ホーム > 学部・大学院 > 産業技術学部 > SH122:コンピュータシステム概論

SH122:コンピュータシステム概論

科目番号、授業科目名

SH122、コンピュータシステム概論/Introduction to Computer System

科目区分、必修・選択、授業の方法、単位数

産業技術学部 総合デザイン学専門基礎教育科目、選択、講義(対面)、2単位

履修年次、開設学期

1年次、2学期

受講対象

総合デザイン学科

担当教員

西岡 知之


科目の到達目標

コンピュータを道具として使いこなすための基礎知識を身につける。

学習の項目別目標

1.コンピュータの数学
2進数・論理式について理解できる。
2.コンピュータの構成
コンピュータのハードウェア構成について理解できる。
3.周辺機器
コンピュータの周辺機器について理解できる。
4.ソフトウェア
ソフトウェアに関する概念が理解できる。


授業概要

2進数や論理、情報量の基礎など、コンピュータの数理的裏づけを概観するとともに、コンピュータのハードウェア構造、プログラムが実行される仕組みなどについて学ぶ。

時間外学修に必要な学習時間の目安

目安 準備学修1.5時間
事後学修2.5時間

授業計画

折りたたむ

  • 第1回 ガイダンス・コンピュータの基本構成
    (キーワード)五大機能
    (予習)コンピュータの五大機能について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第2回 コンピュータにおけるデータ表現(1) 2進数の表現
    (キーワード)2進数
    (予習)2進数について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第3回 コンピュータにおけるデータ表現(2) 2進数の計算
    (キーワード)2進数
    (予習)2進数の計算方法について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第4回 コンピュータにおけるデータ表現(1) 16進数、数値表現
    (キーワード)16進数、浮動小数点
    (予習)コンピュータにおける数の表現範囲について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第5回 論理式
    (キーワード)否定、論理積、論理和
    (予習)論理ついて調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第6回 論理回路
    (キーワード)NOT回路、AND回路、 OR回路
    (予習)論理の応用について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第7回 CPUの構成と機能
    (キーワード)コア、クロック
    (予習)CPUについて調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第8回 主記憶と補助記憶
    (キーワード)メモリ、ハードディスク
    (予習)メモリ、ハードディスクについて調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第9回 インターフェース
    (キーワード)USB、 Thunderbolt
    (予習)周辺機器の接続方法について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第10回 入出力機器
    (キーワード)ディスプレイ、プリンタ、スキャナ
    (予習)ディスプレイやプリンタの方式について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第11回 オペレーティングシステム
    (キーワード)プロセス、資源管理
    (予習)自分が使っているOSについて調査する
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第12回 コンピュータにおけるデータ表現(4) 文字コード・音・映像・動画
    (キーワード)圧縮、 JPEG、 MPEG
    (予習)コンピュータ上の画像・動画の種類について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第13回 プログラミング言語
    (キーワード)Java、 PHP
    (予習)プログラミングの身近な具体例について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第14回 ネットワーク
    (キーワード)LAN、 無線LAN
    (予習)インターネットとの接続方法について調べる
    (復習)課題について十分に理解する
  • 第15回 ユーザーインターフェース
    (キーワード)アクセシビリティ
    (予習)身の回りの機械の操作方法について調べる
    (復習)課題について十分に理解する

履修条件

特になし

学習に必要な知識・技能等

特になし


成績評価方法

折りたたむ

期末試験小テストレポート発表作品学習計画その他合計
総合評価 70 30 0 0 0 0 0 100
総合力指標 知識 50 20 0 0 0 0 0 70
技能 0 0 0 0 0 0 0 0
応用 20 5 0 0 0 0 0 25
表現 0 0 0 0 0 0 0 0
協調 0 0 0 0 0 0 0 0
意欲 0 5 0 0 0 0 0 5
  • 知識:知識を取り込む力
  • 技能:技能を修得する力
  • 応用:想起・解釈・問題解決能力、思考・推論・想像する力
  • 表現:プレゼンテーション力(提示・発表・伝達する能力)、コミュニケーション力(思考・感情を伝達する能力)
  • 協調:コラボレーション力(共同・協調する能力)、リーダーシップ力(統率力、指導力)
  • 意欲:自ら考え行動する力(学習に取り組む姿勢・意欲、チャレンジ精神、自己管理能力)

成績評価基準

  • 知識:コンピュータの基本的な知識を正確に理解できる。
  • 技能:
  • 応用:コンピュータの基本的な知識を様々な問題に応用できる。
  • 表現:
  • 協調:
  • 意欲:新しい知識を積極的に学ぶ意欲を持っている。

教科書・教材・参考文献・配布資料等

適宜指示、配布する

授業における配慮

学生の理解の程度や学習方法に応じ、視覚的なものを中心とした教材の準備と指導法の工夫をする。

受講生に望むこと

教員実務経験