ホーム > ニュース > 「第8回学生のための講演会」を開催

「第8回学生のための講演会」を開催

10月23日 水曜日、天久保キャンパスにおいて、第8回学生のための講演会を開催しました。

第1部では、土浦年金事務所の塚田 氏、高山 氏、飯島 氏をお招きし、「年金セミナー」を実施しました。公的年金の制度や運用、障害年金制度について、アニメーションを利用して、分かりやすくご説明いただきました。講演後には、申請方法に関する質問や、学生各々がライフプランをシミュレーションしたうえでの質問など、多数の質問が寄せられ、年金に関する基礎知識を学ぶ大変有意義な機会となりました。

第2部では、特定非営利法人FSUNヘルスプロモーションセンター代表理事の菅原 俊 氏をお招きし、「薬物乱用防止及び未成年飲酒の防止」についてご講演いただきました。未成年者の飲酒には、脳や身体の発育面において大きな危険性が潜んでいること、また、若年層における薬物乱用が深刻な問題となっており、その危険性は身近に潜んでいる事などをご説明いただきました。過度な飲酒や薬物依存は、心と体をボロボロにするだけでなく、自分や大切な家族の人生をも台無しにしてしまいます。一人ひとりが本当の恐ろしさを理解し、正しい知識を学ぶ貴重な機会となりました。

当日は、天久保キャンパスの学生45名に加え、10名の教職員が参加しました。この講演会は天久保キャンパスの聴覚障害系学生委員会が主催し、今後も学生が学んでおくべきテーマについて、それぞれの分野の専門の講師をお招きして開催する予定です。

(聴覚障害系学生委員会/2019年11月7日)

第8回学生のための講演会(2019年10月23日)