ホーム > ニュース > 筑波大学附属聴覚特別支援学校の生徒が来学

筑波大学附属聴覚特別支援学校の生徒が来学

全体説明の様子

11月13日 火曜日に、筑波大学附属聴覚特別支援学校の高校1年生26名、教員3名、保護者4名が来学しました。授業、施設、寄宿舎の見学の後、各学科・専攻・領域に分かれ体験授業(情報科学専攻:安 啓一助教による「いろいろな波を見よう」、システム工学専攻機械工学領域:後藤啓光准教授による「力(ちから)の可視化」、システム工学専攻建築工学領域:田中 晃講師による「シャボン膜の形態と建築構造」、総合デザイン学科:井上 征矢准教授による「ピクトグラムコミュニケーション」)を受講していただきました。また、平成32年度入学試験(平成31年度実施)からの試験内容の変更について説明を行いました。写真は全体の説明の様子です。

聴覚障害(ろう、難聴)のある方を受け入れる産業技術学部では、このような見学を随時受け付けております。中学部、高等部からのお申込みをお待ちしております。詳細はこちらのページをご覧ください。

出張オープンキャンパス・オープンキャンパス・授業見学会等

問い合わせ先

筑波技術大学 聴覚障害系支援課教務係
 TEL:029-858-9328,9329
 FAX:029-858-9335
 E-mail:kyoumua [ at ] ad.tsukuba-tech.ac.jp
 ※ [ at ] は@です。

(聴覚障害系支援課教務係/2018年12月6日)