ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SI213:日本語テクニカルライティング

SI213:日本語テクニカルライティング

科目番号、授業科目名

SI213、日本語テクニカルライティング/Technical Writing

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 専門教育系科目 専門教育科目、選択、演習(対面と遠隔の併用)、1単位

履修年次、開設学期

2年次、2学期

受講対象

総合デザイン学科、クリエイティブデザイン学コース

担当教員

河野 純大


科目の到達目標

学生生活に必須なレポートについて、その日本語表現についてわかりやすく伝える技術を習得する。

学習の項目別目標

1.レポートの構成
適切な分量で段落を構成することができる
2.レポート上の表現
文語体の表現で書くことができる
3.高度なテクニック
接続詞や文法マーカーを適度に使用することができる。


授業概要

専門科目でのレポートや卒業論文を作成するために、簡潔で誤解のない文章を書く技術の習得を目指す。短い文章で正確に伝えるための情報伝達型の文章の書き方について演習を行う。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修0.5時間
事後学修0.5時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンスとレポートに必要な要素
    (キーワード)レポート、文法的要素
    (予習)シラバスを読む。キーワードに関連した内容を調べる。
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第2回 良いレポートと悪いレポートの例
    (キーワード)レポートの構成要素、文法的要素
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第3回 主語と述語の組み合わせを意識する
    (キーワード)主語、述語、目的語
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第4回 結論とその根拠
    (キーワード)結論、根拠、文章構成、
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第5回 自動詞と他動詞
    (キーワード)自動詞、他動詞、区別、目的語
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第6回 動詞の活用形
    (キーワード)動詞、助活用形
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第7回 形容詞と形容動詞と副詞
    (キーワード)形容詞、形容動詞、副詞
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第8回 接続詞の使い方
    (キーワード)接続詞、文法マーカー
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる。
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第9回 助動詞の使い方
    (キーワード)助動詞、活用形
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる。キーワー
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第10回 助詞の使い方
    (キーワード)助詞、文末表現、使い分け
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第11回 段落を構成する
    (キーワード)文、段落、構成
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第12回 引用文の書き方
    (キーワード)引用文、参考文献
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第13回 伝わる構成とは
    (キーワード)伝わりやすい、文章構成
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第14回 目的と手段の別
    (キーワード)目的、手段、有効な使い分け
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する
  • 第15回 文章の校正
    (キーワード)校正作業、訂正、
    (予習)キーワードに関連した内容を調べる
    (復習)授業の内容を復習する

履修条件

特になし

学習に必要な知識・技能等

特になし


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 35 0 50 0 0 15 0 100
総合力指標 知識 10 0 20 0 0 0 0 30
技能 10 0 10 0 0 0 0 20
応用 15 0 10 0 0 0 0 25
表現 0 0 10 0 0 0 0 10
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 0 0 0 0 15 0 15
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:日本語の文法的知識を有している
  • 技能:簡潔でかつわかりやすい日本語を表現できること
  • 応用:長文になったときに使用する文法スキル
  • 表現:レポートならではの表現ができる
  • 協調:
  • 意欲:学習意欲をもって臨める力

教科書・教材・参考文献・配布資料等

適宜プリント配布。

授業における配慮

適宜、資料の配布、視覚提示資料の活用、コミュニケーション上の配慮を行う。

受講生に望むこと

日本語に自信が無い人は是非受講してほしい。

教員実務経験

なし