ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第62号)

筑波技術大学メールマガジン(第62号)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第62号 2017年12月12日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。
筑波技術大学メールマガジン担当者です。
筑波技術大学メールマガジン第62号をお送りします。

目次****************************
■1. お知らせ・イベント情報
■2. 公開講座のお知らせ
■3.ニュース
■4. 学生・教職員の活動報告

♪♪広報コラム


■■1.お知らせ・イベント情報■■
〇技術科学研究科産業技術学専攻 大学院説明会の開催について
筑波技術大学大学院技術科学研究科産業技術学専攻では、教育・研究内容、学生生活を中心とした大学院説明会を開催いたします。

日時: 第1回 平成29年12月13日 水曜日 午後6時から午後7時
第2回 平成29年12月15日 金曜日 午後6時から午後8時
(内容は両日とも同じです)
実施場所:筑波技術大学(天久保キャンパス) 総合研究棟3階 プレゼンテーションルーム
事前参加申込: 不要

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/hi_2017112401.html

その他のお知らせ・イベント情報はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/



■■2.公開講座のご案内■■
〇2月4日開講「手話スキルアップ講座」募集開始のご案内
公開講座「手話スキルアップ講座」の受講生の募集を開始しました。
【講座内容】 手話奉仕員養成事業等の手話講習会で基本的な日常会話を学んだ市民を対象に、特に習得が難しい分野とされる「類別辞構文」と「説明構文」を中心に実戦形式で指導するスキルアップ講座を展開します。

募集期間: 平成30年1月19日 金曜日〆切
開講日時: 平成30年2月 4日 日曜日 午前10時00分~午後4時00分
実施場所: 筑波技術大学 天久保キャンパス 校舎棟213教室(茨城県つくば市天久保4-3-15)
募集人数: 8名
参加対象者: 手話奉仕員養成講座修了レベル
講習料: 3,000円

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/ntut_2017120801.html

その他のお知らせ・イベント情報はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/


■■3.ニュース■■
○国立大学55工学系受験生向けサイトに本学の記事が掲載
国立大学55工学系学部長会議が運営する受験生向けのウェブサイト「未来を創る工学~未来を創ろう!地球を救う科学技術を学ぼう!国立大学55工学系学部ホームページ」の「おもしろ科学実験室(工学のふしぎな世界)」に、本学産業技術学部産業情報学科で投稿した「錯視でわかるヒトがモノを立体的にとらえる手がかり」が掲載されました。この記事では、ペーパークラフトを利用してヒトがモノを立体的にとらえる手がかりについて紹介したものです。同サイトには、以前投稿した「輪ゴムで動くロボットを作ろう」と「物体内部に発生する抵抗力を観察しよう」も掲載されております。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2017112401.html

○ボルダリングウォールオープニングセレモニーを開催
11月21日 火曜日、天久保キャンパス体育館武道場に完成したボルダリングウォールのオープニングセレモニーが開催されました。ボルダリングウォールの大きさは幅6m、高さ4m、壁面は90度と103度が1面ずつ、視覚に障害のある方が見やすいように壁面を黒色とし、コントラストを強調したホールドを使用しています。 このボルダリングウォールは、体育の授業や課外活動等で利用するほか、本学が行う障害者スポーツイベントでの利用を予定しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2017120701.html

▼その他のニュースはこちらをご覧ください
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/


■■4.学生・教職員の活動報告■■
○本学大学院生が日本学術振興会特別研究員(DC1)として採用内定予定を獲得
本学大学院保健科学専攻(情報システム学コース)修士課程2年の松尾政輝君が、日本学術振興会平成30年度特別研究員-DC1として採用されることが内定しました。この「特別研究員制度」は、トップクラスの優れた若手研究者に、その研究生活初期において、自由な発想のもとに主体的に研究課題等を選びながら研究に専念する機会を与えることで、我が国の学術研究の将来を担う研究者の養成・確保に資することを目的とした制度です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/vi_2017110601.html

○本学教員が国際会議で“Best Papers”を受賞
2017年9月10日 日曜日から14日 木曜日に、イタリア・ローマで開催された第8回センサデバイス技術と応用に関する国際会議(The Eighth International Conference on Sensor Device Technologies and Applications:SENSORDEVICES 2017)において、産業情報学科の倉田成人教授が発表した研究論文「地震観測と構造ヘルスモニタリングのためのチップスケール原子時計を利用した自律型時刻同期センサデバイス(An Autonomous Time Synchronization Sensor Device Using a Chip Scale Atomic Clock for Earthquake Observation and Structural Health Monitoring)」がBest Papersを受賞しました。査読を経て採択され、本会議で発表された論文の中から、査読の結果と会議での発表内容により選ばれたものです。

詳しくはこちらのページをご覧ください
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/hi_2017112401.html

▼その他のニュースはこちらをご覧ください
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/


♪広報コラム
天久保キャンパスの体育館にボルダリングウォールが新設されました。授業や課外活動等のほか、市民を対象としたスポーツイベント等でも利用していく予定です。スポーツイベントは毎月開催されておりますので、お気軽にお越しください。
本年も筑波技術大学メールマガジンをご愛読いただき、ありがとうございました。


▼筑波技術大学メールマガジンバックナンバーはこちらでご覧になれます
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/mail_magazine/backnumber.html

▼配信停止の手続きは、以下の配信停止フォームからお願いします
https://a05.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=430&g=3&f=6

▼筑波技術大学公式ソーシャルメディアアカウント
○公式Facebook
http://www.facebook.com/298tech
○公式twitter
http://twitter.com/298tech
〇公式LINE
@tsukuba-tech で検索

----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 企画課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
 〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL: 029-858-9311, FAX: 029-858-9312)
----------------------------------------------------------------