ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第9号)

筑波技術大学メールマガジン(第9号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第9号 2013,06,01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。
筑波技術大学メールマガジン担当者です。
第9号となりますメールマガジン。今月号は、平根広報室長の「年度頭雑感」からお送りします。


■■年度頭雑感■■
21世紀は情報化の時代などと言われ始めたころに思い描いていたよりも、その“情報の波”の大きさを今更ながらに実感することがしばしばあります。瞬時に世界を駆け巡り、手もとに絶えず大波のように流れ込む“情報”は、日常生活のありようを一変させたとさえ感じるほどです。
この情報化の大波は日常生活に様々な変化を引き起こしていますが、その中でも私が関心を持つのは、“いつでも、どこでも”と謳われるように“情報に場所はいらない”という、“場所”の限りない希薄化です。というのも、この“場所”の限りない希薄化は、場所瓦解という惨状が思い起こされる先の大震災、そのありように似ているように思えるからかもしれません。それを思い起こすまでもなく“場所”は、われわれが生活していくうえで欠くことができないものですし、しかも“情報”はもともとその“場所”から発せられていたのでありますことからも、“場所”の感覚というものを最も必要としているのが“情報”であるような気がしてならないからです。
近頃のこの“場所”の感覚の頼りなさについては、何か座り心地すら感じられない椅子のような不安を覚えることもしばしばあるのです。むしろ情報化時代にこそ、“場所”の感覚を獲得しなければならないのではないか、さらに、このような“情報”の大波の中での“広報”はどうあったらよいのか、などと構えるつもりはありませんが、思いを巡らせてみようかなどと思ったりしております。

広報室長 平根孝光


■■お知らせ・イベント情報■■
1.平成25年度大学説明会の日程について
平成25年度大学説明会の日程が決まりました。受験希望者、保護者及び学校関係者のご参加をお待ちしております。
○産業技術学部(聴覚障害系)
・オープンキャンパス・授業見学会
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/it/opencumpus.html
・大学説明会
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/it/briefings.html
○保健科学部(視覚障害系)
・オープンキャンパス
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/hs/opencumpus.html
・大学説明会
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/hs/briefings.html
・進学ガイダンス
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/hs/guidance.html

2.聴覚・視覚障害学生の修学環境向上のための研修会開催について(7月5日開催)
障害者高等教育研究支援センターでは、聴覚・視覚障害学生の教育支援に関する研修会を開催いたします。申込締切日は6月20日です。ご参加をお持ちしております。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/announcement_2013/ntut_2013051401.html

3.[初心者のためのパソコンノートテイカー養成講座]受講生募集(6月21日から開催)
パソコン入力により音声を文字化し、授業に参加する聴覚障害学生のサポートをする「パソコンノートテイカー」初心者のための養成講座を開催いたします。申込締切日は6月18日です。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/announcement_2013/ntut_2013052901.html

4.本学教員が「ろうを生きる難聴を生きる」に出演(6月2日放送(7日再放送))
障害者高等教育研究支援センターの三好茂樹准教授が、NHKEテレ(教育テレビ)の情報番組「ろうを生きる難聴を生きる」に出演します。放送日時は次のとおりです。是非ともご覧ください。
放送予定日:6月2日(日) 19時30分~19時45分
再放送予定日:6月7日(金) 11時45分~12時00分


■■ニュース■■
1.東京オリンピック・パラリンピック招致活動における連携協定締結式(5月23日)
東京都庁において、全国の77大学が参加し、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致活動における第2回連携協定締結式が行われました。本学からは、村上学長と保健科学部保健学科鍼灸学専攻1年次生中澤隆さん(パラトライアスロン世界13位、日本1位)が出席しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013052401.html

2.第1回就職ガイダンスを開催(5月15日)
天久保キャンパスにおいて、学部3・4年次生、大学院1・2年次生を対象とした第1回就職ガイダンスを開催しました。講師に就職支援員・青山彦聖先生を迎え、テーマを「企業はどのような学生を求めているのか」と題して行いました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013052801.html

3.春のオープンキャンパスを開催(5月13日)
春日キャンパスにおいて、春のオープンキャンパスを開催しました。視覚に障害のある学生が学ぶ保健科学部について、受験希望者とご家族を対象に、授業見学・受験相談・進路説明等を行いました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013051701.html

4.紫峰会館を学生支援棟に改修(5月10日)
天久保キャンパスにある紫峰会館を学生支援のための施設とするための改修が終了し、関係者を対象にお披露目が行われました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013052401.html

5.平成24年度米国アイオワ大学研修成果報告会を実施(5月8日)
平成24年度に実施した海外研修事業の米国アイオワ大学研修について、引率教員と参加学生による成果報告会が開催され、教職員、学生が多数参加しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013051301.html

6.本学学生の就活の様子がNHK水戸放送局で放映(5月1日)
保健科学部情報システム学科の学生の就職活動の様子が、NHK水戸放送局の情報番組内で取り上げられ放映されました。番組内では、情報システム学科で実施している個別企業説明会のようすも取り上げられました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013050701.html

7.平成24年度米国東部研修成果報告会を実施(4月24日)
天久保キャンパスにおいて、平成24年度に実施した海外研修事業の米国東部研修について、参加学生による成果報告会が開催され、教職員、学生が多数参加しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013050101.html


■■学生・教職員の活動報告■■
1.パラトライアスロンの国際大会にて本学学生が準優勝
「2013世界トライアスロンシリーズ横浜大会」のパラトラアスロンの部にて、保健科学部保健学科鍼灸学専攻1年次生の中澤隆さんが準優勝となりました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/vi_2013053001.html

2.聴覚障害者卓球日本代表チームの練習会をサポート
天久保キャンパス体育館において、聴覚障害者日本代表卓球チームの練習が行われ、本学卓球サークルの学生が練習をサポートしました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/hi_2013050801.html


---編集後記---
6月がスタートしました。夏本番を前に梅雨の季節を迎えましたね。
さて、本日、6月1日付の「茨城新聞」の「茨城論壇」に村上学長の記事が掲載されています。
「障害者教育の機能強化」と題して寄稿したもので、文末には「本学が国内外の障害者教育の先導的・中核的役割を担う大学、障害者教育へのイコールアクセスの拠点として機能強化を進め、さらなる実績の積み重ねが必要です。」と締めくくられています。村上学長の「茨城論壇」は2ヶ
月に1回程度、全5回にわたって掲載される予定です。機会のある方は、ぜひご一読ください。


----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 総務課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL:029-858-9310・9424, FAX:029-858-9312)
----------------------------------------------------------------