ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第16号)

筑波技術大学メールマガジン(第16号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第16号 2014,01,01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日頃より筑波技術大学メールマガジンをご愛読いただき誠にありがとうございます。
今回は、村上芳則学長より新年のご挨拶をさせていただきます。
本年も引き続き、筑波技術大学メールマガジンをご愛読いただきますよう、宜しくお願いいたします。

■■新年明けましておめでとうございます。■■
皆様には気持ちも新たに、新年を迎えられたことと心よりお慶び申し上げます。年頭に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。
振り返ってみますと、本学はこの数年の間に、「大学院の設置」をはじめ、「教職課程の開設」「留学生の受入れ」、医療センターの「リハビリテーション科の開設」「大学基金の設立」などに続き、昨年は「学生支援棟の整備」、そして念願の大学院「情報アクセシビリティ専攻の設置」などが実現でき、大学としてさらに充実を図ることができました。また、卒業生の就職率については、ほぼ100%の良好な状況を継続できています。これも皆様のご支援のお蔭であり、感謝申し上げます。
今年も、障害のある学生に対して、卒業後、より良い社会自立が実現できる教育を実施することを使命とし、全力を傾注するとともに、引き続き「大学改革実行プラン」に示されている「教育力の強化と質の保証」「卓越した教育研究拠点の形成」「国際化の推進」「学び直しの推進」などの課題に取り組む所存です。
また、これらの課題への対応とともに、「理療科教員養成課程の開設」や「医療センターの増築」の実現などにより、多様な教育の需要への対応を図ること、障害者の大学進学の増加と障害者権利条約の批准により、ますます重要となっている本学の他大学支援機能の強化・充実を図るために、障害者高等教育研究支援センターの機能を全国共同利用・共同研究拠点として、さらに発展させること、などに取り組みます。
午年の本年が皆様にとって良い年になりますことをお祈り申し上げますとともに、「頼りになる筑波技術大学」、さらには「世界一の筑波技術大学」を目指し、一層の発展を期して、年頭のご挨拶とさせていただきます。

筑波技術大学長  村上芳則


■■大学院、「情報アクセシビリティ専攻」設置!■■
平成26年4月1日より本学の大学院技術科学研究科に「情報アクセシビリティ専攻(修士課程2年制)」が設置されることになりました。情報アクセシビリティという用語は広く浸透していませんが、情報の収集が困難な人々に様々な方法を使ってアクセス(=近づく)することを可能にすることを意味します。
現在、本学の大学院技術科学研究科には産業技術学専攻と保健科学専攻の2専攻があり、各専攻が3コースを有するために計6コースの専門があります。産業技術学専攻(聴覚系)は、情報科学コース、システム工学コース、総合デザイン学コースの3コースから成り、保健科学専攻(視覚系)は鍼灸学コース、理学療法学コース、情報システム学コースの3コースで構成されています。
上記2専攻が本学の産業技術学部(聴覚系学部)と保健科学部(視覚系学部)を基盤とする大学院であるのに対して、「情報アクセシビリティ専攻」は、障害者高等教育研究支援センターを基盤とする大学院です。障害者支援(視覚障害)コース、障害者支援(聴覚障害)コース、手話教育コースの3コースで構成されています。
本専攻の目的は、視覚や聴覚に障害のある学生の修学や就労に寄与する高度な専門性を有する支援者、技術者、コミュニケーション教育研究者等の養成です。自らが受けた情報保障を発展させて更に良い支援を研究しようとする障害のある方々のみならず、それらを支援する障害のない方々も本専攻では学べることが、他の2専攻と大きく異なる点です。
入学試験は平成26年1月16日(木)に実施します。定員は一般選抜と社会人選抜併せて5名です。本学の卒業生、他大学で学ぶ学生(卒業見込みも含)、障害学生支援や情報保障に関心のある方に広くご紹介頂けますと幸甚です。詳細は本学のホームページ(http://www.tsukuba-tech.ac.jp/)をどうぞご覧下さい。宜しくお願い致します。

障害者高等教育研究支援センター長 須藤正彦


■■お知らせ・イベント情報■■
1.平成27年度入試における出題教科・科目等について
平成21年3月に告示された、高等学校学習指導要領に対応した「平成27年度筑波技術大学産業技術学部産業情報学科入学者選抜(一般入試)における個別学力検査教科『数学』の出題範囲及び旧教育課程履修者に対する経過措置」及び「平成27年度筑波技術大学保健科学部個別学力検査等に係る大学入試センター試験の利用教科・科目について」を公開いたしました。
○産業技術学部
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/assets/files/admission/it/27senbatu-yokoku.pdf
○保健科学部
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/assets/files/admission/hs/DNC27.pdf

2.公開講座「<初心者のための総合CAD基礎講座>作って学ぶCADとモデリング;3次元プリンタによる立体モデルの製作まで」のご案内
本学では、授業の中でCAD(コンピュータによる設計製図)の基本操作と知識を指導しています。
本講座では、これからCADを学んでみようと思っている方々に、CADの基礎知識と基本操作法について、楽しくわかりやすく指導します。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2013_cad.html


■■ニュース■■
1.第2回就職講演会を開催(12月12日)
全日本ろうあ連盟事務局長の久松三二氏を講師に迎え、今年度第2回目の就職講演会を開催しました。「聴覚障害者の職場適応とキャリアアップ」という内容でお話をいただきました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013122502.html

2.PEPNet-Japanが内閣総理大臣表彰を受賞(12月9日)
筑波技術大学に事務局を置く日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)は、平成25年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰において、顕著な功績又は功労があったと認められ、内閣総理大臣表彰を受賞しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013121101.html

3.第1回模擬面接講習会を開催(12月5日)
ハローワーク品川で就職支援ナビゲーターを務める小林武弘氏を講師に迎え、第1回目の模擬面接講習会を開催しました。障害者の就職支援を行う立場から、またかつて企業で採用面接に携わっていらした立場から、学生ヘのアドバイスをいただきました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013122501.html

4.平成25年度地域連携に関する講演会を開催(12月3日)
講演会では、「命のことづけ~死亡率2倍 障害のある人たちの3.11~」という映画を上映した後、福島県点字図書館長の中村雅彦先生に「東日本大震災から学ぶ(あと少しの支援があれば)」をテーマとして、障害者の被災と避難の実情、必要な支援環境づくりについてご講演いただきました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013120601.html

5.東西医学統合医療センターで防災訓練を実施(11月27日)
診療時間終了後、東西医学統合医療センターで防災訓練を行いました。2011年の震災では、患者やスタッフに怪我人等を出すことなく、無事に避難することができましたが、当時の教訓を生かして実習中の学生のサポートや模擬患者の車椅子による搬送等を含め、実践に即したかたちで行いました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013120401.html

6.大学の隣のファミリーマートに点字ブロック敷設(11月20日)
学生たちが多く利用するファミリーマートの駐車場に、点字ブロックが敷設されました。歩道から店の入り口まで20m近く一直線に敷かれています。この点字ブロックにより、全盲の学生も、より安全にお店の入り口に向かって進むことができるようになりました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013120301.html


---編集後記---
1月は多くの受験生にとって大切な月になるかと思います。
センター試験に向けて勉学に励んでいる皆さん、どうか体調に気をつけて本番をむかえてください。私のように大事な時に体調を崩さないようにしてください。

----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 総務課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
 〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL:029-858-9310・9424, FAX:029-858-9312)
----------------------------------------------------------------