ホーム > 筑波技術大学メールマガジン > バックナンバーリスト > 筑波技術大学メールマガジン(第11号)

筑波技術大学メールマガジン(第11号)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
-伝わる大学 伝える大学-
筑波技術大学メールマガジン  第11号 2013,08,01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさん、こんにちは。
筑波技術大学メールマガジン担当者です。
第11号となりますメールマガジン。今月号は、須藤障害者高等教育研究支援センター長の「海外の多くのことを学べるありがたい本学」からお送りします。


■■海外の多くのことを学べるありがたい本学■■
昨年は本学の25周年にあたる年でした。本学の創立は1987年(昭和62年)です。時をほぼ同じくして1988年にアメリカのギャローデット大学では「Deaf President Now!」という運動が起こりました。それは創設(1864年!)以来、長年聞こえる者が学長に選ばれてきたギャローデット大学において、第7代目の聴者の学長が選出された時にギャローデット大学の卒業生を含む学生・支持者たちが「今こそ聾の学長を!」と訴え、首都ワシントンを行進し、大学の理事会と対峙し、聾の学長(Dr. King Jordan)を誕生させた事件です。
ギャローデット大学とは2007年に本学は大学間交流協定を結んでおり、締結以来、毎年、学生と教職員がギャローデット大学を訪問して交流・研修を続けています。ギャローデット大学はDeaf Study=ろう者学のメッカともいえ、世界中から多くの聾の学生や研究者、聴者の研究者などが集まっています。技短(短大時代の愛称)に着任以来、英語を天久保地区で担当している縁で、多くの学生をギャローデット大学やNTID(ろう工科大学)に引率しました。またギャローデット大学等いくつかの大学との協定締結に携われたことは幸運でした。その時々の写真をみると懐かしい思いと同時に本学の学生・教職員が恵まれた環境にいることを痛感します。
現在、若手の教職員が学生の海外研修に積極的に関わっており、引率の大任が徐々に移行しつつあり頼もしく思います。本学は現在世界の14の教育機関と大学間交流協定を結んでおり、学生達の短期研修は私たちがかつて経験した研修や留学準備に費やした時間と労力が半減しつつあります。インターネットや電子メールの普及が世界をより身近にしましたが、これらは却って学生達に「自らの目で世界を見たい」という熱意を減じているかもしれません。上記のように世界にアクセスしやすい環境にある本学の学生に、リアルタイムで起こっている多くの歴史的事象に注目する目を育てなければと思うこのごろです。

障害者高等教育研究支援センター長 須藤正彦


■■お知らせ・イベント情報■■
1.夏季一斉休業について
学生の教育・研究環境への影響を最小限に抑え、使用最大電力を抑制するため、夏季一斉休業を実施します。期間中は東西医学統合医療センターの診察も休診となります。
休業期間:平成25年8月14日水曜日から8月16日金曜日まで

2.専門職公開講座「医師のための鍼灸実践講座」のご案内
西洋医学の医師に東洋医学への理解を深めてもらうために、実習を中心に鍼灸を実際に施すものと、施されるものの双方の観点から体験していただきます。
募集期間:平成25年7月17日から8月28日
開講日時:平成25年9月8日、10月6日、11月10日
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2013_ishi.html

3.公開講座「統合医療で健康寿命を延ばそう!!-今からはじめるロコモティブシンドローム対策-」のご案内
ロコモティブシンドローム(通称”ロコモ”)は健康で長生きするためのキーワードです。本講座では”ロコモ”について詳しく学び、当センタースタッフによるオリジナル”ロコモ”対策を伝授します。健康寿命を延ばしたい方、ぜひご参加ください。
申込期間:平成25年7月31日から8月28日
開催日時:平成25年9月8日
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/social_contribution/open_lectures/koukaikoza_2013_locomo.html


■■ニュース■■
1.第22回夏季デフリンピック壮行会を開催(7月16日)
7月26日から8月4日にブルガリアの首都ソフィアで開催されている「第22回夏季デフリンピック競技大会」に出場する日本代表学生の壮行会を開催しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013072403.html

2.「学生のための講演会」を開催(7月10日)
学生のための講演会「自分のメンタルヘルスを知っていますか?」を開催しました。講師自身の経験も踏まえた聴覚障害学生ならではの悩みについても話があり、講師の手話に熱心に見入る学生の様子が見られました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013072402.html

3.「聴覚・視覚障害学生の修学環境向上」研修会を開催(7月5日)
春日・天久保両キャンパスにおいて「聴覚・視覚障害学生の修学環境向上」をテーマとした研修会を開催しました。参加者からは、「教育コンテンツなど実際に見学・体験することができて、障害学生への具体的な支援への活用・応用をイメージすることが出来た」という声が聞かれました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013072201.html

4.つくば市環境都市の推進に関する協定締結式(6月24日)
低炭素社会の構築に向けた「つくば市環境スタイル」の推進及びそれに関連する環境に配慮したまちづくりに寄与することを目指した協定の締結式がつくば市役所で行われ、村上学長が出席しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013070201.html

5.大学説明会・進学ガイダンスについて
6月から、産業技術学部・保健科学部の両学部で平成26年度入試に向けた活動がスタートしました。8月以降も、オープンキャンパス・授業見学会が開かれる予定です。
○産業技術学部(聴覚障害系)
・産業技術学部関東地区説明会及び関西地区説明会を開催(6月2日、7月7日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013072501.html
・オープンキャンパス・授業見学会に関する情報(産業技術学部)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/it/opencumpus.html
○保健科学部(視覚障害系)
・新宿、新潟において進学ガイダンスに参加(6月1日、7月11日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013071801.html
・全国各地で大学説明会を開催(7月20日、21日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/vi_2013072501.html
・オープンキャンパスに関する情報(保健科学部)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/admission/hs/opencumpus.html

6.就職活動支援の取り組みについて
6月末から7月中旬にかけて、学生の就職活動をサポートするガイダンスや講座が多数開かれました。
・就職活動における身だしなみと着こなし講座を実施(6月26日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/ntut_2013070901.html
・第4回就職ガイダンスを開催(7月3日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013072401.html
・第5回就職ガイダンスを開催(7月17日)
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/news/hi_2013072901.html


■■学生・教職員の活動報告■■
1.二科茨城支部展で茨城県知事賞、県議会議長賞等を受賞
茨城県民文化センターで開催された第51回二科茨城支部展デザインの部で、総合デザイン学科卒業生・在学生の作品が受賞・入選しました。
http://www.tsukuba-tech.ac.jp/activity/hi_2013071901.html


◆◆筑波技術大学基金からのお知らせ◆◆
本学では、学生の教育・研究に関する活動を支援し、もって聴覚・視覚障害者として社会に貢献できる人材の育成に資することを目的に「筑波技術大学基金」を設置しております。基金は、平成24年4月に創設されましたが、昨年度は基金創設初年度にもかかわらず、卒業生や在学生の家族の方々、教職員OB、本学学外委員、卒業生就職先企業、近隣の企業等多方面から多大なご支援をいただき、おかげをもちまして多様な事業を実施することができました。厚く御礼申し上げます。
今年度は、昨年度からの事業に教育実習補助や就職模擬試験等実施の支援など、さらに本学の特色を生かした新たな事業を展開することとしていますので、今年度につきましても、経済環境の大変厳しい折ではありますが、多くの皆様方に格段のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
なお、基金の活動内容等の最新情報や寄附の申込み方法等については、ホームページや基金パンフレットでご案内しておりますのでご覧ください。
また、基金の活動の詳細について、「平成24年度動報告」を作成し、ホームページに掲載しましたので是非ご覧ください。

~あなたの支援が情報バリアのない未来を拓く~

●寄附お申込み・お問い合わせは、
筑波技術大学 総務課内 基金担当までお願いします。
TEL : 029-858-9416 FAX : 029-858-9312
      ※ 電話受付9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
E-mail      kikin@ad.tsukuba-tech.ac.jp
ホームページ  http://www.tsukuba-tech.ac.jp/kikin.html


---編集後記---
ブルガリアの首都ソフィアで開催されている夏季デフリンピックに本学学生、卒業生が出場しています。
聴覚障害者のみが参加するデフリンピックの知名度は決して高くはありませんが、インターネットで観戦できる競技などもあり、観てみるとオリンピックさながらの白熱した試合の連続で応援にも思わず熱が入ります。
デフリンピックもいよいよ後半戦です。本学学生、卒業生をはじめ、出場選手の皆さん、日頃の練習の成果を発揮できるよう頑張ってください。
私たちも遠いつくばの地から、引き続き応援しています!!

----------------------------------------------------------------
■編集・発行
筑波技術大学 総務課企画・広報係
 E-mail: kouhou[at]ad.tsukuba-tech.ac.jp ([at]を@に変えてください。)
〒305-8520 茨城県つくば市天久保4-3-15
 (TEL:029-858-9310・9424, FAX:029-858-9312)
----------------------------------------------------------------