ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第12号)

筑波技術大学メールマガジン(第12号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第12号 2013,09,01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。
筑波技術大学メールマガジン担当者です。
第12号となりますメールマガジン。今月号は、金田産業技術学部長補佐の「学生の顔が見える学びの場」からお送りします。


■■学生の顔が見える学びの場■■
現在、本学の天久保キャンパスでは、聴覚に障害をもつ学部生219人、大学院生7人が学んでおり、約9割の学生がキャンパス内の寄宿舎で学生生活をおくっています。常勤の教員は産業技術学部に42名、障害者高等教育研究センター聴覚障害系に15名が在籍して専門教育と教養教育にあ
たっています。
学生3.9人に対して教員1人の割合となり国立大学86校のなかで学生数に対する教員数が最も多く、個別対応教育と学生の顔が見える教育環境の中で、学生は教養科目や情報工学・機械工学・建築工学・デザイン学などの専門分野を学んでいます。
各学年と専門分野では学生10~15人に対してクラス担当教員がおり、学科の教員会議などで学生の学修状況や生活状況などを情報交換し、教員が協力して学生個々の能力や特性に配慮しながら指導にあたっています。伝える・伝わるための視覚提示教材や手話・板書等を用いた丁寧な授業を進め専門分野の知識・技術を高めています。学修が遅れる学生には個別指導や補講を行い、授業の欠席が多く悩みをもった学生などには呼び出して個別相談や指導を行う等、教員は時には厳しく真摯に対応しています。
このような中で、1~3年次までに4年次の特別研究を着手するために必要な専門科目の単位取得に努め、着手要件を満たした4年生は各専門分野で4月から卒業特別研究に取組みます。今年も7月末には専門分野毎に1学期末の特別研究の中間発表を行いました。
また、聴覚障害以外の障害などをもつ特別な配慮が必要な学生に対しては、教員・健康サポート室・支援課からなる特別支援委員会が支援内容を検討し、関係教員と協力して学修支援を行う体制をとっています。
学生は学部のサークル活動にも参加し、隣接する筑波大学の陸上競技や手話サークルへの自主的な参加交流を行なう学生もいます。先月、7月26日からブルガリアで行われた第22回デフリンピックには本学の在学生4名(陸上競技・サッカー・バトミントン)とOB数名(バレー・バスケットなど)が日本代表選手として参加しました。
また、特設科目の異文化コミュニケーションではアメリカ・韓国・中国・ロシアなど、本学との国際交流協定校の聴覚障害系大学を訪問し、授業の受講やワークショップなどの国際交流も行っています。現在、聴覚に障害をもった中国の学部留学生1人、韓国の研究留学生1人が総合デザイン学科で学んでいます。
本学には少人数教育の恵まれた「学生の顔が見える学びの場」があります。学生の能力や個性はさまざまですが、機会を活かし意欲があれば専門分野の知識・技術を学び、能力と人間力の伸び代を大きくすることができます。

産業技術学部長補佐 金田 博


■■お知らせ・イベント情報■■
1.公開講座「聴覚に障害を持つ方のためのCBT方式ITパスポート試験対策講座」のご案内聴覚障害者を対象としたITパスポートの資格取得を目的としたeラーニング講座を開講いたします。各自パーソナルコンピュータを用いて自宅等での学習が可能となります。皆様の申込みをお待ちしております。
申込期間:随時
開講期間:平成25年10月1日から平成26年3月29日
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2013_it.html

2.公開講座「中高年の健康チェックと転倒予防」のご案内
転倒はいろいろな原因で引き起こされます。転倒を避けるにはどうしたらよいのでしょうか。中高年の方々の転倒の予防について、病気やけが、身体のしくみについて知識を学び、転倒予防につながる健康チェックを行います。皆様の申込みをお待ちしております。
募集期間:平成25年10月8日まで
開講日時:平成25年10月19日
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2013_check.html


■■ニュース■■
1.初心者のための総合CAD基礎講座を開講(8月24日、25日)
公開講座「<初心者のための総合CAD基礎講座>作って学ぶCADとモデリング;3次元プリンタによる立体モデルの製作まで」を、天久保キャンパスを会場に実施し、CADの基本操作及び知識を楽しくわかりやすく紹介しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/mail_magazine/mail_magazine_news/news_2013090101.html

2.産業技術学部オープンキャンパスを開催(8月3日)
天久保キャンパスにおいて産業技術学部オープンキャンパスが開催され、194名が参加しました。当日は、学科、専攻の説明、体験授業、学生寄宿舎を初めとする施設や学生作品の見学などを実施しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013081201.html

3.個人情報保護に関する研修会を実施(7月31日)
教職員の個人情報の保護に関する知識や意識の向上を図るため、「個人情報保護に関する研修会」を開催しました。研修会では、個人情報の取扱いや個人情報漏えいの経路、情報セキュリティ対策について具体的に身近な事例を交えた講演が行われました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013080501.html

4.チェコでの視覚障害者サマーキャンプ参加報告(7月15日~25日)
チェコ共和国のテルチにて開催されたICC(International Camp on Communication and Computers)に、保健科学部の学生が参加しました。欧州の視覚障害者が集う同キャンプには、15ヶ国から70人以上の参加者がありました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013080101.html


---編集後記---
今回のメールマガジンでも、ご案内しましたが、公開講座は、本学の教育や研究を一般の方に知っていただく良い機会だと考えています。
本学では、ITパスポート取得のための講座、CADの基礎を学ぶ講座、ろう学校での造形教育指導に関する講座、統合医療や理学療法を応用した講座、東洋医学を体験できる講座、企業情報システム設計のための公開講座などを例年実施しています。
今年度は、残り2つとなりましたが、また、来年度も多数の講座が開講されますので、興味のある講座を探してみてはいかがでしょうか。

本学公開講座のページはこちら↓
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures.html


----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 総務課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
 〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL:029-858-9310・9424, FAX:029-858-9312)
----------------------------------------------------------------