レベル5(活動停止)

目安

本学キャンパス内で集団感染が発生した場合

授業形態

オンライン授業のみを実施します(教員が大学構内でオンライン授業を行うことも禁止します)。

学生の課外活動

対面での集まり・催物は全面禁止とします。(オンライン開催などの工夫をお願いします)。

研究活動

研究機能の最低限の維持のために、学部長・学科長など組織代表者の許可の下で、生物の世話、液体窒素の補充、冷凍庫修理、サーバー保持などを目的に、一時的に入室する研究スタッフのみの立ち入りが可能です。

事務体制

事務機能維持のため、より慎重な検討を行った上で、必要最小限の人員が必要時に限り出勤し、その他は原則在宅勤務とします。

学内会議

原則として、オンライン会議のみとします。ただし、大学運営上必要最小限の会議は、感染症拡大防止策を講じた場合に限り、対面会議も可能とします。

学生寄宿舎

入居している学生

原則、学生寄宿舎を全面閉鎖いたします。ただし、自宅等に戻ることに支障を来す学生については、学長の許可する者のみ、入居を可とします。

新規入居学生や自宅等から戻る学生

本学外から来学した学生の寄宿舎への入居を禁止します。

キャンパスへの入構制限

学生寄宿舎に入居している学生以外の学生の入構を禁止します。大学機能の維持管理のために必要最小限の人員が必要時に限り、入構を許可します。

注意事項

※事務体制について、緊急事態宣言対象地域に居住する職員は、上表レベルによらず原則在宅勤務とします。
※保健科学部附属東西医学統合医療センター関係者は上記の適用からは除外されます。
※本方針は目安であり、国や茨城県の要請等を受け、本学の教職員、学生に対する要請等については、ホームページ、メール等で周知します。また、本方針の見直しを行う場合もあります。

[新型コロナウイルス感染症拡大防止のための本学の活動方針のページへ戻る]