ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第30号)

筑波技術大学メールマガジン(第30号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第30号 2015年3月4日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。
筑波技術大学メールマガジン担当者です。
いよいよ、平成26年度も最後の月となりました。
筑波技術大学メールマガジン第30号をお送りします。

目次****************************
◆トップ◆
■1.イベント情報
■2.ニュース
■3.学生・教職員の活動報告
♪♪広報コラム


◆◆トップ◆◆
○平成26年度筑波技術大学学位記授与式についてのお知らせ
平成26年度筑波技術大学学位記授与式を以下のとおり開催いたしますので、お知らせします。

1.日時:平成27年3月20日(金)10:30~
2.場所:天久保キャンパス大学会館講堂

詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/ntut_2015022401.html


■■1.イベント情報■■
○教育の質の保証に関する講演会開催のお知らせ
この度、筑波技術大学天久保キャンパス大学会館講堂において、教育の質の保証に関する講演会
を下記のとおり開催いたします。お気軽にご参加ください。

1.日時:平成27年3月9日(月)13:30~15:00
2.場所:筑波技術大学天久保キャンパス 大学会館講堂(茨城県つくば市天久保4-3-15)
3.演題:「反転授業 主体的な学びを引き出すアクティブラーニングの取組」
4.講師:山梨大学工学部・大学教育センター 塙 雅典教授

詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/ntut_2015021301.html


○「第4回視覚障害者の就業の疑問に答える講座」開催のお知らせ
筑波技術大学では、視覚障害学生の採用にご理解いただくため、企業の人事担当の皆様に向けた
講座を開催することとなりましたので、是非ご参加ください。

1.日時:平成27年3月9日(月)13:30~16:30(受付13:00~)
2.場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎(東京都文京区大塚3-29-1)

詳しい内容はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/vi_2015022001.html


▼その他のお知らせ・イベント情報はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/announcement/


■■2.ニュース■■
○平成26年度地域連携に関する講演会を開催(2月19日)
天久保キャンパス講堂において、つくば市福祉部障害福祉課の袴田修由氏を講師に迎え、「つく
ば市の障害者対応施策の現状と、より良いつくば市を目指して」と題した講演会を開催しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2015022601.html


○平成26年度海外研修事業報告会(欧州・米国アイオワ大、中国)を実施(2月16日)
天久保キャンパス大会議室において、平成26年度に実施した海外研修事業のうち欧州研修、米国
アイオワ大学研修、中国研修について、派遣学生による報告会が開催されました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2015022201.html


○平成26年度産業技術学部学生の表彰を実施(2月13日)
大会議室において、平成26年度産業技術学部長賞の表彰式が行われました。産業技術学部長賞は、
学業・課外活動等の成果が特に優れていると認められる者、本学部の名誉を著しく高めたと認め
られる者に対して贈られるもので、今回は9名の学生が受賞しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2015022501.html


○情報システム学科対象の第2回模擬面接会を実施(2月13日)
情報システム学科の3年生を対象とした第2回模擬面接会を実施しました。講師として元(株)テプ
コシステムズ人事管理担当部長、現清水コンサルタント代表の清水俊勝氏をお招きし、「就職面
接における気構えと心得について」というテーマでのお話を伺った後、学生ごとに模擬面接会を
実施しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2015021701.html


○聴覚障害者の就労に関する産学官連携シンポジウムを開催(2月12日)
天久保キャンパス講堂において、企業の人事・採用担当者や本学学生・教職員を対象とし、大卒
聴覚障害者の就労時において起こる課題の改善策を探ることを目的とした「大学等を卒業した聴
覚障害者の就労に関する産学官連携シンポジウム」を開催しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2015021901.html


○「障害者高等教育拠点事業FD/SD研修会」を実施(2月6日)
春日キャンパスにおいて「FD/SD研修会~合理的配慮の実施に向けた拠点事業の機能と役割~」
を開催しました。本研修会では、プログラムの実施をとおして、高等教育機関における障害学生
支援での本事業の活用方法の提案や、合理的配慮の実施に向けた指導・支援のあり方について議
論を行いました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2015021701.html


○東西医学統合医療センターで防災訓練を実施(1月28日)
東西医学統合医療センターでは、診療後に防災訓練を実施しました。今回の訓練は、地震の発生
後、施術室から出火するという想定で行いました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2015020301.html


○北海道高等聾学校との遠隔協調授業を実施(1月26日)
北海道高等聾学校情報デザイン科の生徒と本学総合デザイン学科の学生で「20年後の私の家」と
いうコンセプトデザインについてテレビ会議システムを通して意見交換を行ないました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2015020301.html


○秋葉原駅サインボードのデザインを一新し掲出場所を移動(1月18日)
本学では、2012年からつくばエクスプレス線、秋葉原駅及びつくば駅構内にサインボードを掲出
しております。そのうち、秋葉原駅のサインボードにつきまして、掲出場所を移動し、併せて、
コミュニケーションマークを使用したデザインに一新しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2015022002.html


○韓国ナザレ大学学生が本学「国際教育短期受入プログラム」に参加(1月13日から21日)
韓国ナザレ大学の学生2名が、「国際教育短期受入プログラム」に参加し、無事に全ての課程を
修了しました。プログラムは、参加学生の専門に合わせ、情報科学コースと総合デザイン学コー
スに分かれて実施されました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2015021902.html


▼その他のニュースはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/


■■3.学生・教職員の活動報告■■
○視覚障害切手展 in 児玉(1月26日から2月27日)
保健科学部保健学科鍼灸学専攻の大沢准教授の視覚障害に関する切手コレクションが埼玉県本庄
市の児玉郵便局において展示されました。今回は点字、白杖、盲導犬、視覚障害者の職業や偉人
などの代表的な切手・郵便物、32か国54種類を展示しています。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/vi_2015020201.html


○全日本ろうあ連盟創立「記念碑」のデザインコンペで本学学生入賞(2月1日)
全日本ろうあ連盟創立70周年記念事業の一つである「記念碑」建立についてのデザインコンペで、
審査の結果、本学総合デザイン学科の町田陽伽さん、日影舘美樹さん、小國雅治さんの3人で制
作した作品が入賞しました。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/hi_2015021001.html


▼その他の学生・教職員の活動報告はこちらをご覧ください。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/


♪♪広報コラム
ニュース記事でもご案内しましたが、この度、つくばエクスプレス線秋葉原駅のサインボードの
場所を利用者の皆さんの目により留まりやすい場所に移動し、デザインも新しいものに変更しま
した。このデザインには、先日策定しましたコミュニケーションマークを使用しました。
このマーク策定も含めて、大学公式facebookやtwitterの運用開始など、筑波技術大学の広報で
は新たな試みをいくつか実施した年度になりました。引き続き、様々な試みに取り組んでいこう
と考えております。

3月は大学にとって年度が終了する最後の月になります。平成26年度も筑波技術大学メールマガ
ジンをご愛読いただき、誠にありがとうございました。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたしま
す。

▼筑波技術大学メールマガジンバックナンバーはこちらでご覧になれます。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/mail_magazine/backnumber.html

▼■配信停止の手続きは、以下の配信停止フォームからお願いします。
https://a05.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=430&g=3&f=6

▼筑波技術大学公式ソーシャルメディアアカウント
○筑波技術大学公式Facebook
http://www.facebook.com/298tech

○筑波技術大学公式twitter
http://twitter.com/298tech

----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 総務課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
 〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL:029-858-9310・9311, FAX:029-858-9312)
----------------------------------------------------------------