ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SI103:プログラミング基礎演習

SI103:プログラミング基礎演習

科目番号、授業科目名

SI103、プログラミング基礎演習/Exercise in Fundamental Programming

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 専門教育系科目 専門教育科目、選択、演習(対面と遠隔の併用)、2単位

履修年次、開設学期

2年次、1学期

受講対象

総合デザイン学科、クリエイティブデザイン学コース

担当教員

河野 純大
金谷 健太郎


科目の到達目標

コンピュータがプログラムの命令に従って動作することを体験し理解する。
html言語を用いて基本的なホームページ作成ができるようになる。
JavaScriptを用いて、プログラミングの処理を理解する。

学習の項目別目標

1.ホームページ作成
html言語を用いて基本的なホームページ作成ができる。
2.プレゼンテーション
作成したホームページについて発表し、説明できる。
3.プログラミングの基本
スクラッチを用いて、条件分岐、繰り返しなどの処理を理解する
4.動きのあるホームページ
JavaScriptを用いて、応用的なプログラミングについて理解する


授業概要

プログラミングの基礎として仕事の処理手順を構築する学習に重点を置き、プログラミング言語への変換ならびに作成したプログラムの実行・確認に関して繰り返し演習を行う。具体的な課題の一例として、ホームページ作成の基礎やJavaScriptを用いたプログラミング学習をとりあげる。各回、2時限続きの授業として実施する。(計30時限)。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修1時間
事後学修1時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンスとホームページ作成練習(1)html言語を知る
    (キーワード)ガイダンス、html言語
    (予習)プログラミングに興味を持って授業に臨む。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第2回 ホームページ作成練習(2)タグについて学ぶ
    (キーワード)html言語、タグ、文字の表現、画像
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第3回 ホームページ作成のサンプル(1)htmlとcssについて
    (キーワード)CSS、スタイルシート
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第4回 ホームページ作成のサンプル(2)リンク、画面分割の手法
    (キーワード)リンク、画面分割
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第5回 ホームページ作成のサンプル(3)表の作り方
    (キーワード)表、テーブル
    (予習)さまざまなホームページを調べる
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第6回 ホームページ作成のサンプル(4)図の貼り方
    (キーワード)図形貼り付け
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第7回 ホームページの作品作成(1)前半のまとめ
    (キーワード)前半の復習
    (予習)キーワードについて事前に学習する
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第8回 JavaScriptの基本演習(1)導入
    (キーワード)JavaScriptの基本的な書き方
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第9回 JavaScriptの基本演習(2)条件分岐
    (キーワード)JavaScriptで考える条件分岐
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第10回 JavaScriptの基本演習(3)繰り返し
    (キーワード)JavaScriptで考える繰り返し処理
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第11回 JavaScriptの基本演習(4)条件分岐と繰り返しの併用
    (キーワード)条件分岐、繰り返し
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第12回 JavaScriptの基本演習(5)動的なホームページ作成
    (キーワード)動的なホームページ、シナリオ
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第13回 総合演習(1)デザインの検討
    (キーワード)自由課題、ホームページ構成の検討
    (予習)キーワードについて予習する。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第14回 総合演習(2)制作とプレゼンテーション準備
    (キーワード)自由課題、ホームページ作成、プレゼンテーション準備
    (予習)いろいろなホームページについて調べ参考にする。
    (復習)与えられた課題について復習する。
  • 第15回 作成したホームページ発表
    (キーワード)プレゼンテーション
    (予習)発表の準備をする。
    (復習)互いの発表内容について復習する。

履修条件

なし

学習に必要な知識・技能等

パソコンの基本的な操作がわかること。


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 0 0 10 20 55 15 0 100
総合力指標 知識 0 0 5 10 20 0 0 35
技能 0 0 5 5 30 0 0 40
応用 0 0 0 5 5 0 0 10
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 0 0 0 0 15 0 15
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:html言語によるホームページ作成の基本、スクラッチの基本を理解できる。
  • 技能:パワーポイントによるプレゼン作成、htmll言語によるホームページ作成、JavaScriptで動きのあるホームページができる。
  • 応用:作成したホームページやプログラミング作品について発表し、説明できる。
  • 表現:
  • 協調:
  • 意欲:新しい知識を積極的に学ぶ意欲を持っている。

教科書・教材・参考文献・配布資料等

教科書:指定しない。
配付資料:プリントを配布する。
参考書:ホームページ作成に関する参考書、JavaScriptに関する参考書

授業における配慮

指導内容を視覚的に提示する工夫を行い、座学とコンピュータを使用した演習を併用した授業形式で、手話等による丁寧な説明を心がける。
受講希望者が15名以上になるときは、教室のコンピュータ台数の関係で受講を制限することがある。

受講生に望むこと

プログラミングに必要な考え方や技術の基本をしっかりと身につけ、ホームページ作成やJavaScriptを用いたプログラミングを通して自分で考えてプログラムを作る楽しさを体験してほしい。

教員実務経験

なし