ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SI113:社会シミュレーション論

SI113:社会シミュレーション論

科目番号、授業科目名

SI113、社会シミュレーション論/Social Simulation

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 専門教育系科目 専門教育科目、選択、講義(対面)、2単位

履修年次、開設学期

2年次、1学期

受講対象

クリエイティブデザイン学コース

担当教員

皆川 洋喜


科目の到達目標

社会の様々な現象のモデル化とシミュレーションの手法を理解する。

学習の項目別目標

1.モデル化
社会の様々な現象を言語化し、モデルとして表現することができる。
2.シミュレーション
言語化したモデルを用いて、社会の様々な現象を検証することができる。


授業概要

レジでの順番待ち、道路の渋滞、工場の生産ライン等、社会のあらゆる場面で発生する「待ち行列」について、コンピュータを用いてシミュレーションする方法について学習する。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修2時間
事後学修2時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンス・社会シミュレーションとは
    (キーワード)モデル化、シミュレーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第2回 待ち行列のシミュレーション(1) 問題の定義
    (キーワード)待ち行列
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第3回 待ち行列のシミュレーション(2) モデル化
    (キーワード)待ち行列、モデル化
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第4回 待ち行列のシミュレーション(3) シミュレーション
    (キーワード)待ち行列、シミュレーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第5回 待ち行列のシミュレーション(4) 発表・ディスカッション
    (キーワード)待ち行列
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第6回 生産管理のシミュレーション(1) 問題の定義
    (キーワード)生産管理
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第7回 生産管理のシミュレーション(2) モデル化
    (キーワード)生産管理、モデル化
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第8回 生産管理のシミュレーション(3) シミュレーション
    (キーワード)生産管理、シミュレーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第9回 生産管理のシミュレーション(4) 発表・ディスカッション
    (キーワード)生産管理
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第10回 コミュニケーションのシミュレーション(1) 問題の定義
    (キーワード)コミュニケーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第11回 コミュニケーションのシミュレーション(2) モデル化
    (キーワード)コミュニケーション、モデル化
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第12回 コミュニケーションのシミュレーション(3) シミュレーション
    (キーワード)コミュニケーション、シミュレーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第13回 コミュニケーションのシミュレーション(4) 発表・ディスカッション
    (キーワード)コミュニケーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第14回 社会シミュレーションの応用
    (キーワード)コンピュータ・シミュレーション
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成
  • 第15回 社会シミュレーションの課題
    (キーワード)SDGs
    (予習)授業概要と課題の把握
    (復習)課題レポートの作成

履修条件

なし

学習に必要な知識・技能等

表計算ソフト(Excel)が使える。


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 0 0 50 40 0 10 0 100
総合力指標 知識 0 0 20 0 0 0 0 20
技能 0 0 20 0 0 0 0 20
応用 0 0 10 0 0 0 0 10
表現 0 0 0 20 0 0 0 20
協調 0 0 0 20 0 0 0 20
意欲 0 0 0 0 0 10 0 10
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:モデル化とシミュレーションの考え方を理解できる。
  • 技能:モデル化とシミュレーションの手法を理解できる。
  • 応用:授業で学んだことを様々な状況に応用できる。
  • 表現:自分が考えたことを適切に表現できる。
  • 協調:他者の考えを理解し、議論できる。
  • 意欲:自ら課題を見つけ、積極的に取り組むことができる。

教科書・教材・参考文献・配布資料等

なし

授業における配慮

プレゼンテーション資料や手話などを用いて、視覚的に理解できるようにする。

受講生に望むこと

教員実務経験