修了後の12月23日は、ランチトークで講演をしていただきました。

写真は、個人指導の様子と講義「アメリカ手話」での指導の様子です。

(障害者高等教育研究支援センター 大杉豊・須藤正彦・小林洋子・藤井拓哉/2020年1月21日)