ホーム > 教育・学生生活 > Q&A > 保健科学部Q&A > 卒業後の進路・就職

卒業後の進路・就職

 

Q89 地方からの求人はありますか。

 

A あります。また、ハローワークと連携を取り、求人情報の入手及び職域開拓を行っています。

 

Q90 大学での就職紹介や斡旋はどのように行われていますか。(特に出身地への就職希望の場合)

 

A どこに就職する場合でも、各学科・専攻の就職委員や視覚障害系支援課学生係を中心に就職の指導助言を行っています。

 

Q91 最近の就職状況は、どのようになっていますか。

 

A 就職・進路のページをご覧ください。

 

Q92 大学院への進学について教えてください。

 

A 本学には、修士課程技術科学研究科があり、保健科学専攻(募集人員3名)、産業技術学専攻(募集人員4名)、情報アクセシビリティ専攻(募集人員5名)の三つの専攻で構成されています。視覚に障害のある方が入学できるのは、保健科学専攻と情報アクセシビリティ専攻です。保健科学専攻には、学部に接続する形で、鍼灸学コース、理学療法学コース及び情報システム学コースがあります。情報アクセシビリティ専攻には、障害者支援(聴覚障害)コース、障害者支援(視覚障害)コース及び手話教育コースがあり、情報保障学を学ぶことができます。